新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

本格的なハイレゾが楽しめるDENONの高級機が復活! プリメインアンプ編

D005
プリメインアンプ『PMA-SX11』

デノンが12年ぶりにハイクラスモデルSXシリーズのプリメインアンプと、スーパーオーディオCDプレーヤーを発売します。ハイエンドに位置するSX1シリーズのシンプル&ストレートを継承して、繊細な音を再現する分解能の高さと、スケール感を表現できるダイナミズムを両立させる音質を目指して開発されました。

プリメインアンプ『PMA-SX11』の最大の特徴は、増幅素子に「UHC-MOS-FET」を使っていることです。繊細で力強い音を出すという目標をかかげた『デノン』は、歪みが少なく大出力が取り出せる素子として「UHC-MOS-FET」を選びました。一般的なMOS-FETを35個使って増幅する出力を「UHC-MOS-FET」なら、たった1個で増幅できるのです。つまりパラレルプッシュプルでなくシングルプッシュプル回路が使えます。

多くの素子の出力を合わせるパラレルプッシュプルは、素子のバラツキにより音が歪みやすいのですが、シングルプッシュプルなら繊細な音をそのまま増幅できます。もともとオーディオ用ではなかった「UHC-MOS-FET」を採用するためには、さまざまな苦労があり、『デノン』以外で、この素子を使ったアンプは見当たりません。

『PMA-SX11』には最新世代の「UHC-MOS-FET」を採用して、定格電流を従来の2倍の30Aから60Aに、瞬時供給電流を120Aから240Aに増やしています。またヒートシンクを大型のアルミ押し出し材にして放熱性を高め、電源回路に余裕を持たせて120W/8Ω、240W/4Ωの大出力を実現。能率の低いスピーカーも大音量で鳴らすことができます。

不要な振動やノイズの元になる電源トランスはアルミ鋳物のケースに入れて特殊樹脂を充填、さらに電磁シールドによってノイズの漏れを防いでいます。

シャーシは6ブロック構造として重いトランスは脚の近くに配置、電源部はフローティングしたサブシャーシに載せています。アナログプレーヤーと接続するため、MC/MM型に対応で専用電源を持つCR型フォノイコライザーも搭載しました。

ボリュームはアナログ式でモーターライズにより、リモコン操作ができます。『DCD-SX11』と接続するためバランス入力にも対応しています。

センターに電源部が見えます。真ん中の円筒がトランスで、その上が電解コンデンサーとなります。左右対称のヒートシンクに「UHC-MOS-FET」が取り付けられています。右側の独立した基板がフォノイコライザーです。

D006

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のア…
  2. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  3. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  4. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
  5. かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧の…
PAGE TOP