新着記事

現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由【JAZZ絶対名曲コレクションvol.2】

文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

全国の「社長さん」に聞きました! 正直、モテますよね?

一度でいいからモテモテの気分を味わってみたい!? 社会的身分の高い社長は果たしてモテるのか?…

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

音と絵の時空を超えた邂逅!サライ編集長が思わず「ジャケ買い」した一枚のレコード

ブーレーズ北斎

文・写真/小坂真吾(サライ編集長)

3月号の『サライ』では「猫」とともに「レコード」を特集しています。それに合わせて、今回はLPレコードの「ジャケット」の魅力についてお伝えしたく思います。

12年前、私がサライの一編集部員だったころに、初めてレコードの特集を担当しました(2005年第3号)。レコードがいまほど見直されていなかった時代です。当時の私も、アナログディスクなど過去の遺物と思っていたのですが、取材するうちにレコードの魅力に取り憑かれ、いまや500枚以上のレコードがリビングに。カートリッジやアンプ、スピーカーにもずいぶん投資しました。

ピエール・ブーレーズとニュー・フィルハーモニア管による『ブーレーズ・コンダクツ・ドビュッシー~海、牧神の午後への前奏曲、遊戯』(1966年録音)は、とくに「ジャケット」が気に入っている1枚です。米国コロンビア盤ですが、ジャケットにあしらわれているのは我らが北斎の『冨嶽三十六景~神奈川沖浪裏』です。この浮世絵は、英語圏では「The Great Wave(大浪)」の名で通っています。

ドビュッシーはめったに聴かない私ですが、このレコードは中古店で見つけて即「ジャケ買い」。値段はたしか900円台でした。

このジャケットのデザイナーは、『海』(ラ・メール)という曲に、北斎の「大浪」を思いつきであてがったわけではないでしょう。

ドビュッシーの部屋にはこの「大浪」が掛けてあり、交響詩『海』の初版楽譜の表紙にも、北斎の「大浪」が掲載されていたそうです(辻惟雄『奇想の図譜』ちくま学芸文庫より)。確証はありませんが、ドビュッシーが『海』を作るにあたって、極東の天才の「奇想」に大いに刺激された可能性は、かなり高いといえますね。米国コロンビア社のデザイナーは、そうした事実を踏まえて、北斎の「大浪」を使ったのだと思います。

このレコードをかけるとき、私はジャケットを手に持って(印刷はキレイとは言いがたく、牛乳パック並みに版ズレしてますが)、北斎の大浪を眺めながら曲を聴きます。フランスのドビュッシーと日本の北斎が、時空を超えて出会う瞬間を楽しむのです。

私の持っているレコードはオリジナルではなく「再発」で、盤自体も薄く、音に力がありません。おそらく、最新のCDのほうが音は良いでしょう。しかし、ソニーミュージックから発売されている現行CDのジャケットは、12センチ四方の小さなスペースをさらに4分割して、北斎のこの絵を、色を変えて4枚載せたものになっています。

ドビュッシーの曲想からすると、海の色が刻一刻と変わって行くイメージはよくわかるのですが、いかんせん、絵が小さすぎると思うのは、私だけでしょうか。

LP盤の、30センチ四方のジャケットでなければ表現できないものがある。それもレコードの魅力のひとつです。

文・写真/小坂眞吾(サライ編集長)

『サライ』3月号は「猫」と「レコード」の大特集号です。

IMG_8377

>>次のページでは小坂編集長のオーディオセットを大公開!

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ネルソンスのショスタコ4番&11番|丹念で緊密な合奏が描く2つの…
  2. ギターのクールで美しい響きを楽しめるマダガスカルの音楽【林田直樹…
  3. 現代と違う作曲当時の響きを実感できるラヴェル管弦楽集【林田直樹の…
  4. 大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田…
  5. ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナロ…
PAGE TOP