新着記事

尾戸焼の酒器セット|酒を愛する土佐人たちの宴を盛り上げる伝統の酒器

アクセサリーソケットを活用

車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

この秋話題の「国宝」展を貸切観賞!特別な京都ツアー《国宝 新幹線 ツアー》

この秋話題の京都国立博物館での特別展覧会「国宝」展を、貸切でゆったりじっくりと楽しめる「貸切内覧会」付きの特別な京都ツアーをご紹介します。

国宝「燕子花図屏風」(右隻) 尾形光琳筆 江戸時代 18世紀 東京・根津美術館蔵(「国宝」展では11月14日(火)~11月26日(日)に展示)

『サライ』本誌10月号の特集でも詳しく紹介している、京都国立博物館の「国宝」展。今回は885件の美術工芸品の国宝のうち、200件以上の国宝が展示されるという、まさに奇跡の展覧会ですが、その魅力を存分に堪能できるプラチナ・ツアーが発売されました。AコースとBコース、魅力的な2つのツアーです。

■プラチナAコース《国宝 新幹線 ツアー》

まず、プラチナAコースは、東京発の新幹線を貸切りにして、さらに、「国宝」展も貸切りで鑑賞できるというツアーです。

11月19日(日)9時頃に東京を発ち、11月20日(月)18時~20時に内覧会という予定。Ⅰ期~Ⅳ期の4期に分けて展示される「国宝」展のなかで、ツアー催行時はⅣ期にあたり、通期展示の国宝以外に、縄文土器の典型ともいえる新潟県笹山遺跡から出土した「深鉢形土器」(火焔型土器No.6)や、江戸時代に革新的な空間表現を実現させた円山応挙筆の「雪松図屏風」など、約90件以上の国宝が、じっくり鑑賞できます。

往路の新幹線車内では、「国宝応援団」の美術評論家・山下裕二さんと、俳優・井浦新さんのおふたりが、国宝誕生の話や見所について熱く語り合う対談の様子が、車内アナウンスされる予定です。国宝をこよなく愛するおふたりの解説で予習してから「国宝」展を鑑賞すると、これまで知らなかった新たな国宝の魅力がきっと見つかるはずです。

また車内では、小学館刊行の「週刊ニッポンの国宝100」創刊号と携帯用「トラベルケース」のプレゼントもあります。さらに100名限定で山下裕二さん・井浦新さんによるサイン本(おふたりの共著『日本美術応援団』小学館刊)のお渡し会(※書籍代別途)に参加できます。

小学館刊『週刊ニッポンの国宝100』創刊号(左)と、その付録のオリジナル「トラベルケース」(右)

■プラチナBコース《貸切内覧会ツアー》

こちらのツアーは、「国宝」展を貸し切り内覧できる現地ツアーです。通常は開館していない夜間に、国宝の美とゆったり向き合えます。

催行されるのは11月6日(月)と11月20日(月)の2日間(ともに18時~20時内覧会予定)です。

11月6日(月)はⅢ期、11月20日(月)はⅣ期の展示となります。Ⅲ期、Ⅳ期は、日本肖像画の最高傑作と言われている「伝源頼朝像」と、「伝平重盛像」「伝藤原光能像」の神護寺三像が展覧会では23年ぶりに揃うのを始め、Ⅳ期ではさらに琳派芸術の最高峰である尾形光琳筆の「燕子花図屏風」も100年ぶりに里帰りが実現する、大変希少な機会となります。

国宝「伝源頼朝像」  鎌倉時代 13世紀  京都・神護寺蔵(「国宝」展では10月31日(火)~11月26日(日)展示)

最後に、「国宝応援団」のおふたりからのメッセージをご紹介します。

『伝源頼朝像』は掛軸なので、小品と思われがちですが、実際は等身大ほどもある作品。美術鑑賞で実物を観ることの大切さはこうした作品固有のスケール感を確認できるところです。作品を目の前に、この実在感をぜひ体感してください。また、顔貌表現だけでなく、近年の修理で明らかになった、装束の細かい唐草文様の美にもご注目ください。――山下裕二さん(美術評論家)。『週刊ニッポンの国宝100』の監修も務める。

 

私が日本美術にのめり込むきっかけとなったのが、多才な江戸絵画に触れたことでした。そのなかで円山応挙の代表作『雪松図屏風』を実見したとき、松が抱く雪は紙の地の白色をそのまま生かして効果的に表現されていると知って驚愕しました。「国宝」展では、作品自体と、「白地」を守ってきた人たちの思いの凄さも感じ取ってください。――井浦  新さん(俳優)。最新主演映画『光』が11月25日公開。

人気殺到、行列必至の京都国立博物館「国宝」展。せっかく見に行くなら、このような特別なツアーを利用して、ゆったりじっくりと展示を観賞したいものですね。

※ ツアーの詳細は下記サイトをご覧ください。
「そうだ 京都、行こう」特設サイト
↓↓↓
http://souda-kyoto.jp/other/kokuhou_sp.html

提供/JR東海

※さらに「国宝」展入場券プレゼントのお知らせがあります!
【プレゼントのお知らせ 】
「国宝」展入場券2枚1組のチケットを抽選で50名様にプレゼントします。ハガキに①住所、②氏名、③年齢、④「国宝」展への期待を一言、をお書きの上、

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-18千石屋ビル3F
国宝展入場券プレゼント事務局

までご応募ください。締切は9月末日必着です。また発送をもって発表にかえさせて頂きます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP