サライ.jp

serai_09

明治30年の「古社寺保存法」の成立により初めて誕生した「国宝」。そもそもは、明治初期の廃仏毀釈で多くの寺院の宝物が失われた反省から、日本の伝統文化を保護しなくてはならないという機運が高まったことがきっかけになっています。現在の国宝件数は全国で1089件。美を愛で、伝統を尊ぶ先人の心が、今の我々に数々の至宝を残しました。

今回の大特集「ニッポンの国宝」では、静岡県・願成就院の「毘沙門天立像」「不動明王及び二童子立像」など、平成に入ってから指定された新国宝の紹介に始まり、奈良、京都、仙台といった「国宝どころ」を識者の案内で巡る旅、さらには北海道から沖縄まで全国各地の国宝を概観し、見るべきものに解説を加えた「古今東西 国宝ガイド」まで、全41ページ、写真82点により、日本の国宝を総力で紹介しています。

2つめの特集「長寿日本一の国 信州を歩く」では、2013年に公表された厚生労働省の「都道府県別 平均寿命ランキング」で男女とも平均寿命が全国1位だった長野県の秘密に迫ります。日本有数の名峰に囲まれ、その山々から湧く水が清流となって県下の盆地を潤す山紫水明の地。その長寿の秘訣は「減塩野菜食」「生きがいのある暮らし」「適度な運動」にありました。

さらには世代を超えて愛される名機の特別企画、「『ライカ』を手に入れる」も見逃せません。「ライカの神様」と謳われた名手・木村伊兵衛の写真や、ライカを愛用する雅楽演奏家・東儀秀樹さんのインタビューに加え、初心者でも扱いやすい小型カメラ3機種を厳選して通販する「はじめての『ライカ』通販案内」で、ぜひ「あの『ライカ』」を手にする悦びと、撮る楽しみを味わいっていただければと思います。

また前号に引き続き、東海道新幹線開業50周年を記念して、「私と新幹線」をテーマに写真とエッセイを募集しております。昭和の東海道新幹線、東海道新幹線の旅の思い出、車内や食堂車での出会いや出来事など、東海道新幹線にまつわる写真・エッセイであれば、撮影や旅行の年代は問いません。入選された方には賞品として高機能デジタルカメラ『ライカ X バリオ』などをご用意しています。こちらも、ぜひご応募ください(詳細は、こちら)。

「国宝への旅」と題した『サライ』9月号。詳しくは、書店などで手にとってお確かめください。

■最新号の目次はこちら

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア