新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】夫の借金とギャンブル依存に悩んでいたとき、寄り添ってくれたのは父だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、都内にある企業でデザイナーをしている公子さん(仮名・38歳)。東京都の23区の出身で、両親と3歳上の姉がいる4人家族。スタイリストの夢が破れ、服の販売員としてアパレルメーカーで働く公子さんでしたが、販売側から服の制作をする裏方に回ってみたくなり、生地の染色を行う会社に転職します。

「スタイリストは無理だったけど、どうしても服は嫌いになれなかった。もう一度チャレンジしてみようと思ったんです。転職先は最初から正社員として採用してくれたので両親とも反対はしませんでした。でも、販売員と違って父親から見たらまたよくわからない仕事、認めにくい仕事だったとは思います」

「30歳までに家を出て行くこと」両親から言われていた約束。一人暮らしを相談なく決めた時も反対はされなかった

その会社の始業時間は朝の8時。最初は実家から通っていたものの、就業時間の早さと通勤時間も1時間以上かかったことで一人暮らしを決意します。当時公子さんは20代後半。両親とはある約束をしていたこともあり、家を出ることに反対はされなかったと言います。

「仕事を始めた時に、『30歳までに一人暮らしか結婚で家を出なさい』と言われていたんです。これは私だけではなく、姉も同じことを言われていました。なので、ちょうど良かったのかもしれません。親には一切相談せずにひとりで家を決めて、賃貸契約の保証人のところに記入をしてもらうタイミングで一人暮らしのことを伝えた感じでした。でも、父親は何の反対もせずに、勝手に決めていたことを怒ることもなく保証人になってくれました」

染色の仕事は楽しかったものの、体力仕事で時間拘束も多く、働いて4年ほどで体調を崩して休職を余儀なくされます。

「体調を崩して休職していた間は実家に戻っていました。休職期間は3か月ほどだったのに、その間に一人暮らしの家を引き払って家具のほとんどを処分してしまったんです。今振り返るとおかしいですよね。その時期は自分の判断力が異常だった。両親から『そんなに辛いなら辞めてもいい』と言われていたのに、休職を選び3か月後には再びたくさんのお金をかけて、一人暮らしを開始するんですから。当時は自分が辞めたら会社が回らなくなるとさえ思っていました。色んなものを無理矢理にでも背負おうとしていたんです」

福祉関係の男性と出会い、真面目そうな姿に惹かれ結婚。しかし借金問題で結婚生活はすぐに破綻してしまい……

復職したものの1年経たずに再度体調を崩し、退職を決意。体力だけでなくメンタル面も疲弊していたこともあり、地域活動支援センターにてカウンセリングを受けていたそう。そこである男性と出会い、結婚することになります。

「彼は地域包括支援センターで働いていた職員の人で、通ううちにほだされてしまって。彼とは1年半ほど付き合って結婚しました。彼は真面目そうで人当たりも良くて私の家族とも仲良くやってくれていました。特に父は彼と同じく福祉関係の仕事をしていたので話もあったようでした」

しかし結婚生活が2年ほど過ぎた頃に相手の独身時代から続く借金が発覚。すぐに相手の家族と公子さんの家族を交えて話し合いの機会が持たれ、一度は修復に進んだそう。しかし借金を繰り返したことで夫婦仲は破綻してしまいます。

「借金は付き合っている頃からあったのにまったく気づかなくて……。独身時代の借金数百万は相手の母親が立て替えてくれました。そしてもう二度としないとその場で彼は誓ってくれたんです。でも彼はすぐに裏切った……。新たな借金をギャンブルで作ってきたんです。依存でした。再度借金問題が発覚したら離婚だと親を交えた話し合いで決まっていたのに、離婚ってやっぱりそんな簡単には進んでいってはくれなくて……。お金のこととかさまざまな問題が出てくるんですよね。

そんな不安定な気持ちを救ってくれたのは父親でした。父は過去に司法試験を目指したことがあって法律にも詳しく、さらに福祉の仕事もしていたのでギャンブル依存などの症状も熟知していて。知識でも救ってくれました。あの時に頼れる存在がいたことは本当に心強かったです」

