新着記事

絞り出し・至高急須|茶葉本来の魅力を引き出す、デザインの妙

難しく考えてしまいがちな独学を身近なものに|『独学のススメ-頑張らない! 「定年後」の学び方10か条』

頑張らない独学のススメ|「定年後」の学び方

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜とは…?|免疫力向上のために取り組んでいること第1位は「食事・栄養に気を配っている」!

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜1位はブロッコリー

【ビジネスの極意】 「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

【ビジネスの極意】「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

姫革細工の長財布|華やかさと気品を添える、和モダン柄の美しい財布

コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ

1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

クラシック音楽

サライ2015年11月号|特集は「奈良」と「クラシック音楽入門」特別付録は『運命』名演集CDです

cover_201511-250x339-250x332

「大和は国のまほろば」――。『古事記』に記された言葉が今も息づく地、奈良。1300年の古都は、訪れるたびに新発見がある不思議な土地です。京に都がうつってからも「南都」(なんと)として悠々たる文化を育み、世界遺産の寺社や自然が点在しています。

『サライ』11月号では、「未体験の奈良へ」と題し、錦繍の大和路の旅を大特集しています。 まずは、「心の拠り所となる仏像」と題して、辻惟雄さん、黒田杏子さん、千住明さんほか、奈良に魅せられた7人に、心の拠り所とする一軀の仏像との邂逅と見どころを語っていただきました。
続いて、「悠久の時を刻んできた古道」と題した企画では、山辺(やまのべ)、葛城(かつらぎ)、柳生(やぎゅう)、室生(むろう)と呼ばれる4つの古道を歩きます。大和の歴史と文化を育み、男女が恋を語らってきた古(いにしえ)の道を逍遥することで、はるか古代の人々の息遣いが聞こえてきます
また、蹴鞠や僧修行などの歴史と文化を体験できるメニューや、倭鴨(やまとがも)や大和牛、伝統野菜など、奈良の特産品を使った絶品の料理が味わえる市内の8店も紹介。巻末に詳細地図を用意しましたので、奈良散策にご活用ください。

第2特集は、名曲中の名曲であるベートーヴェンの交響曲第5番「運命」に焦点を当てた、「『運命』から始めるクラシック音楽入門」です。
愛好家ならずとも、「運命」冒頭の「ダダダダーン」という旋律を耳にしたことがあるでしょう。今回は、この名演を収録したオリジナルCD(56分)を付録に用意し、特集記事では「運命」の聴きどころを分・秒単位で丁寧に解説しています。CDを聴きながら記事を読むことで、「運命」の魅力や曲に込められたベートーヴェンの想いをきっと感じられることでしょう。
さらに、「運命」の次に聴きたい6つの交響曲や、記事で紹介した交響曲が実際に聴ける、この秋から冬に開催されるコンサート情報も案内しています。この機会にクラシック音楽の奥深い世界にぜひ触れてみてください。

「奈良」「クラシック音楽入門」を特集し、特別付録「運命」名演集CDが付いた『サライ』11月号。書店などで手にとってお確かめください。

・最新号をウェブブラウザーで立ち読みができます
http://magsample.shogakukan.co.jp/bv?sbook=1421111115

・通販でご購入の方は、こちらをどうぞ
http://www.shogakukan.co.jp/purchase/paper/magazines/1421111115

・Amazonでご購入の方は、こちらをどうぞ
http://goo.gl/iTnkVQ

・電子書籍版も用意しています
https://serai.jp/news/24581

・最新号の目次
https://serai.jp/magazine/32157

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. シューベルト:フォルテピアノによる 4手連弾作品全集 第1巻エキゾ ティシズムと対位法 かつて家庭やサロンで演奏されていた連弾作品の真価をフォルテピアノ…
  2. ドビュッシー:牧神の午後への 前奏曲 アルハンブラのカール5世宮殿での演奏会をDVDとCDで再現【林田…
  3. 過激な音の乱舞!作曲家・西村朗の幻覚的で魔訶不思議な音楽【林田直…
  4. マックス・リヒターの音楽|暴力に傷ついた人々への悲しみの治療行為…
  5. フランス至宝の音色!歴史的チェンバロで奏でるルイ・クープランの組…
PAGE TOP