新着記事

アルプスの古都「インスブルック」夏に長期滞在したくなる理由とは?

文/印南敦史もうすぐ、ジメジメとした日本の暑い夏がやってくる。最高気温が更新されるた…

認知症の早期発見に有効!脳ドックの画像検査でわかること【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや検診と言えば、胃がんや大腸がん検診、肺がん検診が代表的ですが、…

巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映

文/編集部黒澤明、溝口健二とならぶ、世界に誇る日本映画の巨匠・小津安二郎(おづ・やす…

愛宕街道・古道に佇む「平野屋」で京都の“旬”を味わう【京都、初夏の新緑散歩】

取材・文/末原美裕「お伊勢七たび、熊野へ三たび、愛宕さんへは月詣り」江戸時代…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」郷土色溢れるお雑煮は、伝えていきたい究極の和食(コウケンテツの料理コラム 最終回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

【閲覧注意】カレー好きもカレー嫌いになるイヤな妄想画像10コ【イシグロ妄想研究所 vol.4】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)「カレーはどうもニガテで食べられない……」とい…

知られざる履きやすい下駄!東京浅草・高久の八ツ割下駄【メイドインニッポン紀行】

取材・文/編集部東京・浅草は新仲見世通りに店を構える高久は、創業80年の江戸小物・雑…

ヘルニア患者の長引く腰痛、原因は「トリガーポイント」だった【川口陽海の腰痛事件簿 第1回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【名門校の青春食堂 第6回】早稲田中学校高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

文/中村康宏「お金」と「健康」といえば、サライ世代の多くの人が気にかけている問題では…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

世界の音楽機器が一堂に会する「インターナショナルオーディオショウ 」で美音探訪(その1~国内編)

A001

東京国際フォーラムにて「2015年 東京インターナショナルオーディオショウ」が開催された。内外から180を超えるブランドが大集合する年に一度のオーディオの大イベントである。そこで出会ったのは長年憧れてきた老舗ブランドから、海外最先端のハイエンドまで。ハイレゾ全盛期の中、真空管やアナログレコードにこだわった製品も多数出展されていたのが印象的だった。

 

■YAMAHA
ヤマハが1974年に発売した傑作モニタースピーカーが『NS-1000M』である。30cmウーハーを採用した3Wayスピーカーで、中高域用ユニットにベリリウム振動板を使ったのが特徴だ。その後、23年間も販売されるロングセラーモデルとなった。その復活は誰しも予想していなかったが、次世代モデル『NS-5000』(http://jp.yamaha.com/products/audio-visual/special/ns-5000/)として、2016年7月に発売されることが突然告知されたのだ。

価格はペア150万円(税別)と気合いが入っており、振動板はベリリウムに匹敵する音速を誇る「ザイロン」と呼ばれる化学繊維をベースに、ヤマハオリジナルの蒸着コーティングがほどこされているという。また、中高域ユニットにはB&Wなどが採用してポピューラーになったバックチャンバーを装着して不要な共振を打ち消している。65Lのキャビネットは北海道産白樺の積層合板を使い、6面すべてにヤマハグランドピアノと同じ塗料と下地材、研磨工程によるピアノフィニッシュをほどこしている。

今回、始めてその音が聴けるということで試聴ブースは連日満員。B&Wと1、2を争う人気ブースだった。50分という長丁場の試聴体験で様々な音楽が楽しめた。『NS-1000M』は密閉型でかなり低音を出すのが難しかったが、『NS-5000』はバスレフ型になったため、量感ある低音が部屋に満ちていた。音場追求型ではなく、楽器の弦の響きやボーカルのニュアンスを大切している印象を受けた。ワイドレンジでクセのない素直な音は、音楽のジャンルを問わずに楽しめそうだ。

ヤマハの試聴ブースはかなり広かったが、『NS-5000』はそれに負けずに量感のある低音を再現。ドライブしているのは同社のプリメインアンプだった。
A002

『NS-5000』のカットモデルも展示された。ツイーターとスコーカー(ミッドレンジスピーカー)に複雑な形状のバックチャンバーが取り付けられている。ウーハーの横に見えるのは定在波を打ち消すための新開発共鳴管で狙った周波数だけを効果的に打ち消せる。これによりキャビネット内の吸音材を最低限に抑えている。
A003

 

ページ:

1

2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  2. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
  3. かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧の…
  4. レコードの内袋とは「下着」みたいなものである【オーディオ小僧のア…
  5. 貧乏性なオーディオ小僧の「カートリッジ交換」始末記【オーディオ小…
PAGE TOP