サライ.jp

1996年に初代が登場したボクスターの最新型「718ボクスター」。新型といっても車体形状は初代から大きく変わってはいない。

文・石川真禧照(自動車生活探険家)

ポルシェといえば、車愛好家なら「911」という車体後部にエンジンを配したスポーツカーを思い浮かべるだろう。近年はSUV(スポーツ志向の多目的車)のカイエンやマカン、セダン系のパナメーラという車種も話題である。

とはいえ1948年の創業以来、半世紀以上も同社の屋台骨として存在しているのは911である。

長い歴史の中で、ポルシェの経営陣は911に次ぐスポーツカーを育てようと何度も試みている。しかし、どれも成功とは言い難いものだった。というのも、911の評判が高すぎて、911の性能を超える車種をつくることを顧客たちは許さなかったのである。

1996年、ポルシェは「ボクスター」という、エンジンを車体の中央付近に置いた(ミッドシップと呼ぶ)、ふたり乗りのオープンカーを発表した。ボクスターは、ミッドシップならではの安定感や優れた操作性が高く評価された。だが、それでも911を超える性能を与えることはなかった。

時代の流れは変化し、911が最良と信じて疑わなかった人たちが、ミッドシップ車の性能の素晴らしさに気づき始めた。その気運を感じ取ったポルシェはついに、ボクスターに911を超える性能を与えることにしたのである。

■新たな歴史を築くボクスター

そうして昨年秋に登場したのが新型ボクスターだ。車名に「718」という数字を冠し、718ボクスターと命名された。911は車両の開発番号だが、718は’60年代前後に大活躍した競技車の名称である。競技に勝つことで名声を得てきたポルシェの、この車にかける期待度の高さが窺える。

真横から見ると、車高が低く低重心の設計であることがわかる。エンジンは座席と後輪車軸の間に搭載されている。ゆえに、ドアの後方にエンジンを冷却するための空気の取り込み口がある。

新型ボクスターの水平対向4気筒ターボエンジンは排気量が2.5lと2.0lの2種類あり、手動変速機か自動変速機を好みに合わせて組み合わせることができる。

運転席回りのデザインは余計な装飾を排したシンプルな設計。内装色や素材、ハンドルの仕様や各種の装備など、多彩なオプションを用意する。

スポーツ仕様の上質な座席は体をしっかり支えてくれる。着座位置は低いが左右のフェンダーの峰が見えるので、車体感覚をつかみやすい。

同車は純粋なスポーツカーだが、実用性は意外と高い。例えば荷物置き場。室内は座席後方のわずかな空間だけだが、車体前部に約150lの荷物収納があり、車体後部にも約125lℓの荷室を備える。競技に参加できそうなスポーツカーであっても実用性を考慮する、これがドイツ車の考え方だ。

車体前部に設けられた荷室。左右幅約63cm、奥行き約46cm、深さ約40~6cm。旅行鞄ならふたり分は楽に入る。開口部が低く、使い勝手はいい。

車体後部の荷室。奥行きは約48㎝だが左右幅は約85~120cmある。深さは約23~28cm。エンジンに近いので、熱は侵入する。

運転席に座り、アクセルペダルを踏み込めば、ミッドシップ車ならではの、路面に吸いつくような安定した走行性ときびきびとした操作性を存分に味わえる。

今回試乗したのは、2.5lで最高出力350馬力という強力なエンジンを搭載する「ボクスターS」だが、2ℓのボクスターでも最高出力300馬力を発揮する。個人的には、2l手動変速という組み合わせが好みだ。

耐久性に優れた幌を閉じた状態。約10秒で自動開閉する。時速50㎞以下であれば、走行中でも幌を開閉できるので、急な降雨でも安心だ。

時速80kmを超えると自動で立ち上がる、車体の姿勢を安定させる役目を果たすスポイラー。スイッチ操作でも作動させられる。

何より驚かされるのは、その価格設定である。基本車種であれば600万円台で世界水準のスポーツカーに乗れるのである。興味のある方は、一度ハンドルを握ってみることをお勧めしたい。

オープンカーはドア窓を全開にすると車体造形の美しさが際立つ。ミッドシップのエンジンは外からは見ることができない。

【ポルシェ/718 ボクスター S】
■全長×全幅×全高:4379×1801×1280mm
■ホイールベース:2475mm
■車両重量:1410kg
■エンジン/排気量:水平対向4気筒DOHCターボ/249cc
■最高出力:350PS/6500rpm
■最大トルク:42.9kg-m/1900~4500rpm
■駆動方式:後輪駆動
■燃料消費率:13.3km/l(JC08モード)
■使用燃料:無鉛プレミアム/64l
■ミッション形式:7速自動変速機(PDK)
■サスペンション:前:ストラット式 後:ストラット式
■ブレーキ形式:前:ベンチレーテッドディスク 後:ベンチレーテッドディスク
■乗車定員 :2名
■車両本体価格:904万4000円
■問い合わせ:電話 0120・846・911(ポルシェカスタマーケアセンター )

文・石川真禧照(自動車生活探険家)

※この記事は『サライ』本誌2017年5月号の「名車を利く」欄からの転載です。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア