新着記事

日本の「クリスマス」のおかしな常識【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編34】

日本の「クリスマス」のおかしな常識とは?【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編34】

ゴルフで仕事がうまくいった人は6割! 会社員500名のゴルフ事情

【ビジネスの極意】「ライバル企業に転職する」と言った部長の話からわかること

【ビジネスの極意】「ライバル企業に転職する」と言った部長の話からわかること

巨大な名峰『立川談志山』登頂のためのガイドブック|『談志語辞典』

自分の欲望をカネで解決するのを、恥ずかしいこととしてやらないのが「江戸っ子の品」|弟子だからこそ知っている「談志のことば」

【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは?

車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身

お母さんが1番大変だと感じる「朝ごはんの準備」どう乗り切っている?

ビル・エヴァンス&ジム・ホール『アンダーカレント』

音楽のキャッチボール「デュオ」演奏の楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道36】

人間関係が幸せの道すじ【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

人間は人間関係の中でしか、自分の存在や価値を見出せない【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

429人にアンケート調査!|子どもが医学部受験をしたことのある母親へ質問しました! 当時お子様のために何をしていましたか? 医学部受験のコツとは…!?

子どもが医学部受験をしたことのある母親429人に聞いた「医学部合格のコツ」

海苔の佃煮

【管理栄養士が教える減塩レシピ】新海苔の季節!旨味たっぷり海苔を使った佃煮&おかずレシピ

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  2. 鴨鍋
  3. 宝塚歌劇

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

日産リーフ|国産EVの草分け的存在、発売から9年を経て進化【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家) 

昨今、世界中の自動車メーカーが電気自動車(EV)の開発に力を入れている。
国産EVの草分け的存在である日産リーフに新モデルが加わった。初代発売から9年を経て進化した同車の魅力を探る。

5ドアハッチバックの小型車、リーフe イープラス+。車体と屋根の色が塗り分けられているのは特別塗装色で6種類から選べる。

5ドアハッチバックの小型車、リーフe+ (イープラス)。車体と屋根の色が塗り分けられているのは特別塗装色で6種類から選べる。

日産リーフは、2010年末に発売された電気自動車(以下、EV)である。2017年に全面改良され、現行モデルは2代目。

バッテリーとモーターの力だけで走るEVは、走行中に有害物質を出さないことから、次世代の乗り物として注目されている。世界的にも評価が高く、とりわけ中国や北米での販売台数が多い。

リーフは日本での発売後、世界展開を図り、現在は50以上の市場で販売。この春、新車の世界累計販売台数は40万台を超えた。

EVは街中など短距離使用の小型車か、大容量のバッテリーを大きな車体に積んだ高級志向の大型車としてつくられることが多い。その点、日産は街乗りやロングドライブなど距離に関係なく運転を楽しめる小型の実用車としてリーフを開発したが、それは技術的にハードルの高い目標だった。特にバッテリーの性能が低かった初期型は、日産本社のある横浜から都心まで片道約35kmを往復すると充電量は半減。航続距離の短さが指摘された。

そこで、日産はリーフの走行性能を向上させることに注力。新たに開発した大容量で高エネルギー密度のバッテリー(62kWh)と、高出力・高トルクのモーターなどのパワーユニットを搭載したモデルを今年の1月に追加した。それが今回紹介するリーフe+(イープラス)である。

