サライ.jp

文・写真/横溝絢子(海外書き人クラブ/トルコ在住ライター)

東ローマ帝国の首都であったイスタンブール

イスタンブールは、かつて「コンスタンティノープル」と呼ばれた東ローマ帝国(ビザンツ帝国)の首都であったように、4世紀末から15世紀半ばまで、1000年以上もの間キリスト教世界の中心のひとつでもあり、また紀元前には「第二のローマ」とも呼ばれました。

現在世界遺産に登録されているイスタンブールの歴史地区には、通称イエレバタン・サルヌジュ(地下宮殿)と呼ばれる東ローマ時代最大の貯水槽が残っています。宮殿のような荘厳な雰囲気から通称、地下宮殿と呼ばれるようになりました。イスタンブールでの観光定番、ブルーモスクやトプカプ宮殿のすぐ近くにありますが、1985年になってからやっと一般公開されることになります。正式にはバシリカ・シスタン(バシリカ貯水槽)、またの名をユスティニアヌス貯水槽と言います。

幻想的な別世界へ

西暦527年にユスティニアヌス1世によって建設されたこの貯水槽は、最近モスク化で話題となっている世界遺産アヤソフィアとトプカプ宮殿に水を供給するために作られたもので、近年までイスタンブールでその機能を果たしていました。

入り口からの階段を降りて地下へ向かうと目の前には幻想的な地下宮殿が広がります。宮殿内には、長さ138m、幅65mの空間に、高さ9mの336本の大理石円柱が立っており、78000立方メートルの水を貯えることができたとのことです。柱の下に貯められた水には、魚が泳ぐ姿も見られます。圧巻の風景は映画の舞台にも相応しく、映画007シリーズ「ロシアより愛を込めて」、また近年では、「インフェルノ」の舞台(セット)にもなっています。

突如現れるメデューサの首

宮殿の奥へ進んでいくと突如現れるメデューサの首が使われた円柱を見つけることができます。メデューサの首は大理石でできており、2本の柱の土台には、それぞれ横向きのメデューサと逆さメデューサの首が使われています。

実は地下宮殿内のほとんどの円柱は、当時の寄せ集めの流用品からできており、支える高さが足りなかった2本の柱にちょうどいい高さのメデューサの首が使われたとされる説が有力ですが、実際の理由ははっきりわかっていません。ギリシャのローマ神殿で処分となった宝石のように輝く目を持ち、見たものを石に変える能力を持つ怪物の魔力を抑えるように使われているのが謎を呼びます。

宮殿内のパワースポット

宮殿内の柱には、他にも「蛇(または涙)の柱」と呼ばれる常に湿った柱があり、柱の空いた穴に親指を入れて残りの指を離さずにぐるりと一周回すことができれば、願いが叶うといわれています。「蛇の柱」と言われる由縁はその模様から。目玉飾りの模様で覆われた柱本体は、互いに絡み合った三匹の蛇からできています。そして柱はデルフィ島のアポロン神殿の廃材であったと言われています。

宮殿内には休憩ができるカフェもあり、去年は宮殿内でコンサートなどの催しも行われています。幻想的な雰囲気に浸りながら、古代ローマに思いを馳せる贅沢なひとときが楽しめる穴場のスポットです。

文・写真/横溝絢子(トルコ在住ライター)
銀行員として5年以上住んだニューヨークを離れ、トルコの世界遺産都市、カッパドキアの大ファンになり、2011年より移住。現地女性の手仕事、トルコ刺繍(オヤ)を日本にむけて販売(デイジーカッパドキア)、また通訳および旅行コーディネーターを行う。これまでの連載執筆経験、メディア出演実績:NHK BS1「世界で花咲け! なでしこたち」、メディアファクトリー「ヤマザキマリのアジアで花咲け! なでしこたち」、BSジャパン「速水もこみち トルコ食紀行」、読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」、毎日放送「世界の日本人妻は見た! 」、NHKラジオ第1「ちきゅうラジオ」、光村図書出版「英語教科書」、小学館「サライ.jp」および「みんなの教育技術」、日経BP「日経ARIA」、朝日新聞出版「ジュニアエラ」など。海外書き人クラブ会員(https://www.kaigaikakibito.com/)。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア