新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

五代目桂三木助の襲名披露興行に『サライ』が後ろ幕を贈りました

写真は9月2日にニューオータニで開かれた三木助襲名披露パーティーでの1ショット。左が落語協会会長の柳亭市馬。中央が三木男改め五代目三木助。右が師匠の金原亭馬生。

取材・文/小坂眞吾(サライ編集長)

『サライ』10月号でも既報のとおり、落語家の桂三木男さんがこの秋、真打に昇進し、五代目桂三木助を襲名しました。(「落語界の大名跡が復活!三代目桂三木助の孫が五代目を襲名」

「桂三木助」といえば、三代目は志ん生、圓生、小さんと同時代に活躍した「昭和の名人」のひとり。四代目は三代目の長男で、落語界にとどまらず、俳優、タレントとしても活躍し、マスコミ界の寵児となった人物。そんな大きな名跡を、33歳で継ぐことになった五代目は、三代目の孫であり、四代目の甥にあたります。

昇進襲名披露興行は9月21日から、上野・鈴本演芸場、新宿・末広亭、浅草演芸ホール、池袋演芸場、国立演芸場の順で、それぞれ10日間、計50日間にわたって行われています。

9月25日の夜に、私も鈴本に出かけました。

9月25日夜、上野鈴本の入口には、五代目ののぼりがはためいていました。

恒例の襲名披露口上に、三遊亭金馬、鈴々舎馬風、林家木久扇、柳家権太楼、落語協会会長の柳亭市馬と、協会のお歴々がずらりと並ぶ光景は圧巻ですが、面白いのはその中に一世代若い柳家花緑が入っていること。

花緑は、祖父が人間国宝の五代目小さんで、叔父がいまの六代目小さん。つまり、三木男改め五代目三木助と、まったく同じなんです。そればかりじゃなく、互いの祖父、五代目小さんと三代目三木助は同じ小林姓で、義兄弟の契りを交わした仲。さらに……と、ここから先は長くなるので、知りたい方は花緑の口上を聴いてください。

トリを勤めた五代目三木助の演目は、なんと『へっつい幽霊』。三代目が、いまや伝説となった『芝浜』以上に得意とした噺じゃありませんか。幽霊のキャラクターなどはもっと追い込む余地がありそうですが、噺のところどころにふと、三代目の口調を彷彿させます。

三代目の全集『CDブック完全版 三代目桂三木助 落語全集』(小学館)を作るため、三代目の音源を繰り返し聴いた身としては、背筋がゾクゾクする一席でした。

そして注目していただきたいのは、披露興行のあいだ、ずっと背景に掛けられている「後ろ幕」。じつは、五代目三木助の後ろ幕は、三代目のCD全集を作らせていただいたご縁がもとで、サライ編集部から贈らせていただきました。

ですから幕の向かって左に「小学館サライより」の文字が入っています。

サライより贈らせていただいた後ろ幕。これが50日間の襲名披露興行のあいだ、都内5つの演芸場をハシゴします。

一雑誌が落語家の披露目に後ろ幕を贈るのは、私の知る限り、林家彦いちに『ビーパル』が贈って以来のこと。

客席から『サライ』の文字を見ながら、落語の歴史に少しだけ「コミット」したような、不思議な喜びを覚えました。

*  *  *

落語協会ではこの秋、三木助のほかに柳亭こみち、古今亭志ん五(志ん八改め)と、3人が真打に昇進します。襲名披露興行も、3人の日替わりとなります。

五代目の披露目に立ち会いたい(もしくは、サライの名入り後ろ幕を見てみたい)、という方は、各演芸場のホームページで、三木助の出演予定をご確認のうえ、お出かけください。

【襲名披露興行の日程】
■9月21日~30日:鈴本演芸場/夜の部
■10月1日~10日:新宿末廣亭 /夜の部
■10月11日~20日:浅草演芸ホール/昼の部
■10月21日~30日:池袋演芸場/昼の部
■11月1日~10日:国立演芸場
*新真打3人が日替わりでトリを勤めます。五代目桂三木助の出演日ほか詳細は各演芸場へお問い合わせください。

【小学館CDブック 完全版 三代目桂三木助 落語全集
昭和29年に芸術祭奨励賞受賞の『芝浜』から『へっつい幽霊』『宿屋の仇討うち』『大工調べ』『崇徳院』、三木助最後の録音となった昭和35年の『三井の大黒』等、全46の音源を収録する。化粧箱入り、CD16枚+B5判、上製本138ページ、価格:本体3万円+税。 問い合わせ先:小学館(電話:03-5281-3555)※こちらから試し読みできます!

 

取材・文/小坂眞吾(サライ編集長)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【第79回人形町らくだ亭】8月21日開催!柳家さん喬が『福禄寿』…
  2. 【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』…
  3. 【第77回人形町らくだ亭】4月2日開催|柳家小満んが『強飯の女郎…
  4. 古今亭志ん輔がトリで『お見立て』を口演!「第76回人形町らくだ亭…
  5. 落語家・春風亭一之輔、『アクアスキュータム』を粋に装う
PAGE TOP