新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)牡羊座~蟹座編

三日坊主で終わらない! 語学学習を続けるコツ

【ビジネスの極意】三日坊主で終わらない! 語学学習を続けるコツ

フィンセント・ファン・ゴッホ《糸杉》1889年6月 メトロポリタン美術館 Image copyright (C)The Metropolitan Museum of Art. Image source: Art Resource, NY

過去最大級の27か所からゴッホの作品が集合! 本邦初公開の『パリの屋根』も観られる!【ゴッホ展】

既婚者の貯蓄額は5割が500万円以上、独身者は7割が300万円未満

家庭の預金額はいくら? 既婚者の半数が500万円以上、一方、独身者の3割が10万円未満!

主任を勤める五街道雲助(71歳)。昭和43年、十代目金原亭馬生に入門。軽い噺は師匠譲りの顔芸を交じえ、人情噺は締まった口調で演じ、いずれも一級品。

【第87回人形町らくだ亭】12月13日開催/五街道雲助が『夢金』を演じます

親の終の棲家をどう選ぶ?|「もう失敗はできない」母に合った住まいを探す【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|「もう失敗はできない」母に合った住まいを探す【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|サ高住から“脱走”した母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|サ高住から“脱走”した母【前編】

周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】

周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

ピラミッドよりも古い!世界最古の神殿「ギョベクリ・テペ」の謎(トルコ)

文・写真/横溝絢子(海外書き人クラブ/トルコ在住ライター)

世界最古の神殿

トルコの南東部は、文明発展の源となったチグリス川とユーフラテス川に挟まれた小アジア(アナトリア)の南東に位置する、豊かな歴史と文化遺産に恵まれた場所。
古代のアッシリアやローマ、ペルシャなどさまざまな帝国や文明、民族が行き交った。
その歴史は新石器時代の紀元前7,000年頃にも遡る。
紀元前2,000~1,500年にフルリ人、紀元前1,200年頃にはヒッタイト人がこの地を支配した。

1983年、このトルコ南東部のシャンルウルファ県郊外にある山頂からギョベクリ・テペ(太鼓腹の丘の意)が発見される。
1995年よりシャンルウルファ博物館とベルリン・ドイツ考古学研究所による共同の発掘作業が開始され、全容が明らかになった。

ギョベクリ・テペは、エジプトより約7,000年も古い、1万1,600年前に作られたと考えられる世界最古宗教施設であることが分かる。

ギョベクリ・テペ

2007年以降、ドイツ人学者クラウス・シュミットをリーダーとして発掘作業が進められ、地磁気調査では、直径8メートルから30メートルの円形をした礼拝所が20箇所発見された。
発掘の結果、巨大なT字形の石柱を円形状に建ち並べ、大きな円の中に小さな円があるといった綿密に設計された遺跡であることが分かった。T字型は人間の形のように見ることができ、そして胴体部分にはキツネ、ライオン、イノシシ、蛇、鳥など、様々な動物が刻まれている。

T字形の石柱の中には、大きなもので高さ5m、推定重量が10tにもなり、石の切出しや運搬を含め、多くの人出が必要だったと推測される。

胴体部分にはキツネ、ライオン、イノシシ、蛇、鳥など、様々な動物が刻まれている

農耕より先に宗教が誕生か

この遺跡の謎は、これだけ大掛かりな遺跡にも関わらず、遺跡周辺には水場がなく、作業員の住居、農耕の跡もなく、人が生活した痕跡がまるで残されていなかった。

これまで文明の誕生は、まず農耕が始まり、後に組織的な宗教が生まれたというのが定説であるが、ギョベクリ・テペの発見はこの通説を覆すものとなる。

すなわち、考古学の常識であった「人間が狩猟や採集生活から定住して農耕を始め、大きな社会を形成するにつれ生じるようになった集団内部の争いを抑え、共同体としての共通した象徴を信じるために宗教が生まれた」という従来の説の見直しが迫られることとなる。

狩猟時代に神殿が作られているということは、農耕という最初の文明以前に宗教があったことを意味する。

農耕が始まる前、狩猟民族が何らかの原因で定住し始めた頃、自分たちと動物達との大きな境界を意識し始めたことが宗教の始まりであり、長期にわたる神殿建設の間には、作業員や、祭儀のために聖地を訪れる人々に食糧を提供するために農耕が始まったと考えられる。
そして宗教は農耕社会で集団の安定のために引き続き利用されたのではないかと推測され始めている。

トルコで18件目の世界遺産に登録

トルコで18件目の世界遺産に登録

発掘の甲斐があり、ギョベクリ・テペは昨年、ユネスコ(UNESCO:国連教育科学文化機関)の世界遺産に登録されることが決まった。

2016年の世界経済フォーラムにおいて、トルコの複合企業ドギュス社が米ナショナル ジオグラフィック協会と提携し、同遺跡の宣伝・保護のための新プロジェクトに1500万ドルを投資することが発表された通り、現在も遺跡の発掘は続いている。

現在のまでのところ、ギョベクリ・テペより規模の小さな円形遺跡が、約200キロ離れた居住地跡で見つかっていることから、ギョベクリ・テペが当時大聖堂の存在であり、その他は地元の教会的な役割をしていたことが分かる。ギョベクリ・テペは太鼓腹の丘という意味の通り、高台にあり、周囲の山々と南に広がる平野を一望できる。丘をさらに掘り進めていくと、神殿でごちそうが振る舞われたことを示すガゼルや絶滅した野生のウシの骨などの遺物が見つかっている。円形施設は使ううちに、砂や石や動物の骨で埋もれるため、数百年後に円形施設ごと土で埋め、その上に新しい円形施設を建てていったことが分かっている。これからの発掘状況にも注目が注がれる遺跡である。

文・写真/横溝絢子(トルコ在住)
銀行員として5年以上住んだニューヨークを離れ、トルコの田舎町、カッパドキアの大ファンになり、移住。2011年より開始。これまでの連載執筆経験、メディア出演実績などは以下の通り。地球の歩き方イスタンブール特派員(連載中)、NHK BS1「世界で花咲け! なでしこたち」、メディアファクトリー「ヤマザキマリのアジアで花咲け! なでしこたち」、BSジャパン「速水もこみち トルコ食紀行」、読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」、毎日放送「世界の日本人妻は見た! 」、NHKラジオ第1「ちきゅうラジオ」、TOKYO FM「コスモ アースコンシャス アクト」など。海外書き人クラブ所属(http://www.kaigaikakibito.com/)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  2. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
  3. ハウスボート オランダ人の憧れ「ハウスボート」|水上のタワマン?究極の水上豪邸…
  4. 悲しげなクルーズカイーダの像 マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れ…
  5. Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1) 想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「…
PAGE TOP