新着記事

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの鮮魚卸「ふじわら」

医学部受験合格者1,031人に聞きました! 勉強法から精神面、身体面まで受験直前対策を一挙紹介!!

勉強法から精神面まで、医学部受験合格者に聞いた「受験直前対策」 

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その2~

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その1~

金ヶ崎城全景 現在は周囲が埋め立てられているが往時は海に突き出た岬だった。

信長・秀吉・家康・光秀 四武将そろい踏みの「金ヶ崎の退き口」。舞台となった金ヶ崎城に秘められた歴史があった

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

病気もなく、美しい形状の収穫直前の洗馬のぶどう。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その2~

「自分なりの栽培法をみつけるまではチャレンジの連続でした」と語る。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その1~

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

Google カレンダーがちょっと便利になる使い方【スマホ基本のき 第12回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

我が闘病|角盈男「前立腺がんを克服して、今思うこと」

取材・文/田中周治

58歳の時に前立腺がんが発覚した角盈男さんに、闘病生活を振り返ってもらった。

【前回はコチラ

闘病生活において、病気と闘うという意識はなかった

がんとどう向き合い克服したか。ただ、角さんは闘病生活において、病気と闘うという意識はなかったという。

「正直、がんと闘っている感覚はなかったですね。とにかく、自覚症状が全くありませんでしたから。検査前と治療後で体調が変わったわけでもない。痛みがあって、それが治ったわけでもない。重粒子線治療の際に、ホルモン抑制をしたので、急に体が熱くなるホットフラッシュの症状がたまに出たり、その期間中は女性に興味が無くなったりしましたが、変化と言えばせいぜいその程度のことでした。画像を見せられて、『ここをこう治療しました』と説明を受けても『そうなんだ』と納得するしかない。そういう状況だったわけですからね。それに現役時代もケガをした際にはその痛みと闘おうとは思っていませんでした」

毎日のようにマウンドに立たなければならないプロ野球のリリーフ投手は、そのほとんどが体のどこかに大なり小なりの痛みを抱えながら選手生活を送っている。角さんが先輩選手から教わったのは、その痛みと友達になるという感覚だった。

「痛みと闘って無理に抑え込もうとすれば、向こうもムキになって、もっと激しい痛みで反撃してくる。だったら、多少痛くても登板しなければいけないんだから、その痛みと仲良くなった方がいいよ、と教わったんです。明日は休めるだろうから、今日だけは静かにしておいてくれよ。今日だけは無理させてくれ。そういう感情を持っていましたね。さすがに、がん細胞に対して友達という感覚は持てなかったけれど、それでも、この治療法で治ってくれ、素直に放射線で焼かれろよ、という気持ちでいましたね」

前立腺がんの治療は、投薬期間を含め数か月に及んだ。この闘病生活を経て訪れた、最も大きな心境の変化は、「時間を大切にする」意識が芽生えたことだという。

「その瞬間、瞬間をエンジョイしたい。元からそういうタイプでしたけれど、より強く思うようになりましたね。健康だと思っていたところ、突然、がんだと宣告された。その時、『人間は明日どうなるかわからない』と実感したわけです。だったら、生きている今を精一杯、楽しもうと……。ただ、だからといって、何か特別なことにトライしようというわけではありません。日常の生活の中で過ごす時間をどれだけ楽しめるか。命のあるこの一瞬を大切にしたいと考えるようになりました」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 今年のノーベル賞「低酸素応答」乳癌の検査や治療への応用は? 今年のノーベル賞「低酸素応答」|乳癌の検査や治療への応用は?
  2. がんに打ち克つ秘訣は、信頼のおける「正しい情報」の把握だった|『「このがん治療でいいのか?」と悩んでいる人のための本』 手術を避け代替医療を選択すると死亡率は2.8倍!?|「このがん治…
  3. がんは他人事ではない。予防のための6つの本音|『がん外科医の本音』 がんを予防するための6つの方法|がん外科医の本音
  4. 生活のリズムが乳癌発症に影響する? スマートフォンの光も要注意? 不規則な生活が乳がんの発症に影響する!?| サーカディアンリズム…
  5. AIは乳がんの見逃しを防げる? これからの乳がん画像診断の未来 AIは乳がんの見逃しを防げる?| 乳がん画像診断の未来
PAGE TOP