新着記事

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」郷土色溢れるお雑煮は、伝えていきたい究極の和食(コウケンテツの料理コラム 最終回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

【閲覧注意】カレー好きもカレー嫌いになるイヤな妄想画像10コ【イシグロ妄想研究所 vol.4】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)「カレーはどうもニガテで食べられない……」とい…

知られざる履きやすい下駄!東京浅草・高久の八ツ割下駄【メイドインニッポン紀行】

取材・文/編集部東京・浅草は新仲見世通りに店を構える高久は、創業80年の江戸小物・雑…

ヘルニア患者の長引く腰痛、原因は「トリガーポイント」だった【川口陽海の腰痛事件簿 第1回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【名門校の青春食堂 第6回】早稲田中学校高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

文/中村康宏「お金」と「健康」といえば、サライ世代の多くの人が気にかけている問題では…

【夕刊サライ/角田光代】エジプト:悠久の街と、私のなかの悠久(角田光代の旅行コラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

長崎・小値賀の2つの教会【長崎の潜伏キリシタン関連遺産を旅する 第2回】旧野首教会/小値賀教会

写真・文/石津祐介キリスト教が禁教とされた時代、頑なに信仰を貫いた潜伏キリシタン。その信仰の…

袖裾ゴム式作務衣|軽快な着心地で動きやすい夏の作務衣

これからの季節は、庭仕事など屋外での作業が増えてくる。そんなときの“作業着”のひとつとして、…

谷崎潤一郎がまとっていた絢爛豪華な長襦袢【文士の逸品No.21】

◎No.21:谷崎潤一郎の長襦袢文/矢島裕紀彦長襦袢と呼ぶには、余りにも絢爛…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

音と絵の時空を超えた邂逅!サライ編集長が思わず「ジャケ買い」した一枚のレコード

ブーレーズ北斎

文・写真/小坂真吾(サライ編集長)

3月号の『サライ』では「猫」とともに「レコード」を特集しています。それに合わせて、今回はLPレコードの「ジャケット」の魅力についてお伝えしたく思います。

12年前、私がサライの一編集部員だったころに、初めてレコードの特集を担当しました(2005年第3号)。レコードがいまほど見直されていなかった時代です。当時の私も、アナログディスクなど過去の遺物と思っていたのですが、取材するうちにレコードの魅力に取り憑かれ、いまや500枚以上のレコードがリビングに。カートリッジやアンプ、スピーカーにもずいぶん投資しました。

ピエール・ブーレーズとニュー・フィルハーモニア管による『ブーレーズ・コンダクツ・ドビュッシー~海、牧神の午後への前奏曲、遊戯』(1966年録音)は、とくに「ジャケット」が気に入っている1枚です。米国コロンビア盤ですが、ジャケットにあしらわれているのは我らが北斎の『冨嶽三十六景~神奈川沖浪裏』です。この浮世絵は、英語圏では「The Great Wave(大浪)」の名で通っています。

ドビュッシーはめったに聴かない私ですが、このレコードは中古店で見つけて即「ジャケ買い」。値段はたしか900円台でした。

このジャケットのデザイナーは、『海』(ラ・メール)という曲に、北斎の「大浪」を思いつきであてがったわけではないでしょう。

ドビュッシーの部屋にはこの「大浪」が掛けてあり、交響詩『海』の初版楽譜の表紙にも、北斎の「大浪」が掲載されていたそうです(辻惟雄『奇想の図譜』ちくま学芸文庫より)。確証はありませんが、ドビュッシーが『海』を作るにあたって、極東の天才の「奇想」に大いに刺激された可能性は、かなり高いといえますね。米国コロンビア社のデザイナーは、そうした事実を踏まえて、北斎の「大浪」を使ったのだと思います。

このレコードをかけるとき、私はジャケットを手に持って(印刷はキレイとは言いがたく、牛乳パック並みに版ズレしてますが)、北斎の大浪を眺めながら曲を聴きます。フランスのドビュッシーと日本の北斎が、時空を超えて出会う瞬間を楽しむのです。

私の持っているレコードはオリジナルではなく「再発」で、盤自体も薄く、音に力がありません。おそらく、最新のCDのほうが音は良いでしょう。しかし、ソニーミュージックから発売されている現行CDのジャケットは、12センチ四方の小さなスペースをさらに4分割して、北斎のこの絵を、色を変えて4枚載せたものになっています。

ドビュッシーの曲想からすると、海の色が刻一刻と変わって行くイメージはよくわかるのですが、いかんせん、絵が小さすぎると思うのは、私だけでしょうか。

LP盤の、30センチ四方のジャケットでなければ表現できないものがある。それもレコードの魅力のひとつです。

文・写真/小坂眞吾(サライ編集長)

『サライ』3月号は「猫」と「レコード」の大特集号です。

IMG_8377

>>次のページでは小坂編集長のオーディオセットを大公開!

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. カニサレス《洞窟の神話》ギターの華麗さとセクシーさの極限を聴く【…
  2. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  3. アンデルシェフスキのモーツァルト:ピアノ協奏曲集|10年ぶり待望…
  4. プレスラーのドビュッシー|現役最長老94歳ピアニストの奇跡的名演…
  5. モレーノ=トローバのギター作品集|知られざる作曲家の美しきギター…
PAGE TOP