はじめに-茶々(淀殿)とはどんな人物だったのか?

茶々(淀殿)は、信長の妹・お市と浅井長政の間に生まれた浅井三姉妹の長女です。茶々は秀吉の側室となり子をなしますが、最後は大坂夏の陣で徳川家康に敗れ、豊臣家を滅亡させたことから、「日本三大悪女」の一人と誹られることもあります。

では、実際の茶々(淀殿)はどのような人物だったのでしょうか? 史実をベースにしながら、紐解いていきましょう。

NHK大河ドラマ『どうする家康』では、若くして父母を失ってしまいますが、やがて乱世を御していく気高い女性(演:白鳥玉季<少女時代>)として描かれます。

『伝淀殿画像』(奈良県立美術館所蔵)

目次
はじめにー茶々(淀殿)とはどんな人物だったのか?
茶々(淀殿)の生きた時代
茶々(淀殿)の足跡と主な出来事
まとめ

茶々(淀殿)の生きた時代

茶々(淀殿)は、北近江(=現在の滋賀県)の戦国大名の浅井長政とお市の方の長女です。浅井氏の滅亡後は柴田勝家に再嫁した母に従い、越前(=現在の福井県)北庄城に入ります。その後、柴田勝家も落城。茶々は、攻め落とした主である秀吉に引き取られることになるのです。

若くして実父・養父、そして母と死別した茶々(淀殿)。戦国時代の終わり、数奇な運命に翻弄される女性の一人です。

茶々(淀殿)の足跡と主な出来事

茶々(淀殿)は、永禄10年(1567 ※永禄12年説もあり)に生まれ、慶長20年(1615)に没しています。その生涯を出来事とともに紐解いていきましょう。

浅井長政とお市の子として誕生

北近江の戦国大名・浅井長政と織田信長の妹・お市の長女として、小谷城(おだにじょう)で誕生。妹に初(はつ)と江(ごう)がいます。

小谷城跡

お市の結婚は、長政と同盟を結ぶための政略的なものでした。しかし、元亀元年(1570)、長政は長らく同盟関係にあった朝倉義景(よしかげ)を支援し、信長に離反。抗争するも、姉川で大敗します。天正元年(1573)8月、小谷城は落城。このとき、攻めたのは木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)でした。父・長政は自死し、茶々はお市・妹とともに城を脱出し、清洲城で育てられたと言われています。

道の駅 浅井三姉妹の郷(滋賀県長浜市)にある、「お市の方と浅井三姉妹」像

浅井氏滅亡後、越前北ノ庄へ

天正10年(1582)、本能寺の変で信長が自刃。母・お市は、信長の有力家臣・柴田勝家に再嫁することに。この時、茶々は母・お市にしたがい、勝家の居城・越前北ノ庄(きたのしょう)へと向かいます。

しかし、翌天正11年(1583)、勝家は賤ヶ岳(しずがたけ)の戦いで秀吉に敗れ、お市とともに自刃。秀吉の功業を記した『秀吉事記(ひでよしじき)』によると、このとき、勝家はお市に城を出るよう説得したと言いますが、お市はともに自害することを主張したと伝えています。

北の庄城址・柴田公園(福井県福井市)
北の庄城址・柴田公園にある説明板

その後、茶々ら三姉妹は、秀吉に保護され、引き取れられることに。次女・初は若狭小浜藩主・京極高次の正妻となり、三女・江は第2代将軍・徳川秀忠(ひでただ)に嫁ぎました。

そうした中で、茶々は秀吉の側室となります(1588年頃)。

柴田神社(北の庄城址)にある、茶々・初・江、三姉妹の像

秀吉の側室となり、秀頼を産む。次ページに続きます

1 2

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店