新着記事

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

Google カレンダーの超基本的な使い方(2)|予定を削除や変更する方法【スマホ基本のき 第11回】

プロが教える、正月太り解消法|働く女性の8割が正月太りしている!?

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

美容ミネラル「マグネシウム」が大注目

生活習慣病対策に効果がある、現代美容ミネラル「マグネシウム」のスゴイ実力

テッケン(Tekken)網にかかったCRB Photo courtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guamurtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guam

常夏の島のココナッツが絶滅の危機! 最強の害虫・カブトムシ(CRB)の恐怖(グアム)

歴史と文化を知ることで将棋はもっと面白くなる|『教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」』

歴史と文化を知ることで将棋はもっと面白くなる|教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」

睡眠薬の長期服用リスク「ダウンレギュレーション」とは|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第12回】

睡眠薬の長期服用リスク「ダウンレギュレーション」とは|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第12回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】甘え下手な姉と両親の間にできた長年の確執。和解のきっかけは私への嫉妬だった~その2~

「もっと甘えたかった」。妊娠で見えた、妹への長年の嫉妬

そのままの関係のまま10年近くが経ち、両親と姉との関係に変化があったのは、侑里さんの妊娠だったとか。

「私が結婚して妊娠する前に、姉はすでに結婚していたし、その時には2歳の子供もいました。その頃には両親とも私とも完全に疎遠ではなく、付き合いは一応あったんです。でも、どこか嫁姑みたいな距離感でしたね。

当時私は妊娠してつわりがひどかったので、母に付きっきりで身の回りの世話をしてもらっていたんです。そのことを知って、姉は母親に『妹をかわいがってばかり』と初めて私に対しての嫉妬を口にしたそうなんですよ。その後は今までどんなに私に嫉妬していたかを母親に泣きながら伝えてきたみたいです。その一件から、母親と姉の関係は徐々にですが、修復していきました」

その話を聞いて、侑里さんも思うところがあったそう。

「私から見たら、ずっと姉はやりたいことをして、言いたいことをそのまま口にしていると思っていました。好き勝手やって、気を遣っている私の身にもなってほしいと。でも、姉はずっと私に嫉妬していたんですよね。この話をもし子供の時に聞いていたら、私も母親を取られないように、姉妹仲はこじれていたかもしれませんね。きっと今のように素直に受け止めることはできなかったと思います

現在姉妹はともに2人の子供を授かり、年齢も近いことからよく子供たちを一緒に遊ばせていると言います。

「遊ばせている場所はもちろん実家です。両親はすでに仕事を引退して、孫とよく遊んでくれています。あれから姉はよく子供を預けにくるようで、私よりも確実に親に甘える頻度は多くなっていますね。私が母親に何かお願いしようとすると『侑里はもう十分親に甘えたからダメ』と言ってきたりするんです(苦笑)。今さらながら、母親の取り合いに発展しちゃうかもしれませんね」と笑顔で語ります。

取材・文/ふじのあやこ
情報誌・スポーツ誌の出版社2社を経て、フリーのライター・編集者・ウェブデザイナーとなる。趣味はスポーツ観戦で、野球、アイスホッケー観戦などで全国を行脚している。

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってくれたSNSからの応援~その2~

  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってくれたSNSからの応援~その1~

  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシングルマザーを選択した理由~その2~

  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシングルマザーを選択した理由~その1~

  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの。それは親ではなく我が子だった~その2~

  6. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの。それは親ではなく我が子だった~その1~

  7. 【娘のきもち】「手のかからない良い子」を演じ続けた代償。今も両親に本音はぶつけられない~その2~

  8. 【娘のきもち】「手のかからない良い子」を演じ続けた代償。今も両親に本音はぶつけられない~その1~

  9. 【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その2~

  10. 【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その1~

  11. 【娘のきもち】ずっと心にあった「親じゃないくせに」。隣で暮らす伯母との近すぎる関係が招いたもの~その2~

  12. 【娘のきもち】ずっと心にあった「親じゃないくせに」。隣で暮らす伯母との近すぎる関係が招いたもの~その1~

  13. 【娘のきもち】他人行儀な親子関係を引きずったまま大人に。不和解消のきっかけは親族の借金だった~その2~

  14. 【娘のきもち】他人行儀な親子関係を引きずったまま大人に。不和解消のきっかけは親族の借金だった~その1~

  15. 【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その2~

  16. 【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その1~

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP