新着記事

現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由【JAZZ絶対名曲コレクションvol.2】

文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

全国の「社長さん」に聞きました! 正直、モテますよね?

一度でいいからモテモテの気分を味わってみたい!? 社会的身分の高い社長は果たしてモテるのか?…

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

逸品

世界の音楽機器が一堂に会する「インターナショナルオーディオショウ 」で美音探訪(その1~国内編)

A001

東京国際フォーラムにて「2015年 東京インターナショナルオーディオショウ」が開催された。内外から180を超えるブランドが大集合する年に一度のオーディオの大イベントである。そこで出会ったのは長年憧れてきた老舗ブランドから、海外最先端のハイエンドまで。ハイレゾ全盛期の中、真空管やアナログレコードにこだわった製品も多数出展されていたのが印象的だった。

 

■YAMAHA
ヤマハが1974年に発売した傑作モニタースピーカーが『NS-1000M』である。30cmウーハーを採用した3Wayスピーカーで、中高域用ユニットにベリリウム振動板を使ったのが特徴だ。その後、23年間も販売されるロングセラーモデルとなった。その復活は誰しも予想していなかったが、次世代モデル『NS-5000』(http://jp.yamaha.com/products/audio-visual/special/ns-5000/)として、2016年7月に発売されることが突然告知されたのだ。

価格はペア150万円(税別)と気合いが入っており、振動板はベリリウムに匹敵する音速を誇る「ザイロン」と呼ばれる化学繊維をベースに、ヤマハオリジナルの蒸着コーティングがほどこされているという。また、中高域ユニットにはB&Wなどが採用してポピューラーになったバックチャンバーを装着して不要な共振を打ち消している。65Lのキャビネットは北海道産白樺の積層合板を使い、6面すべてにヤマハグランドピアノと同じ塗料と下地材、研磨工程によるピアノフィニッシュをほどこしている。

今回、始めてその音が聴けるということで試聴ブースは連日満員。B&Wと1、2を争う人気ブースだった。50分という長丁場の試聴体験で様々な音楽が楽しめた。『NS-1000M』は密閉型でかなり低音を出すのが難しかったが、『NS-5000』はバスレフ型になったため、量感ある低音が部屋に満ちていた。音場追求型ではなく、楽器の弦の響きやボーカルのニュアンスを大切している印象を受けた。ワイドレンジでクセのない素直な音は、音楽のジャンルを問わずに楽しめそうだ。

ヤマハの試聴ブースはかなり広かったが、『NS-5000』はそれに負けずに量感のある低音を再現。ドライブしているのは同社のプリメインアンプだった。
A002

『NS-5000』のカットモデルも展示された。ツイーターとスコーカー(ミッドレンジスピーカー)に複雑な形状のバックチャンバーが取り付けられている。ウーハーの横に見えるのは定在波を打ち消すための新開発共鳴管で狙った周波数だけを効果的に打ち消せる。これによりキャビネット内の吸音材を最低限に抑えている。
A003

 

ページ:

1

2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナロ…
  2. 一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のア…
  3. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  4. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  5. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
PAGE TOP