新着記事

スペリオダウン コンバーチブルジャケット|軽く暖かい高級羽毛を採用。半袖にもなるダウン

クリスマスマーケットの本場ドイツ。画像はボン。

一生に一度は訪れたい! クリスマス市の「屋台グルメ」の食べ歩き方(ドイツ)

シニア層でも利用率の高いSNSアプリはLINEと判明!

【シニアのスマホ利用事情】SNSをしている60代以上の9割は「LINE」

せりのとろろ昆布にぎり

【管理栄養士が教える減塩レシピ】鍋の具材以外でも楽しめる!「せりとあさりのかき揚げ」「せりのとろろ昆布にぎり」

酒燗器 ゆめここち|好みの温度で酒の燗がつけられる美濃焼の酒器

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)牡羊座~蟹座編

迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

体圧分散マットレス フィベールエアー|好みの面で使い分け。バランスのよい寝姿勢で安眠に誘う

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

ワイン

サライムック『美味サライ』最新号は「日本ワインを究める」の大特集です

文/編集部

食や酒をテーマにしたサライムック『美味サライ』の最新刊を発売しました。前号では銀座を特集して好評でしたが、今回は「日本ワイン」の大特集です。

※表紙画像をクリックすると試し読みいただけます!

じつは今年の10月30日から新基準が適用され、国産のぶどう100%使用したもののみが、「日本ワイン」を名乗れることになります。各メーカーやワイナリーは、早くからこれに対応しています。こうした背景もあり、今年は日本ワインへの注目がより高まっているのです。

ちょうど10月20日から公開されている映画『ウスケボーイズ』も日本ワインがテーマ。公開に先駆け、サライ読者を招待して特別試写イベントを開催しましたが、監督の柿崎ゆうじさんや女優の伊藤つかささん、竹島由夏さんも来場するということもあり、参加応募が殺到したイベントとなりました。

さて今回の『美味サライ』では、パンダのラベルで人気急上昇、入手も困難となっている岡山県の「ドメーヌ・テッタ」をはじめ、半導体メーカーが造る山梨県の「MGVsワイナリー」など、いま最も注目されているワイナリーを紹介しています。

そして、自然派ワイン好きの間で人気の「オレンジワイン」は、日本の甲州でも造られています。甲州オレンジワインを集めました。

もちろん、日本ワインが楽しめる美味処も、しっかり紹介しています。いずれも最近オープンしたばかりの注目店ばかり。

また、今回の『美味サライ』では、日本ワイン特集以外も読み所が満載。牛肉の美味しい店も特集しています。和牛は知る人ぞ知る岡山の千屋牛、28日以上熟成させたUSプライムビーフなどを、独自の手法で調理する名店を紹介。最近注目されている、薪焼きのお店もありますよ。

さて、この美味サライ「日本ワインを究める」特集と連動して、11月1日から7日までの1週間、東京・丸の内で日本ワインのイベントも開催されます。新丸ビル7階の「丸の内ハウス」内の9店舗で、様々な日本ワインをグラスで注文して楽しめます。無料試飲を伴うミニセミナーも毎日開催(要事前申込み)!

※イベント詳細はこちら↓↓↓
http://www.marunouchi-house.com/event/2018/10/15287/

※無料セミナー参加のお申し込みはこちらから↓↓↓
https://form.id.shogakukan.co.jp/forms/1518

秋が深まりワインでも飲もうか、と思い立ったら、今年はぜひ日本ワインを選んでみてください。そして『美味サライ』で日本ワインについて知識を深めていただくとともに、日本ワインの魅力を実際に目と舌と喉で実感できる新丸ビルでのイベントにも足をお運びください。

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 病気もなく、美しい形状の収穫直前の洗馬のぶどう。 【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)…
  2. 「自分なりの栽培法をみつけるまではチャレンジの連続でした」と語る。 【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)…
  3. 酒井ワイナリーのワインは決して高価ではないが、「他国の3000円代のワインと比較して、よりいいと思ってもらわなければいけない。危機感がある」と話す。 【日本ワイン生産者の肖像7】酒井一平さん(酒井ワイナリー)|読書…
  4. 【日本ワイン生産者の肖像7】酒井一平さん(酒井ワイナリー)|読書…
  5. 幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。 【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創…
PAGE TOP