新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い射手座(…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

指を動かすだけで健康効果がある「指ヨガ」|『全身ポーズと同じ効果!! 指だけヨガ』

指を動かすだけで健康効果がある「指だけヨガ」のやり方

文/鈴木拓也日本では15年ほど前からヨガブームが続いており、いまやヨガ人口は約800万人…

10号帆布のかぶせショルダーバッグ|ものの出し入れがしやすい、使い勝手がよく練られた帆布鞄

シンプルな外観ながら、使い勝手がよく考えられた帆布製のショルダーバッグである。『サライ』…

スタイルドライブエス|疲れやすい腰まわりをサポート。正しい運転姿勢に導く

自動車の運転時、気がつくと前かがみになっていたり、逆にのけぞり気味になっていたりと、個々のク…

【もう君はいない】専業主婦だった妻の異変に気付いた夫。妻の身辺調査を依頼された探偵が出した報告書の衝撃~その2~

取材・文/沢木文結婚当初は他人だった。しかし、25年の銀婚式を迎えるころに、夫にとっ…

【もう君はいない】専業主婦だった妻の異変に気付いた夫。妻の身辺調査を依頼された探偵が出した報告書の衝撃~その1~

取材・文/沢木文結婚当初は他人だった。しかし、25年の銀婚式を迎えるころに、夫にとっ…

明智光秀が松平竹千代(後の徳川家康)に食べさせた 〈美濃の干し柿〉。 取り寄せてみたら絶品だった【麒麟がくる 満喫リポート】

ライターI(以下I):『麒麟がくる』第4回に初登場した松平竹千代(後の家康)の〈干し柿、あま…

「もしかして白内障…?」ケアマネジャーが「白内障」の疑いがある人に眼科受診を勧める理由

世界的に見ると、白内障による失明率は、他の眼病による失明率と比べても1位になっています。それ…

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年
  2. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

シニア

  1.  

    プレシニア(40代後半~50代)が考える定年後の働き方

         

    現代の日本は「人口の減少」と「少子高齢化」という大きな問題を抱えています。この問題からは様々な影響が考えられますが、労働力の主体である生産年齢人口(15歳~64歳)の減少は致命的ともいえます。そこで政府は問題の解決策として働き方改革…

  2. 60代以上の二人暮らしのシニア夫婦、毎日夕食を一緒に食べる夫婦は70%超  

    60代以上の二人暮らしのシニア夫婦、毎日夕食を一緒に食べる夫婦は70%超!

         

    デパ地下の食品売り場には、おしゃれで美味しそうな総菜がズラリと並んでいる。外食するよりはお手頃な…

  3. 起業  

    定年後の起業が増加傾向!?|シニア層の4人に1人が「起業に関心あり」

         

    「起業」することが身近な時代になりました。freee株式会社が、20~69歳の有職者男女90…

  4. シニアの生活調査  

    今どきシニアの生活調査|孫への出費は年間平均131,334円、運転免許証は約8割が現在も保有

         

    今楽しみにしていることや、それらに費やす金額、また孫のためにはどれくらいの金額を使われていま…

  5. いまどきシニアのネット利用実態と価値観|60代にも広がるスマホ利用。この世代に特徴的なネット利用行動と価値観とは?  

    いまどきシニアのネット事情|60代のスマホ利用率はまだ4割、利用サイト1位は「Yahoo! JAPAN」

         

    SNSやニュース・動画サイトなど、インターネットメディアがここ数年活況を帯びている。そんな中…

  6. 長く運転を続けたいシニアなら読んでおくべき1冊|『運転をあきらめないシニアの本音と新・対策』  

    「歩行者や自転車に気づかない」「ブレーキのつもりがアクセル」「ウインカーの出し忘れ」|シニアの運転傾向と安全運転を続けるコツ

         

    文/鈴木拓也運転者の交通死亡事故件数は、年齢層別に見ると75歳から急増し、ハンドルや…

  7.  

    45歳以上はもう「おじさん」「おばさん」|「肌の老化」「体形崩れ」「白髪」が「おじさん」「おばさん」っぽく見える

         

    子どもから見ると、大人はみんな「おじさん」「おばさん」。とはいえ、面と向かってそう呼ばれると…

  8.  

    会話が認知症予防に良いとされる3つの理由

         

    何気ないおしゃべりをしたとき、心が晴れて気分が良くなったと感じたことはありませんか。このおし…

  9.  

    残された時間は何をする?人生後半を輝かせるための3つの質問

         

    年を重ねるにつれ、人生での後悔や、残りの時間をどう生きていくべきかが頭をよぎるのは、サライ世…

  10.  

    充実した後半生のために!「人生の意味を見つめ直す」3つの質問

         

    人生の振り返りの時期に差し掛かると、「自分の人生とは?」「これから何をすべきか」という漠然と…

PAGE TOP