新着記事

【子どもの自宅待機】子どものYouTube利用は7割・2人に1人が1日2時間未満の利用

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

今話題の“高級食パン”、 最も食べている都道府県は?|食パンの気になるあれこれを調査

“高級食パン”食べたことある人は5割以上⁉ 食パンの気になるあれこれ

もしお孫さんが「もの」ばかり要求するとしたら、心が満たされていないからです。【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

子どもの心は日々の食事で満たされる【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

新型コロナウイルスで外出自粛、巣ごもり消費で増えたもの、減ったもの

【ビジネスの極意】優秀な若手社員はなぜ退職するのか?

【ビジネスの極意】優秀な若手社員はなぜ退職するのか?

時代を超えて大きな説得力を持つ言葉の数々|『倉本聰の言葉 ドラマの中の名言』

時代を超えて大きな説得力を持つ「倉本聰の言葉 ドラマの中の名言」

【ASD(自閉症スペクトラム)と子育て実態調査】ASD理解ギャップ編|ASDに対する認知・理解の実態とそのギャップについて

その特性が正しく理解されていない「ASD(自閉症スペクトラム)」と子育ての実態

大人女子の半数が「イボに悩んだ」経験あり! 30歳以上の女性が選んだ対処法と理想の対策

(1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

BMW/Z4|トヨタとの技術提携で開発。人工知能技術も活用したロードスター【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家) 

走行性能に優れた車づくりに定評のあるドイツBMW。同社の新型Z4はトヨタとの共同開発とあって注目が集まっている。AI(人工知能)を活用した機能を備えるスポーツカーの魅力を探る。

低重心設計で走行性能を高めた中型スポーツカー。Z4としては3代目にあたる。先代より車体がわずかに大型化した。

2011年、BMWとトヨタはリチウムイオン電池の研究で技術提携した。来るべきEV(電気自動車)時代に備えるために、電池の開発を共同で行なおうとした。

その翌年、2社の関係は一層深くなり、電動化や軽量化技術に関しても共同研究開発項目に追加された。さらに驚いたのは、そこにスポーツカーが加わったことだ。

BMWとトヨタがスポーツカーを共同開発する。このニュースに自動車愛好家たちは大いに沸いた。いったいどのようなスポーツカーが発売されるのか──。

実際にスポーツカー・プロジェクトが動きはじめるまでには、さらに1年以上の月日を要した。世界有数の自動車メーカーといえども、スポーツカーは販売台数を稼げる車種ではない。莫大な開発費用をかけてひとつの車をつくり上げたら、何年も生産しなければ商売にはならない。今の時代、長期間、売れ続ける商品力を持つ車はそう多くはないのだ。

低重心化と軽量化を図る

過飾を排したシンプルな車体後部のデザイン。前輪後方から荷室の扉にかけて切れ上がる車体側面のラインが躍動感を演出する。

過飾を排したシンプルな車体後部のデザイン。前輪後方から荷室の扉にかけて切れ上がる車体側面のラインが躍動感を演出する。

スポーツカーの共同開発は、トヨタが企画を担当。BMWがエンジンと車台の設計および生産を受け持つことになった。そしてBMWは定員2名のオープンカー「Z4」の最新型として、この車をあてることにした。

一方、トヨタはふたり乗りのスポーツクーペとし、BMW製の直列6気筒エンジンを搭載。車名は「スープラ」を復活させることにした。技術提携しているが、車両の開発は両社別々で行なわれた。

今回紹介するZ4は、走行性能を向上させるため低重心化を重視。開閉する屋根は金属や樹脂ではなく、幌を採用し軽量化にも努めた。

全長は4335mmだがホイールベースは2470mmと短く、軽自動車のスズキ・アルトよりわずかに10mm長いだけ。座席が前輪と後輪の中間よりもやや後輪寄りに備わるのはスポーツカーの基本形。

全長は4335mmだがホイールベースは2470mmと短く、軽自動車のスズキ・アルトよりわずかに10mm長いだけ。座席が前輪と後輪の中間よりもやや後輪寄りに備わるのはスポーツカーの基本形。

幌はスイッチ操作による自動開閉が可能で、時速50km以下であれば走行中でも約10秒で開閉できる。車体は先代よりもわずかに大きくなったこともあり、幌をトランクに格納した状態でも、旅行鞄など中サイズの荷物なら収納には困らない空間も確保されている。

