新着記事

ほたるいかと菜の花のアーリオオーリオ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】プリプリ&旨味凝縮! 春の味覚ほたるいかを使ったレシピ2品

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)牡羊座~蟹座編

新型コロナウイルスが4月新入社員研修に与える影

講義型研修はオンライン化進む|新型コロナウイルスで「新入社員研修」どうなる?

信長と帰蝶の関係からも目が離せない。

織田信秀死す! まだ10代の信長・帰蝶夫妻に降りかかる尾張の国難【麒麟がくる 満喫リポート】

【働き手のお財布事情】20代~40代の2割が貯金なし、3割が毎月の貯金をしていない!

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。この事件を担当した裁判官は、閉廷後にその母を呼び止めて……。(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。(前編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(前編)

犬の散歩は犬のためだけに行うのではない。人の健康にも大きな効果。

犬は最高のパーソナルトレーナー。犬の散歩は人の健康寿命を延ばす

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

ポルシェ 718 ボクスター|あの「911」の壁を打破する車種がついに登場【石川真禧照の名車を利く】

1996年に初代が登場したボクスターの最新型「718ボクスター」。新型といっても車体形状は初代から大きく変わってはいない。

文・石川真禧照(自動車生活探険家)

ポルシェといえば、車愛好家なら「911」という車体後部にエンジンを配したスポーツカーを思い浮かべるだろう。近年はSUV(スポーツ志向の多目的車)のカイエンやマカン、セダン系のパナメーラという車種も話題である。

とはいえ1948年の創業以来、半世紀以上も同社の屋台骨として存在しているのは911である。

長い歴史の中で、ポルシェの経営陣は911に次ぐスポーツカーを育てようと何度も試みている。しかし、どれも成功とは言い難いものだった。というのも、911の評判が高すぎて、911の性能を超える車種をつくることを顧客たちは許さなかったのである。

1996年、ポルシェは「ボクスター」という、エンジンを車体の中央付近に置いた(ミッドシップと呼ぶ)、ふたり乗りのオープンカーを発表した。ボクスターは、ミッドシップならではの安定感や優れた操作性が高く評価された。だが、それでも911を超える性能を与えることはなかった。

時代の流れは変化し、911が最良と信じて疑わなかった人たちが、ミッドシップ車の性能の素晴らしさに気づき始めた。その気運を感じ取ったポルシェはついに、ボクスターに911を超える性能を与えることにしたのである。

■新たな歴史を築くボクスター

そうして昨年秋に登場したのが新型ボクスターだ。車名に「718」という数字を冠し、718ボクスターと命名された。911は車両の開発番号だが、718は’60年代前後に大活躍した競技車の名称である。競技に勝つことで名声を得てきたポルシェの、この車にかける期待度の高さが窺える。

真横から見ると、車高が低く低重心の設計であることがわかる。エンジンは座席と後輪車軸の間に搭載されている。ゆえに、ドアの後方にエンジンを冷却するための空気の取り込み口がある。

新型ボクスターの水平対向4気筒ターボエンジンは排気量が2.5lと2.0lの2種類あり、手動変速機か自動変速機を好みに合わせて組み合わせることができる。

運転席回りのデザインは余計な装飾を排したシンプルな設計。内装色や素材、ハンドルの仕様や各種の装備など、多彩なオプションを用意する。

スポーツ仕様の上質な座席は体をしっかり支えてくれる。着座位置は低いが左右のフェンダーの峰が見えるので、車体感覚をつかみやすい。

同車は純粋なスポーツカーだが、実用性は意外と高い。例えば荷物置き場。室内は座席後方のわずかな空間だけだが、車体前部に約150lの荷物収納があり、車体後部にも約125lℓの荷室を備える。競技に参加できそうなスポーツカーであっても実用性を考慮する、これがドイツ車の考え方だ。

車体前部に設けられた荷室。左右幅約63cm、奥行き約46cm、深さ約40~6cm。旅行鞄ならふたり分は楽に入る。開口部が低く、使い勝手はいい。

車体後部の荷室。奥行きは約48㎝だが左右幅は約85~120cmある。深さは約23~28cm。エンジンに近いので、熱は侵入する。

運転席に座り、アクセルペダルを踏み込めば、ミッドシップ車ならではの、路面に吸いつくような安定した走行性ときびきびとした操作性を存分に味わえる。

今回試乗したのは、2.5lで最高出力350馬力という強力なエンジンを搭載する「ボクスターS」だが、2ℓのボクスターでも最高出力300馬力を発揮する。個人的には、2l手動変速という組み合わせが好みだ。

耐久性に優れた幌を閉じた状態。約10秒で自動開閉する。時速50㎞以下であれば、走行中でも幌を開閉できるので、急な降雨でも安心だ。

時速80kmを超えると自動で立ち上がる、車体の姿勢を安定させる役目を果たすスポイラー。スイッチ操作でも作動させられる。

何より驚かされるのは、その価格設定である。基本車種であれば600万円台で世界水準のスポーツカーに乗れるのである。興味のある方は、一度ハンドルを握ってみることをお勧めしたい。

オープンカーはドア窓を全開にすると車体造形の美しさが際立つ。ミッドシップのエンジンは外からは見ることができない。

【ポルシェ/718 ボクスター S】
■全長×全幅×全高:4379×1801×1280mm
■ホイールベース:2475mm
■車両重量:1410kg
■エンジン/排気量:水平対向4気筒DOHCターボ/249cc
■最高出力:350PS/6500rpm
■最大トルク:42.9kg-m/1900~4500rpm
■駆動方式:後輪駆動
■燃料消費率:13.3km/l(JC08モード)
■使用燃料:無鉛プレミアム/64l
■ミッション形式:7速自動変速機(PDK)
■サスペンション:前:ストラット式 後:ストラット式
■ブレーキ形式:前:ベンチレーテッドディスク 後:ベンチレーテッドディスク
■乗車定員 :2名
■車両本体価格:904万4000円
■問い合わせ:電話 0120・846・911(ポルシェカスタマーケアセンター )

文・石川真禧照(自動車生活探険家)

※この記事は『サライ』本誌2017年5月号の「名車を利く」欄からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 先代を踏襲しながら、車輪周囲のふくらみなど、抑揚を増した外観デザイン。目を細めた猫のような極薄のヘッドライトが特徴的。 ランドローバー/レンジローバー イヴォーク|都市と田園を共に愛す…
  2. 1966年に初代が発表されてから12代目になる最新型。幅が広くなり、3ナンバー車に。ハイブリッド車とガソリン車を選べる。 トヨタ/カローラ|ドイツのセダンと互角に戦える世界一まじめな車【…
  3. 2018年秋から日本での予約販売を開始したアルピーヌ/A110。車体前部の丸みを帯びたボンネット形状が印象的だ。 アルピーヌ/A110|23年ぶりに復活したアルプス山脈の名を冠し…
  4. 【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは? 車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身
  5. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。 “イキモノ”としてクルマを捉えると見えてくる〜マツダのデザイン哲…
PAGE TOP