サライ.jp

取材・文/坂口鈴香

クッキーさんによる写真ACからの写真

ファイナンシャルプランナーとして、終活に力を入れて活動をしている日高了さん(仮名・54)は、がんだった父親の手術を拒否して在宅で看取り、その後認知症になった母親をサ高住に入れ、最期は病院で看取った。姉兄弟で協力しつつ、そのとき最善の方法を探っていたが、結果的には二人をまったく別の形で見送ることになった。今でもそれが両親にとってよいことだったのか自問している。というのも、父親の弟と2人の妹が独身で、介護問題は継続中だからだ。

叔父、叔母は尊敬できた両親とは対照的に、きつい性格で反発してきた。しかし、父親が亡くなって数年経ったころ、体調の悪い叔父から「病院へ連れていってほしい」と連絡が来た。日高さんは、叔父の財産を「何もしていないのにもらっちゃった」と相続するわけにはいかないと考え、叔父の世話をすることにした。

【3】はこちら

意欲がなくなっていった叔父

叔父からは、退院後「もう来なくていい」とお役御免を言い渡されていた。ところが、今度は叔母から連絡が来た。

「『叔父が倒れた』と。入院することになったが、どうしたらいいかと言うんです」

叔父は、内臓疾患で再び入院することになった。しばらくすると退院することになったが、自宅で暮らせる状態ではなかったため、日高さんが別の病院を探して、転院させた。

「ここもしばらくすると退院を迫られたので、老人保健施設(老健)に移ることにしました。ここには1年くらいいたのですが、特別室しか空いてなかったので、月に40万円もかかりました。それで今度は有料老人ホームに移りました。老健よりは安かったのですが、それでも毎月30万円。叔父はお金はたっぷり持っているので問題ないんですが、有料老人ホームってこんなものなのかという感じでした。スタッフは悪くはないんですが、本人の意欲がどんどん落ちていくんです。家から行きやすかったので、毎週面会にも行きましたが、一歩も外に出ようとしないし、ほかの入居者と交流しようともしませんでした」

この間、兄姉は一切叔父とかかわろうとしなかった。昔から強圧的だった叔父を拒絶したままだったという。

【「何かあったら医療を尽くしてほしい」次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア