新着記事

常滑焼黒土九十九急須|99個の茶漉し穴で、香り高いお茶を抽出できる

理想のデート

7割以上の女性が理想のデート未経験|オトナ女子の理想のデートとは?

荀彧~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6】

荀彧(じゅんいく)~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6】

画面ロックしないと起こる危険なこと【スマホ基本のき 第5回】

アルパカミニマフラー|ベビーアルパカの原毛を使用したマフラー。抜群の暖かさ

いまや常識「単数形のthey」をさらに正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

いまや常識「単数形のthey」をより正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

全国のドライバー「2019年あおり運転実態調査」

制限速度で走る、車線変更をした…「あおり運転」をされた理不尽なきっかけ

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

加重ブランケット『スラウン』|ほどよい圧力で包み込み、快眠に誘う“重たい毛布”

カクシゴトが引き金になる●●離婚とは…|離婚の原因いろいろ

「熟年離婚」「成田離婚」「マザコン離婚」|離婚の原因あれこれ

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

マツダ/マツダ3 セダン|社名を冠した新生「アクセラ」。成熟した日本のセダン、ここにあり【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家) 

流行りの形ではない。しかし正統にして基本の形「セダン」こそ、本当の意味で使い勝手のよい車ではないだろうか。マツダのセダンに乗ると、車の原点に立ち返ることの大切さを思わずにいられない。

マツダは今年、車名を全面的に変更。世界共通の車名にした。「マツダ3(スリー)」は小型車名。

マツダは今年、車名を全面的に変更。世界共通の車名にした。「マツダ3(スリー)」は小型車名。

車を購入するときに、どのようなことを重視しているだろうか。

評判、形、燃費、車両価格、税金、販売店のことも気になる。だが、売れている、燃費がいいと聞いて購入を決めたけれど、実際に乗ってみると使い勝手がいまひとつ……という声も耳にする。

SUV(多目的スポーツ車)や5ドア・ハッチバック式の車を選ぶ人は多いが、使い勝手は本当によいのだろうか。こうした車には、乗降用のドアのほかに、車体後部に荷物などの出し入れ用の大型ドアがある。荷室の高さも高く、大きな荷物を積む機会の多い人には便利だろう。しかし、そのような機会は実はそう多くない。逆に使い勝手が悪い点もある。後部の大型ドアを開けると、夏は室内の冷気、冬は暖かい室温が一気に放出されてしまい、室内が外気温と同じになってしまうのである。

真横からの形状。エンジン部、乗員室、荷室のバランスが美しい。タイヤが大きく見えるのも特徴だ。車の形状の美しさを強調したマツダの新展開は、2014年発表のSUV「CX-5」からはじまった。

真横からの形状。エンジン部、乗員室、荷室のバランスが美しい。タイヤが大きく見えるのも特徴だ。車の形状の美しさを強調したマツダの新展開は、2014年発表のSUV「CX-5」からはじまった。

セダンを見直す

マツダの「マツダ3(スリー)」は小型車「アクセラ」の進化形だ。名前と性能を一新した新型車である。マツダ3には、後部に大型ドアを持つ5ドア仕様「ファストバック」と、荷室と乗員室が独立した4ドアの「セダン」がある。その双方に試乗した結果、セダンの使い勝手のよさを再認識させられた。

ちなみに最近新型を発売したトヨタ/カローラは、セダンと5ドア・ハッチバックのほかに、ステーションワゴンも用意されている。しかしステーションワゴンを自家用車として選ぶ人の多くは、おそらく形のよさで選択しているのではないか。だとすれば、もはや“趣味の車形”といえるだろう。

