新着記事

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

Google カレンダーの超基本的な使い方(2)|予定を削除や変更する方法【スマホ基本のき 第11回】

プロが教える、正月太り解消法|働く女性の8割が正月太りしている!?

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

美容ミネラル「マグネシウム」が大注目

生活習慣病対策に効果がある、現代美容ミネラル「マグネシウム」のスゴイ実力

テッケン(Tekken)網にかかったCRB Photo courtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guamurtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guam

常夏の島のココナッツが絶滅の危機! 最強の害虫・カブトムシ(CRB)の恐怖(グアム)

歴史と文化を知ることで将棋はもっと面白くなる|『教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」』

歴史と文化を知ることで将棋はもっと面白くなる|教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】母親の借金で見えた両親の絆。一人っ子が背負う「自分が支えなければ」という思い~その1~

父とは休みの日に必ず遊び、母親は仕事よりも娘。欲しいものは欲しいと思う前に用意されていた

幼少期の思い出として語っている間、亜美さんは自分のことを常に『わがまま』だったと付け加えます。

「小さい頃は欲しいと思ったものがあると、それを口にする前に親が用意してくれていました。おもちゃやお菓子などはたくさん買ってもらっていましたね。母は自分と同じように、父は昔自分ができなかったことをすべてさせてあげたいという思いもあったんじゃないかな。別の観点からなのに、2人の意見はピッタリ合ったみたいで(苦笑)。

父は外国人向けのホテルで働いていて、レストランの食材の仕入れなどに関わっていたので、さまざまな高級食材が家にあったんです。そこまで裕福な家庭じゃないのに、幼稚園の頃に2000円のキャビアを食べたこともありましたね」

サービス業をしていた父親の休みは平日。それに合わせて亜美さんも学校を休み、よく遊んでもらっていたと言います。

「幼稚園の頃は、父の休みに合わせてよく休んじゃっていました。平日の1日だから遠出することはなかったけど、その日は私のわがまま三昧。私が行きたいところに連れて行ってくれるんです。

でもサービス業なので、家族旅行に初めて行ったのは高校生のとき。それも父の仕事の視察目的でリゾート地に連れて行ってくれたくらいでした。父は私にはとても優しかったけど、元は仕事人間だったんですよ。その分、母は私が10歳になるまでは働きに出ず、いつも一緒にいてくれましたね」

学生時代ずっと一緒にいてくれた母親の教育方針は、『褒めて伸ばす』こと。決してマイナスのことを口にしない母親の影響で、助かったことと困ったことがあったとか。

「母親はとにかく私のことを『かわいい』とか『できる子』といった感じで、褒めて伸ばす教育方針だったんです。母親は同じことを3回したら怒るんですが、それまでは何事も否定せずに、ほとんどのことを私自身に判断させていました。私は聞き分けのいいほうだったので、そこまで怒られることもなくて。

当時私は親から言われたことを素直に受け取っていて、母親から『かわいい』と言われたら、『そっか、私はかわいいんだ』って何の疑いもなく思っていました(苦笑)。女子高で、女子から人気があったこともあり、すっかり調子に乗っていましたね。褒めて育てられたことで、人の良いところに目が行くようになったのは本当にありがたいんですが、自分がとてもできる子なんだという何の根拠もない自信ができてしまって。学生時代に大きな挫折を経験するんですが、最初の頃は打たれ弱い子になってしまいましたね(苦笑)」

大学では父親からのアドバイスもあり、一人暮らしを開始。しかし、家計は亜美さんの見えないところで傾き始めていて……。
~その2~に続きます。】

取材・文/ふじのあやこ
情報誌・スポーツ誌の出版社2社を経て、フリーのライター・編集者・ウェブデザイナーとなる。趣味はスポーツ観戦で、野球、アイスホッケー観戦などで全国を行脚している。

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってくれたSNSからの応援~その2~

  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってくれたSNSからの応援~その1~

  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシングルマザーを選択した理由~その2~

  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシングルマザーを選択した理由~その1~

  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの。それは親ではなく我が子だった~その2~

  6. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの。それは親ではなく我が子だった~その1~

  7. 【娘のきもち】「手のかからない良い子」を演じ続けた代償。今も両親に本音はぶつけられない~その2~

  8. 【娘のきもち】「手のかからない良い子」を演じ続けた代償。今も両親に本音はぶつけられない~その1~

  9. 【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その2~

  10. 【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その1~

  11. 【娘のきもち】ずっと心にあった「親じゃないくせに」。隣で暮らす伯母との近すぎる関係が招いたもの~その2~

  12. 【娘のきもち】ずっと心にあった「親じゃないくせに」。隣で暮らす伯母との近すぎる関係が招いたもの~その1~

  13. 【娘のきもち】他人行儀な親子関係を引きずったまま大人に。不和解消のきっかけは親族の借金だった~その2~

  14. 【娘のきもち】他人行儀な親子関係を引きずったまま大人に。不和解消のきっかけは親族の借金だった~その1~

  15. 【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その2~

  16. 【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その1~

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP