新着記事

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

スミカマの槌目模様の包丁|欧米で脚光を浴びる老舗が古風な包丁を近代的にアレンジ

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

ワイン

サライムック『美味サライ』最新号は「日本ワインを究める」の大特集です

文/編集部

食や酒をテーマにしたサライムック『美味サライ』の最新刊を発売しました。前号では銀座を特集して好評でしたが、今回は「日本ワイン」の大特集です。

※表紙画像をクリックすると試し読みいただけます!

じつは今年の10月30日から新基準が適用され、国産のぶどう100%使用したもののみが、「日本ワイン」を名乗れることになります。各メーカーやワイナリーは、早くからこれに対応しています。こうした背景もあり、今年は日本ワインへの注目がより高まっているのです。

ちょうど10月20日から公開されている映画『ウスケボーイズ』も日本ワインがテーマ。公開に先駆け、サライ読者を招待して特別試写イベントを開催しましたが、監督の柿崎ゆうじさんや女優の伊藤つかささん、竹島由夏さんも来場するということもあり、参加応募が殺到したイベントとなりました。

さて今回の『美味サライ』では、パンダのラベルで人気急上昇、入手も困難となっている岡山県の「ドメーヌ・テッタ」をはじめ、半導体メーカーが造る山梨県の「MGVsワイナリー」など、いま最も注目されているワイナリーを紹介しています。

そして、自然派ワイン好きの間で人気の「オレンジワイン」は、日本の甲州でも造られています。甲州オレンジワインを集めました。

もちろん、日本ワインが楽しめる美味処も、しっかり紹介しています。いずれも最近オープンしたばかりの注目店ばかり。

また、今回の『美味サライ』では、日本ワイン特集以外も読み所が満載。牛肉の美味しい店も特集しています。和牛は知る人ぞ知る岡山の千屋牛、28日以上熟成させたUSプライムビーフなどを、独自の手法で調理する名店を紹介。最近注目されている、薪焼きのお店もありますよ。

さて、この美味サライ「日本ワインを究める」特集と連動して、11月1日から7日までの1週間、東京・丸の内で日本ワインのイベントも開催されます。新丸ビル7階の「丸の内ハウス」内の9店舗で、様々な日本ワインをグラスで注文して楽しめます。無料試飲を伴うミニセミナーも毎日開催(要事前申込み)!

※イベント詳細はこちら↓↓↓
http://www.marunouchi-house.com/event/2018/10/15287/

※無料セミナー参加のお申し込みはこちらから↓↓↓
https://form.id.shogakukan.co.jp/forms/1518

秋が深まりワインでも飲もうか、と思い立ったら、今年はぜひ日本ワインを選んでみてください。そして『美味サライ』で日本ワインについて知識を深めていただくとともに、日本ワインの魅力を実際に目と舌と喉で実感できる新丸ビルでのイベントにも足をお運びください。

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 酒井ワイナリーのワインは決して高価ではないが、「他国の3000円代のワインと比較して、よりいいと思ってもらわなければいけない。危機感がある」と話す。 【日本ワイン生産者の肖像7】酒井一平さん(酒井ワイナリー)|読書…
  2. 【日本ワイン生産者の肖像7】酒井一平さん(酒井ワイナリー)|読書…
  3. 幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。 【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創…
  4. オーストリアの「緑のワイン」をワイン居酒屋「ホイリゲ」で満喫
  5. 【日本ワイン生産者の肖像5】中澤一行・由紀子さん夫妻(ナカザワヴ…
PAGE TOP