ではなぜ、4ドアのセダンこそ、使い勝手がよい車だといえるのか。

現代的に生まれ変わった使い勝手のよい正統派セダン

長めのボンネット、短めの後部荷室は、セダンというよりスポーツカー。荷室開口部の前後の長さは短いが、内部は想像以上に広い。

長めのボンネット、短めの後部荷室は、セダンというよりスポーツカー。荷室開口部の前後の長さは短いが、内部は想像以上に広い。

4ドアセダンのよさとは、まず、安全性である。後部の荷室(トランクルーム)部分が独立した箱になっているので、追突されたときクッションになり、衝撃の吸収性能が高い。

ヘッドレストと背もたれが一体となった座席。左右の脇腹もしっかりと支える。座席の表皮は、黒色の本革、布のほかに白色の本革も選べる。

ヘッドレストと背もたれが一体となった座席。左右の脇腹もしっかりと支える。座席の表皮は、黒色の本革、布のほかに白色の本革も選べる。

後席の着座位置はやや高め。身長170cm以上だと天井が近く感じられるかもしれない。床中央の凸部が大きいため、左右2名乗車が快適。

後席の着座位置はやや高め。身長170cm以上だと天井が近く感じられるかもしれない。床中央の凸部が大きいため、左右2名乗車が快適。

運転席。前輪を避けるためペダルがやや左寄りにある車も多いが、マツダ3は前輪を前に移動し、足を自然に伸ばした位置にアクセルを配置。

運転席。前輪を避けるためペダルがやや左寄りにある車も多いが、マツダ3は前輪を前に移動し、足を自然に伸ばした位置にアクセルを配置。

そして、収納性能。マツダ3は、荷室の奥行き、左右幅、高さともに充分に確保されていて、ゴルフバッグを例にとるなら、3~4個を収納可能である。後席側に荷崩れする心配もないし、むしろ5ドア車よりも広く使えると感じる。最近のほとんどのセダンと同様に、後席の背もたれ部分を前に倒すことができ、後席・荷室をつなげて長尺物を積むことも可能だ。

荷室と乗員室の分割は、快適性にもつながる。荷物の臭いが室内に侵入しにくいし、発車前に荷物の出し入れをする場合でも、室内は静かに保たれ、快適である。

荷室の扉は大きく開く。

荷室の扉は大きく開く。

後席の背もたれは可倒式。席を倒すと、後席と荷室がつながり、長い荷物も収納することができる。

後席の背もたれは可倒式。席を倒すと、後席と荷室がつながり、長い荷物も収納することができる。

安全性能もトップレベルだ。前方の車・歩行者・自転車や左右・後方に接近する車を検知し衝突を防ぐ。対向車が近づくとヘッドライトの照射範囲を自動調整する。ペダルの踏み間違いによる急発進などのうっかり事故も防いでくれる。

4ドアセダンは今も昔も“車の基本形”である。その最進化形、マツダ3の完成度は高い。

エンジンは1.8Lディーゼルと2Lガソリンの2種類。ディーゼルのように圧縮着火させる新開発のガソリンエンジンも近日発売。

エンジンは1.8Lディーゼルと2Lガソリンの2種類。ディーゼルのように圧縮着火させる新開発のガソリンエンジンも近日発売。

【マツダ/マツダ3 セダン 20S Lパッケージ】

全長× 全幅× 全高:4660×1795×1445mm
ホイールベース:2725mm
車両重量:1350kg
エンジン:直列4気筒DOHC/2.0L
最高出力:156PS/6000rpm
最大トルク:20.3㎏-m/4000rpm
駆動方式:前輪駆動

燃料消費率:15.8㎞/L(WLTCモード 市街地12.9㎞/L)
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン 51L
ミッション形式:6速自動変速機
サスペンション:前/ストラット式 後/トーションビーム式
ブレーキ形式:前:ベンチレーテッドディスク 後:ディスク
乗車定員:5名
車両価格:269万8055円(消費税込み)
問い合わせ:コールセンター 0120・386・919

文/石川真禧照(自動車生活探険家)
撮影/佐藤靖彦

※この記事は『サライ』本誌2019年12月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 前列左から時計回りに、茶粥(ほうじ茶・さつまいも)、漬物(白菜漬け・梅干し)、出汁いらずの出汁巻き卵。梅干しは毎年漬けるが、写真は2年物で塩分16%。出汁いらずの出汁巻き卵の作り方は、奥村流。卵2個に殻半分の水、薄口醬油、味醂、粉末にした糸がき鰹節を混ぜて焼く。 【朝めし自慢】奥村彪生(伝承料理研究家・82歳)「朝は“おかいさ…
  2. 他のプジョー車とは異なり、上級感を演出した車体デザイン。前照灯はLEDライトを使用。左右両端から常時灯が垂直に伸びる。 プジョー/508|“猫足”と称される伝統の乗り心地は健在。実用性…
  3. アクセサリーソケットを活用 車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用…
  4. 縦3灯のヘッドライトはLEDで上段2灯がロービーム。その下がハイビーム。メッキ部分も含めて個性的なデザインが特徴。 三菱/eKクロス|三菱・日産の共同開発で生まれた、日本が誇る大空…
  5. 守る、楽しむドライブレコーダー 「あおり運転」から自分のクルマを守る「ドライブレコーダー」活用法…
PAGE TOP