新着記事

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

老後を自宅で過ごしたいなら「地域包括支援センター」知っておきたい基本のき

取材・文/坂口鈴香前回は有料老人ホームやサ高住など、自宅以外の老後の住まいについて解説し…

【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

◎No.16:泉鏡花の兎の置物文/矢島裕紀彦神経症と言っていいくらいの、独自…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

京の名刹・泉涌寺雲龍院を借り切って「夜のお茶会」と幕末2大画派の競演を愉しむ

皇室とゆかりがあり、御寺(みてら)と呼ばれる寺として有名な京都・泉涌寺(せんにゅうじ)。その別院でありながら、皇室との縁の深さから別格本山の寺格が与えられているのが雲龍院(うんりゅういん)である。

その雲龍院で、閉門後の境内を貸切拝観するとともに、凛とした空気に包まれた夜のお茶会「武家手前」を体験できるツアーがある。

お茶会は、織部流扶桑派の家元、扶桑庵の尾崎米栢(べいはく)師によるもの。千利休に指示した武将である古田織部が発展させた流儀だ。武士が陣中で戦の労をねぎらうためにお茶を振る舞った形が、その起源だといわれている。

グラフィックス1

キリッと張り詰めた空気の中で行われるお茶会は、気持ちを心地よく引き締めてくれることだろう。また、雲龍院のライトアップされた庭園は、眺めているだけで心を落ち着かせてくれる。

グラフィックス2

お茶会の前後には、幕末の御用絵師・狩野派と長谷川派による傑作の数々もたっぷりと鑑賞できるという。

狩野派といえば、100面以上におよぶ聖護院の襖絵や、絢爛豪華な襖絵が残る知恩院の重要文化財である大方丈、同じく重要文化財である妙法院の「唐人物図」「四季花鳥図」が有名だが、それらが特別に間近で観賞できる。また、狩野派の傑作として語り継がれる南禅寺「群虎図」も拝観できる。

一方の長谷川派は、素朴で庶民的な屏風で人気。その代表作である南禅寺金地院、八窓席茶室の襖に描かれた「猿猴捉月図(えんこうそくげつず)」を特別拝観できる。

グラフィックス4

ツアーを企画したクラブツーリズム カルチャー旅行センターの岩佐和輝さんは、「狩野派・長谷川派の襖絵がこれだけ一斉に特別拝観できる機会はめったにありません。雲龍院の武家手前もクラブツーリズムのこのツアーでしか体験できない非常に貴重な機会です」と語る。

実施は2017年2月4日(土)出発の1回だけという、誠に貴重な特別ツアー(1泊2日)だ。京都の古刹を貸切り、厳かな雰囲気につつまれながら日本文化の粋に触れる一夜限りの催しだ。

【このツアーに関するお問い合わせ】
クラブツーリズム
電話/03-5323-5588
http://www.club-t.com

文/印南敦史

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 真田信之ゆかりの地!美しき河岸段丘の街・沼田(群馬県)の見どころ…
  2. 孫と一緒に狂言観賞!おすすめ演目を狂言師・茂山茂さんに聞いてみた…
  3. 小型船「バルジ」で行くブルゴーニュ地方の運河クルーズ
  4. JR東海「そうだ 京都、行こう。」今春の主役は知られざる超穴場の…
  5. プチトラン・ジョーヌ|ピレネー山脈の麓を走る黄色い絶景列車
PAGE TOP