新着記事

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

築350年の茅葺き民家に住まう!重要文化財「鈴木家住宅」で暮らす家族の思い

「鈴木家住宅」は、秋田県や新潟県などの日本海側に分布する中門造りの代表的な民家。手前に突き出た部分には厩などがある。

「鈴木家住宅」は、秋田県や新潟県などの日本海側に分布する中門造りの代表的な民家。手前に突き出た部分には厩などがある。

文・写真/山内貴範

田舎暮らしブームのなかで、茅葺き民家の生活に憧れる人が老若男女を問わず増えています。今回は、実際に古い家で生活する人を取材してみました。しかも、とびきり古い家です。

秋田県羽後町、飯沢地区にある「鈴木家住宅」は、江戸時代初期に建てられた築350年の歴史を持つ茅葺き民家。東北地方でも有数の民家とされ、主屋と土蔵、さらには土地までもが重要文化財に指定されています。

迎えてくれた鈴木家の第46代当主・鈴木杢之助重廣さんは、先祖が源義経の家来とされる武士・鈴木三郎重家と伝わる家柄。江戸時代には庄屋を務め、長男が代々“杢之助”を名乗るのが決まりだそうです。そんな鈴木さんに、家のなかを案内していただきました。

囲炉裏の前で家の歴史を語る、第46代当主・鈴木杢之助重廣さん。

囲炉裏の前で家の歴史を語る、第46代当主・鈴木杢之助重廣さん。

「最初にお断りしておきますが、我が家は“古民家”ではありません」

いったいどういうことでしょう? 筆者の質問に、鈴木さんはこう答えます。

「私たち家族が、現役で生活している家だからです。資料館になったりして、人が住まなくなった家なら古民家と呼んでいいかもしれませんが」

なるほど、納得です。家のなかに入ると、子どもたちがおもちゃを持って駆けまわり、元気な声が響いてきます。その光景は、一般的な家と変わりありません。

家の中心である囲炉裏では毎日、薪が燃やされています。ここは家族が囲む団欒の場。料理にも使えますし、暖を取ることもできます。そして、立ち上る煙は屋根の茅を乾燥させ、長持ちさせるといいます。茅葺き民家は、昔の日本人の知恵の結晶であり、非常に合理的にできていることがわかります。

見上げると、天井がありません。鈴木さん曰く、重要文化財に指定される前は天井が張られていたそうですが、復元に際し、元の姿に戻すために取り除かれてしまったそうです。

天井がなく、梁と屋根裏がよく見える。中央に見えるのは仏壇。梁に張られた名前の板は、行事などで親族が集まった際に座る位置を示したもの。

天井がなく、梁と屋根裏がよく見える。中央に見えるのは仏壇。梁に張られた名前の板は、行事などで親族が集まった際に座る位置を示したもの。

昭和48年に重要文化財に指定される直前、鈴木さんのお父さんと文化財調査の職員との間で、ひと悶着がありました。今でこそ、文化財の積極的な活用が叫ばれていますが、当時は「寄るな、触るな、あっちにいけ」といった保護の仕方でした。

「職員からは、隣に新しい家を建てる費用を出すと言われたそうですが、父は頑なにこの家に住むと主張したそうです」

お父さんの意思を受け継ぎ、鈴木さんは今もこの家で生活しています。とはいえ、現代の暮らしにおいて、不便を感じることもあるのでは?

「大変なのは、寒さです。秋田県でも屈指の豪雪地帯ですから、冬の朝になると氷点下10℃以下になることもあります。けれども、囲炉裏で火を炊けばあたたかくなりますし、何より夏は風が通り抜けて快適そのもの。クーラーが要りません」

秋になるとカメムシなど、虫もたくさん発生します。しかし、鈴木さんはまったく気にしない様子。

「虫を気にしていては、生活できませんよ。かつての日本人は、虫と普通に共存していたものです。最近は虫を怖がる人も増えましたが、我が家の子どもたちは特に気にしませんね」

鈴木家の背後には大正4年に増築された土蔵があり、こちらも重要文化財。柱、梁、床に漆が塗られた贅を尽くした空間である。

鈴木家の背後には大正4年に増築された土蔵があり、こちらも重要文化財。柱、梁、床に漆が塗られた贅を尽くした空間である。

土蔵の2階には巨大な梁が見られ、上質な材を惜しげもなく用いている。

土蔵の2階には巨大な梁が見られ、上質な材を惜しげもなく用いている。

重厚なレンガや石の壁で外と内が仕切られている西洋の家と違い、日本の家は自然を内部に取り込み、季節を感じられるものでした。最近の家は虫が入ってきませんし、年間を通して理想的な温度に保たれています。そのぶん、日本の文化を形作ってきた四季を感じることが、難しくなりました。ここ鈴木家では、生活のなかで四季を感じ取っていた、昔の日本人の暮らしを追体験できるのです。

「鈴木家住宅」は建築学的にも貴重な存在で、それゆえ重要文化財として守られています。しかし、何よりもここで生活が営まれ、いつも家族の笑い声が響いていることに、最大の価値があるのではないでしょうか。

文・写真/山内貴範
ライター。「サライ」では旅行、建築、鉄道、仏像などの取材を担当。切手、古銭、機械式腕時計などの収集家でもある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 藤田記念庭園|東北有数の広壮なる庭園付き大邸宅【古き佳き日本の住…
  2. 佐原の街並み|江戸の情緒が残る利根川沿いの水郷の町【日本の古い街…
  3. 旧遠山家住宅|日興証券の創立者が最愛の母を思って建てた農家風の大…
  4. 市島邸|明治初期の風を残す北越屈指の豪農の邸宅【古き佳き日本の住…
  5. 山本亭(東京・柴又)|優雅な庭園のある和洋折衷の家【古き佳き日本…
PAGE TOP