新着記事

アルプスの古都「インスブルック」夏に長期滞在したくなる理由とは?

文/印南敦史もうすぐ、ジメジメとした日本の暑い夏がやってくる。最高気温が更新されるた…

認知症の早期発見に有効!脳ドックの画像検査でわかること【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや検診と言えば、胃がんや大腸がん検診、肺がん検診が代表的ですが、…

巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映

文/編集部黒澤明、溝口健二とならぶ、世界に誇る日本映画の巨匠・小津安二郎(おづ・やす…

愛宕街道・古道に佇む「平野屋」で京都の“旬”を味わう【京都、初夏の新緑散歩】

取材・文/末原美裕「お伊勢七たび、熊野へ三たび、愛宕さんへは月詣り」江戸時代…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」郷土色溢れるお雑煮は、伝えていきたい究極の和食(コウケンテツの料理コラム 最終回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

【閲覧注意】カレー好きもカレー嫌いになるイヤな妄想画像10コ【イシグロ妄想研究所 vol.4】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)「カレーはどうもニガテで食べられない……」とい…

知られざる履きやすい下駄!東京浅草・高久の八ツ割下駄【メイドインニッポン紀行】

取材・文/編集部東京・浅草は新仲見世通りに店を構える高久は、創業80年の江戸小物・雑…

ヘルニア患者の長引く腰痛、原因は「トリガーポイント」だった【川口陽海の腰痛事件簿 第1回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【名門校の青春食堂 第6回】早稲田中学校高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

文/中村康宏「お金」と「健康」といえば、サライ世代の多くの人が気にかけている問題では…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

本格的なハイレゾが楽しめるDENONの高級機が復活! プリメインアンプ編

D005
プリメインアンプ『PMA-SX11』

デノンが12年ぶりにハイクラスモデルSXシリーズのプリメインアンプと、スーパーオーディオCDプレーヤーを発売します。ハイエンドに位置するSX1シリーズのシンプル&ストレートを継承して、繊細な音を再現する分解能の高さと、スケール感を表現できるダイナミズムを両立させる音質を目指して開発されました。

プリメインアンプ『PMA-SX11』の最大の特徴は、増幅素子に「UHC-MOS-FET」を使っていることです。繊細で力強い音を出すという目標をかかげた『デノン』は、歪みが少なく大出力が取り出せる素子として「UHC-MOS-FET」を選びました。一般的なMOS-FETを35個使って増幅する出力を「UHC-MOS-FET」なら、たった1個で増幅できるのです。つまりパラレルプッシュプルでなくシングルプッシュプル回路が使えます。

多くの素子の出力を合わせるパラレルプッシュプルは、素子のバラツキにより音が歪みやすいのですが、シングルプッシュプルなら繊細な音をそのまま増幅できます。もともとオーディオ用ではなかった「UHC-MOS-FET」を採用するためには、さまざまな苦労があり、『デノン』以外で、この素子を使ったアンプは見当たりません。

『PMA-SX11』には最新世代の「UHC-MOS-FET」を採用して、定格電流を従来の2倍の30Aから60Aに、瞬時供給電流を120Aから240Aに増やしています。またヒートシンクを大型のアルミ押し出し材にして放熱性を高め、電源回路に余裕を持たせて120W/8Ω、240W/4Ωの大出力を実現。能率の低いスピーカーも大音量で鳴らすことができます。

不要な振動やノイズの元になる電源トランスはアルミ鋳物のケースに入れて特殊樹脂を充填、さらに電磁シールドによってノイズの漏れを防いでいます。

シャーシは6ブロック構造として重いトランスは脚の近くに配置、電源部はフローティングしたサブシャーシに載せています。アナログプレーヤーと接続するため、MC/MM型に対応で専用電源を持つCR型フォノイコライザーも搭載しました。

ボリュームはアナログ式でモーターライズにより、リモコン操作ができます。『DCD-SX11』と接続するためバランス入力にも対応しています。

センターに電源部が見えます。真ん中の円筒がトランスで、その上が電解コンデンサーとなります。左右対称のヒートシンクに「UHC-MOS-FET」が取り付けられています。右側の独立した基板がフォノイコライザーです。

D006

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  2. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
  3. かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧の…
  4. レコードの内袋とは「下着」みたいなものである【オーディオ小僧のア…
  5. 貧乏性なオーディオ小僧の「カートリッジ交換」始末記【オーディオ小…
PAGE TOP