ヘッドレストの真後ろに仕切り板を設置。これによって幌を開けた状態でもドア窓を閉じておけば、室内への風の巻き込みを防いでくれる。

ヘッドレストの真後ろに仕切り板を設置。これによって幌を開けた状態でもドア窓を閉じておけば、室内への風の巻き込みを防いでくれる。

座席のヘッドレスト真後ろに転倒時などに搭乗者を守るロールバーを備える。電動開閉式の幌は折りたたまれて黒い部分に自動格納される。

座席のヘッドレスト真後ろに転倒時などに搭乗者を守るロールバーを備える。電動開閉式の幌は折りたたまれて黒い部分に自動格納される。

先代より100L広くなった容量280Lのトランク。幌を収納しても上下350mmの高さを確保し、実用性も高い。

先代より100L広くなった容量280Lのトランク。幌を収納しても上下350mmの高さを確保し、実用性も高い。

車両重量は1570kgと軽く、車体の前後輪の重量比はほぼ50対50。直列6気筒3Lエンジンは、ターボの力を借りて340馬力を発揮する。理想的な前後の重量バランスと高性能なエンジン。この組み合わせは軽快な走りを満喫できるスポーツカーとして申し分なく、アクセルペダルやハンドル操作に心が躍る。

340馬力を発揮する直列6気筒の3Lガソリンエンジン。他に4気筒の2Lガソリンエンジンを搭載す るモデルも用意する。

340馬力を発揮する直列6気筒の3Lガソリンエンジン。他に4気筒の2Lガソリンエンジンを搭載するモデルも用意する。

最新の快適・便利装備も同社の高級車並みに充実している。そのひとつが、AI(人工知能)を活用した音声認識機能だ。これによって、情報取得や室温調節などを声(音声入力)で操作できるようになった。例えばナビゲーション機能は液晶画面に触れることなく、目的地設定などを簡単に行なえる。

アルミ材を効果的に使い、上質で洗練された雰囲気を醸す運転席回り。中央の計器盤は運転者が操作しやすいよう運転席側に向けられている。

アルミ材を効果的に使い、上質で洗練された雰囲気を醸す運転席回り。中央の計器盤は運転者が操作しやすいよう運転席側に向けられている。

デジタル表示の計器盤。右のエンジン回転計の針を反時計回りにしたことで、計器盤中央のナビ画面を大きく表示できるようにした。

デジタル表示の計器盤。右のエンジン回転計の針を反時計回りにしたことで、計器盤中央のナビ画面を大きく表示できるようにした。

車と一体となって走る歓びを味わう。思いのままに操る醍醐味に、“車との意思の疎通”という新たな機能を加えたZ4は、新世代のスポーツカーといえる。

【BMW/Z4 M40i】

全長× 全幅× 全高:4335×1865×1305mm
ホイールベース:2470mm
車両重量:1570kg
エンジン:直列6気筒DOHCターボ/2997cc
最高出力:340PS/5000rpm
最大トルク:51.0㎏-m/1600~4500rpm
駆動方式:後輪駆動

燃料消費率:12.2km/L(WLTCモード)
使用燃料:無鉛ハイオク 52L
ミッション形式:8速自動変速機
サスペンション:前/ストラット 後/マルチリンク
ブレーキ形式:前・後::ベンチレーテッドディスク
乗車定員:2名
車両価格:835万円(消費税込み)
問い合わせ:カスタマー・インタラクション・センター 電話:120・269・437

文/石川真禧照(自動車生活探険家)
撮影/佐藤靖彦

※この記事は『サライ』本誌2019年9月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 先代を踏襲しながら、車輪周囲のふくらみなど、抑揚を増した外観デザイン。目を細めた猫のような極薄のヘッドライトが特徴的。 ランドローバー/レンジローバー イヴォーク|都市と田園を共に愛す…
  2. 1966年に初代が発表されてから12代目になる最新型。幅が広くなり、3ナンバー車に。ハイブリッド車とガソリン車を選べる。 トヨタ/カローラ|ドイツのセダンと互角に戦える世界一まじめな車【…
  3. 2018年秋から日本での予約販売を開始したアルピーヌ/A110。車体前部の丸みを帯びたボンネット形状が印象的だ。 アルピーヌ/A110|23年ぶりに復活したアルプス山脈の名を冠し…
  4. 【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは? 車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身
  5. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。 “イキモノ”としてクルマを捉えると見えてくる〜マツダのデザイン哲…
PAGE TOP