新着記事

皇帝専用駅ヒーツィング

謎の地下礼拝堂から皇帝専用駅舎まで、ウィーンのユニークな地下鉄の駅と路線(オーストリア)

文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)120年の歴史を誇る、ウィーンの地…

【医学部受験経験者1,004人への調査で判明】受験勉強法と必勝ツール

受験生の皆さんは、入試に向けて、毎日必死に勉強していることでしょう。しかしながら、医学部合格…

愛犬の終活を迎える時に、準備しておきたい大切なこと

最後の日々を後悔しないために「愛犬の終活」で準備したい大切なこと

取材・文/柿川鮎子お散歩友達の8歳のゴールデン・レトリーバーが、がんを宣告されてしまいました…

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

高齢の親に対してはつい、「頑固・わがまま・融通が効かない」などというようなイメージを持ってし…

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

春が近づいてくると、花粉症の方々は憂鬱な気分になるのかもしれません。ソフトバンクロボティ…

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者ほど薬効成分が効きやすい理由ポリファーマシー(多剤服用)という言葉が知られるようになり…

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)は俺のパスポート』【面白すぎる日本映画 第39回】

文・絵/牧野良幸宍戸錠さんが今年の1月に亡くなった、享年86歳だった。宍戸錠さんの死…

加齢により減少する唾液の分泌量を増すセルフケア|『ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!』

免疫力の強い身体をつくる「唾液力」の鍛え方

文/鈴木拓也「唾液の役割とは?」と聞かれたら、大半の人は「食べ物に含まれるデンプンを…

「ミニ水筒」が大ブーム! 愛用者たちが選ぶ人気の「水筒」タイプは?

最近はペットボトルではなく、水筒を持ち運ぶ人が増えてきました。そこで、マイボイスコム株式会社…

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

文/池上信次前回紹介したSPレコードの「3分しばり」ですが、正確には「再生メディア」の限界が…

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

終活

  1.  

    「旅行」「ネット通販」「孫消費」 令和元年、シニアのお金の使い道

         

    2019年ももうすぐ終わり。今年はどんな一年でしたか? 大和証券グループ本社が100%出資する銀行で、「えらべる預金」を展開している株式会社大和ネクスト銀行(https://www.bank-daiwa.co.jp/)が、シニア予備…

  2. 子どもがいない場合の相続や自身の介護はどうすべきか|『子どもなくても老後安心読本』  

    老後も死後も揉め事ばかり!? 子どもがいない夫婦、独身者は、自分の「相続」「介護」「葬式」はどうすべきか?

         

    文/鈴木拓也21世紀に入ってからの20年足らずで、急激に増えているシニア世代の単独世…

  3. 「終活ってなんだ?」カメラマンが見続けた片品村のカヲルさん|『人生はいーからかん』  

    【人生100年時代の生き方】「終活ってなんだ?」カメラマンが見続けた片品村のカヲルさん

         

    取材・文/坂口鈴香写真/高木あつ子群馬県片品村で農業を営む須藤カヲルさんは今年92歳…

  4. 終活に関する調査|「終活」をする意向が最も高いのは30代。実際に始めたい年齢は「60代」  

    「財産整理」「エンディングノート」「墓じまい」|「終活」をする理由1位は「家族に迷惑をかけたくないから」

         

    人生100年時代と言われる昨今だが、自分の行く末を考える人も多くなってきているようだ。楽…

  5. “終活”に関するアンケート調査  

    “終活”で1番心配なことは「物の整理、片付け」

         

    “終活”という言葉もだいぶ一般的になってきたような気もするが、果たして認知度はどうなのだろう…

  6.  

    いつか訪れる配偶者との別れ|『没イチ パートナーを亡くしてからの生き方』

         

    文/印南敦史『没イチ パートナーを亡くしてからの生き方』(小谷みどり著、新潮社)の著…

  7.  

    備えあれば憂い無し!「リタイア後の落とし穴」にはまらないための4つの心構え

         

    これから退職するという皆さんは、その後の変化についてどう考えていますか? 社会的地位がなくな…

  8.  

    自分がいなくなった後が心配…。知っておきたい「愛するペット」の上手な遺し方

         

    家族同然の愛犬や愛猫。ひとり暮らしの人にとっては、自分がいなくなったあとのことが心配の種でし…

  9.  

    デジタル時代ならではの悩み所も!知っておきたい「個人情報」の上手な遺し方

         

    自分がいなくなった後、日記やスマホ、パソコンデータなど、個人情報のあるものはどうするべきでし…

  10.  

    集めた蔵書や美術品はどうすべき?家族を困らせない「蒐集品」の上手な遺し方

         

    自分がいなくなった後を考えたとき、気になるのは本棚に並ぶ蔵書や、蒐集してきた美術品・骨董品等…

PAGE TOP