公子さんは父親の助言もあり、無事離婚が成立。結婚時代はパート勤務しかしていなかったこともあり、再度実家に戻って現在も実家で生活を続けているそう。2度目の実家出戻り、そして再婚について聞いたところ、「両親は以前よりも少し干渉するようになったのか、私が両親の干渉を忘れてしまっているだけなのか、距離感はまだ少し掴めない状況です。再婚については今すぐって気持ちにはなれないですが、二度と結婚したくないとも思っていません。次の相手は父親みたいな人が理想です。父親のような真面目な人を見つけられたらなって思います」と公子さんは笑顔で語ります。

取材・文/ふじのあやこ
情報誌・スポーツ誌の出版社2社を経て、フリーのライター・編集者・ウェブデザイナーとなる。趣味はスポーツ観戦で、野球、アイスホッケー観戦などで全国を行脚している。

  1. 【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

    【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

  2. 【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

    【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

  3. 【娘のきもち】一緒に暮らすことを強制する権利は誰にもない。家族バラバラで生活する距離感が私たち家族には合っていた~その2~

    【娘のきもち】一緒に暮らすことを強制する権利は誰にもない。家族バラバラで生活する距離感が私たち家族には合っていた~その2~

  4. 【娘のきもち】仕事人間の父は家に居ないことが普通。転職により早めに帰宅するようになった時、接し方がわからなくなっていた~その1~

    【娘のきもち】仕事人間の父は家に居ないことが普通。転職により早めに帰宅するようになった時、接し方がわからなくなっていた~その1~

  5. 【娘のきもち】「病気になったのは、事故だと思え」病気を患い、両親に申し訳なく思う気持ちを父親は救ってくれた~その2~

    【娘のきもち】「病気になったのは、事故だと思え」病気を患い、両親に申し訳なく思う気持ちを父親は救ってくれた~その2~

  6. 【娘のきもち】一家の大黒柱・父親の言うことは絶対。期待に応えるため、2人の妹を持つ姉として頑張るしかなかった~その1~

    【娘のきもち】一家の大黒柱・父親の言うことは絶対。期待に応えるため、2人の妹を持つ姉として頑張るしかなかった~その1~

  7. 【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

    【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

  8. 【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

    【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

  9. 【娘のきもち】海外で好き勝手働く娘に対しても認め続けてくれた両親。ガンが見つかったことで人生にある目標ができた~その2~

    【娘のきもち】海外で好き勝手働く娘に対しても認め続けてくれた両親。乳がんが見つかったことで人生にある目標ができた~その2~

  10. 【娘のきもち】男女関係なく「ここ(田舎)に残っていても仕事はない。外に出て行け」という教育方針を持っていた父。好きなことを自由にさせてくれた~その1~

    【娘のきもち】「ここ(田舎)にいても仕事はない。外に出て行け」という教育方針を持っていた父。好きなことを自由にさせてくれた~その1~

  11. 【娘のきもち】父親のガン、そして再発。父親の分まで母親を支えたいと思った~その2~

    【娘のきもち】父親のガン、そして再発。父親の分まで母親を支えたいと思った~その2~

  12. 【娘のきもち】父の単身赴任で家族は離れて暮らすことに。女3人の中、自分がしっかりしなくてはという自覚が芽生えた~その1~

    【娘のきもち】父の単身赴任で家族は離れて暮らすことに。女3人の中、自分がしっかりしなくてはという自覚が芽生えた~その1~

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~ 【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった…
  2. 【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~ 【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限…
  3. 【娘のきもち】一緒に暮らすことを強制する権利は誰にもない。家族バラバラで生活する距離感が私たち家族には合っていた~その2~ 【娘のきもち】一緒に暮らすことを強制する権利は誰にもない。家族バ…
  4. 【娘のきもち】仕事人間の父は家に居ないことが普通。転職により早めに帰宅するようになった時、接し方がわからなくなっていた~その1~ 【娘のきもち】仕事人間の父は家に居ないことが普通。転職により早め…
  5. 【娘のきもち】「病気になったのは、事故だと思え」病気を患い、両親に申し訳なく思う気持ちを父親は救ってくれた~その2~ 【娘のきもち】「病気になったのは、事故だと思え」病気を患い、両親…
PAGE TOP