新着記事

現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由【JAZZ絶対名曲コレクションvol.2】

文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

全国の「社長さん」に聞きました! 正直、モテますよね?

一度でいいからモテモテの気分を味わってみたい!? 社会的身分の高い社長は果たしてモテるのか?…

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

逸品

世界の音楽機器が一堂に会する「インターナショナルオーディオショウ 」で美音探訪(その2~海外編)

B001

東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催された「2015年インターナショナルオーディオショウ」の国内編に続いてお届けする海外編。マランツ、マッキントシュ、JBL、タンノイ、アルテック、B&Wと海外製品に憧れた人は多いだろう。かつては雲の上の存在だったブランドに触れ、音が聴けるのはインターナショナルオーディオショウならではの醍醐味。オーディオ専門店でもなかなかお目にかかれない最先端のハイエンド機種も目の保養のために見ておきたい。

 

■B&W
今回、最も注目を集めていたのがB&W(http://www.bowers-wilkins.jp)のブースである。なぜなら、ハイエンドの800Series Diamondがフルモデルチェンジを果たし、D3モデルとなって初登場するからだ。発売時期・価格ともに未定だが、小型2Wayの『805D3』、3Wayダブルウーハーのトールボーイ『804D3』、B&W史上最もヘッドがコンパクトな『803D3』、そしてハイエンドの『802D3』の4機種がフルモデルチェンジした。802と803に採用されたのが、タービンヘッドと呼ばれる無垢アルミ材のエンクロージャーである。スコーカーはケブラーに替わってコンティニュムコーンFSTと呼ばれる素材が使われ、ウーハーにはエアロフォイルコーンが採用された。

『805D3』は音に厚みがあり過度に粒立ち感を強調しない音。低域はバスレフっぽい音の出方だった。『804D3』はローエンドまで伸びきった感じで、800Series Diamondの良さが実感できた。『803D3』は低域のエネルギー感がさらに増えた感じで、ややドンシャリっぽい。『802D3』はS/N感が良く、解像度も高くて、さすがハイエンドモデルと思わせてくれた。YAMAHAの方向性とは違いエンクロージャーを高剛性で響かせないことで精緻な音場を再現するスピーカーだ。フロントバッフルの面積を限りなく減らしていくデザインもそのポリシーの表れといえる。
B002

試聴が楽しめる講演会は整理券を配るほどの盛況ぶりで、これはその合間に800シリーズ全モデルを聴かせてくれる特別イベント。左の従来型タービンヘッド8.6kgと右の新型アルミ製タービンヘッド17kgの違いを説明中。
B003

このようにツイーターとスコーカー、ウーハーは完全に独立したエンクロージャーに収められている。背面のアルミ板にはネットワークが固定されている。
B004

 

ページ:

1

2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナロ…
  2. 一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のア…
  3. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  4. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  5. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
PAGE TOP