新着記事

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

我が闘病|角盈男「前立腺がんを克服して、今思うこと」

取材・文/田中周治

58歳の時に前立腺がんが発覚した角盈男さんに、闘病生活を振り返ってもらった。

【前回はコチラ

闘病生活において、病気と闘うという意識はなかった

がんとどう向き合い克服したか。ただ、角さんは闘病生活において、病気と闘うという意識はなかったという。

「正直、がんと闘っている感覚はなかったですね。とにかく、自覚症状が全くありませんでしたから。検査前と治療後で体調が変わったわけでもない。痛みがあって、それが治ったわけでもない。重粒子線治療の際に、ホルモン抑制をしたので、急に体が熱くなるホットフラッシュの症状がたまに出たり、その期間中は女性に興味が無くなったりしましたが、変化と言えばせいぜいその程度のことでした。画像を見せられて、『ここをこう治療しました』と説明を受けても『そうなんだ』と納得するしかない。そういう状況だったわけですからね。それに現役時代もケガをした際にはその痛みと闘おうとは思っていませんでした」

毎日のようにマウンドに立たなければならないプロ野球のリリーフ投手は、そのほとんどが体のどこかに大なり小なりの痛みを抱えながら選手生活を送っている。角さんが先輩選手から教わったのは、その痛みと友達になるという感覚だった。

「痛みと闘って無理に抑え込もうとすれば、向こうもムキになって、もっと激しい痛みで反撃してくる。だったら、多少痛くても登板しなければいけないんだから、その痛みと仲良くなった方がいいよ、と教わったんです。明日は休めるだろうから、今日だけは静かにしておいてくれよ。今日だけは無理させてくれ。そういう感情を持っていましたね。さすがに、がん細胞に対して友達という感覚は持てなかったけれど、それでも、この治療法で治ってくれ、素直に放射線で焼かれろよ、という気持ちでいましたね」

前立腺がんの治療は、投薬期間を含め数か月に及んだ。この闘病生活を経て訪れた、最も大きな心境の変化は、「時間を大切にする」意識が芽生えたことだという。

「その瞬間、瞬間をエンジョイしたい。元からそういうタイプでしたけれど、より強く思うようになりましたね。健康だと思っていたところ、突然、がんだと宣告された。その時、『人間は明日どうなるかわからない』と実感したわけです。だったら、生きている今を精一杯、楽しもうと……。ただ、だからといって、何か特別なことにトライしようというわけではありません。日常の生活の中で過ごす時間をどれだけ楽しめるか。命のあるこの一瞬を大切にしたいと考えるようになりました」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. がんは他人事ではない。予防のための6つの本音|『がん外科医の本音』 がんを予防するための6つの方法|がん外科医の本音
  2. 生活のリズムが乳癌発症に影響する? スマートフォンの光も要注意? 不規則な生活が乳がんの発症に影響する!?| サーカディアンリズム…
  3. AIは乳がんの見逃しを防げる? これからの乳がん画像診断の未来 AIは乳がんの見逃しを防げる?| 乳がん画像診断の未来
  4. がん克服に必要な「体力」と「免疫力」のつけ方は?|『がんが治る人 治らない人』 がん克服に必要な「体力」と「免疫力」のつけ方|『がんが治る人 治…
  5. 自分の身は自分で守る!|乳がん検診はどれを選ぶべき? 自分の身は自分で守る!|「乳がん検診」はどれを選ぶべき?
PAGE TOP