新着記事

尾戸焼の酒器セット|酒を愛する土佐人たちの宴を盛り上げる伝統の酒器

アクセサリーソケットを活用

車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

「子に三蔵という名を付けてはならぬ」(山形県最上郡金山村村会)【漱石と明治人のことば149】

sousekiKotobaBanner2

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。

【今日のことば】
「本村住民は三蔵の名を命名するを得ず」
--山形県最上郡金山村村会

滋賀県の琵琶湖の南西側に大津という町がある。明治24年(1891)5月、この大津にロシアからの賓客がやってきた。

皇太子のニコライ(のちの皇帝ニコライ2世)が、ウラジオストックでのシベリア鉄道起工式に出席する途次、7隻の軍艦を率いて極東を巡遊。日本に立ち寄り、京都から奈良への旅程の中で琵琶湖遊覧のひとときを楽しもうと、大津へ差しかかったのである。

その大津で、とんでもない事件が起きた。

ロシア皇太子の警護の任に当たっていた巡査の津田三蔵が、突然に帯剣を引き抜き皇太子めがけて斬りつけたのだ。皇太子の命に別状はなかったが、頭部に負傷をおった。

津田は、「ロシア皇太子の来日は日本侵略への足がかり」とする風聞を信じ込み、凶行に及んだという。周辺への権益拡大を目論むロシアを脅威と受けとめる「恐露病」は、日本全体に蔓延しはじめていた。

警察官による他国皇太子の暗殺未遂(傷害事件)という予想だにしない出来事に、日本中が大騒ぎとなった。

天皇は京都に行幸してロシア皇太子を見舞い、政府は司法に対し犯人への死刑宣告を求めた。閣僚の中には、政府が刺客を放って犯人の津田を暗殺し、病死したことにせよ、と主張する者もいた。かと思えば、一命を捧げて詫びることで国家の危機を救おうと、自らの命を絶ってしまう一般女性まであらわれた。

このような混乱した世情の中で、政府の圧力にも屈することなく、司法の独立を気概をもって守り通したのが大審院長の児島惟謙(こじま・いけん)だった。児島は傷害事件をもって死刑を宣告するのは法を逸脱するとして、犯人の津田三蔵に無期懲役の判決を言い渡したのである。

はじめ津田への極刑を求めていた一般世論も、法を曲げようとする政府の横暴に反発して「津田三蔵は志士。殺してはならぬ」という方向へ傾き、児島の判決を支持したという。

そうしたせめぎ合いの傍らで、的外れな動きもあった。それが、山形県最上郡金山村村会によって決議された掲出の条例。つまりは、金山村の住民は自分の子どもに「三蔵」という名をつけてはいけない、と取り決めたのである。なんととぼけた条例か。これも当時の日本の混乱ぶりの一端を示すものであろう。

この事件そのものから、ただちに国家間の対立が先鋭化することはなかったが、結局、両国の戦闘は避けられなかった。事件から13年の時を経た明治37年(1904)、とうとう日露戦争が勃発するのである。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

himekurisoseki-3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば…
  2. 「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明…
  3. 「見果てねど はた見あきねど我が夢は 四十余年の夢多き日々」(滝…
  4. 「子供のために一流の文学者が進んで執筆しなければ嘘だ」(鈴木三重…
  5. 最晩年の谷崎潤一郎が愛する風景を詠んだ歌【漱石と明治人のことば3…
PAGE TOP