運転席前の計器類はやや低めに設置されており、前方視界は良好。前窓とドアの間に 三角窓も備えるので、斜め前方の視界もよく運転しやすい。

運転席前の計器類はやや低めに設置されており、前方視界は良好。前窓とドアの間に三角窓も備えるので、斜め前方の視界もよく運転しやすい。

前席は着座位置を高めに設定しても全高が高いので、頭上の空間に余裕がある。運転 席と助手席はシートヒーターを備える。

前席は着座位置を高めに設定しても全高が高いので、頭上の空間に余裕がある。運転席と助手席はシートヒーターを備える。

後席は着座位置を高めにすることで、足元の広さを確保している。身長165cmまでなら頭上に圧迫感はない。背もたれは6対4の分割可倒式。

後席は着座位置を高めにすることで、足元の広さを確保している。身長165cmまでなら頭上に圧迫感はない。背もたれは6対4の分割可倒式。

小型車だが435Lと大容量を確保する荷室。床面は開口部から約23cmと深さがある。奥行きは約78cm、左右幅約1~1.2m。

小型車だが435Lと大容量を確保する荷室。床面は開口部から約23cmと深さがある。奥行きは約78cm、左右幅約1~1.2m。

航続距離が飛躍的に向上

ホイールベースはトヨタのプリウスと同寸だが、全長は少し短い。リーフe+は通常モデルより最低地上高が15mm低い。バッテリーが床下に敷きつめられているので重心が低く、走行安定性はよい。

ホイールベースはトヨタのプリウスと同寸だが、全長は少し短い。リーフe+は通常モデルより最低地上高が15mm低い。バッテリーが床下に敷きつめられているので重心が低く、走行安定性はよい。

走行性能を大幅に強化した同車は、航続距離が従来モデルより約40%も延びている。カタログに記載された満充電の航続距離は、国際的な燃費試験方法(WLTC)による数値で458kmに達した。

300kmの長距離運転でも、無給電でドライブを楽しめる

燃費に大きく関わる空気抵抗を減らす設計がなされた車体造型。特に床下から側面、後部は空力を強く意識したデザインを採用。

燃費に大きく関わる空気抵抗を減らす設計がなされた車体造型。特に床下から側面、後部は空力を強く意識したデザインを採用。

新型リーフe+で東京から山梨県の富士五湖周辺まで試乗した。片道約130km、そのうち高速道路は約100kmという行程だ。

運転席に座り、計器盤を見ると充電は100%、航続可能距離は417kmと表示されている。

街中を抜け、高速道路の入口を目指す。リーフは何より優れた加速が魅力だ。また、アクセルペダルの踏み加減を調整するだけで、発進、加速、減速、停止まで行なう「eペダル」と名付けられたシステムを搭載する。

アクセルペダルから足を離すと回生ブレーキが効き、減速とバッテリーへの充電を行なう。そのままペダルから足を離し続けると、時速100kmでの走行からでも車が停止するほど強烈な回生ブレーキが作動する。これを積極的に使いながら走ると、バッテリーの充電量はさほど減らず、安心して長距離ドライブを楽しむことができる。もし走行可能距離が減った時は、最寄りの日産販売店やサービスエリアなどに設置されている急速充電器を利用すればよい。

往復約300kmの試乗で、リーフe+は一度も充電することはなかった。最新のEVはかなり実用的になってきたようだ。

充電口はフロントグリルの上部にある。左の青いプラグが急速充電用、右のオレンジ色が一般用200Vコンセントの差し込み口。

充電口はフロントグリルの上部にある。左の青いプラグが急速充電用、右のオレンジ色が一般用200Vコンセントの差し込み口。

ボンネットの下にはエンジンではなくモーターほかパワーユニットなどが収まっている。駆動方式は前輪駆動のみの設定だ。

ボンネットの下にはエンジンではなくモーターほかパワーユニットなどが収まっている。駆動方式は前輪駆動のみの設定だ。

【日産/リーフ e+ G】

全長× 全幅× 全高:4480×1790×1545mm
ホイールベース:2700mm
車両重量:1680kg
モーター:交流同期電動機 85kW
最高出力:218PS/4600~5800rpm
最大トルク:34.7kgf-m/500~4000rpm
駆動方式:前輪駆動

航続距離:458㎞(WLTCモード)
燃料消費率:12.9km/L(JC08 モード)
ミッション形式:電気式無段変速機
サスペンション:前/ストラット 後/トーションビーム
ブレーキ形式:前・後/ベンチレーテッドディスク
乗車定員:5名
車両価格:472万9320円(消費税込み)
問い合わせ:お客さま相談室 電話:0120・315・232

文/石川真禧照(自動車生活探険家)
撮影/佐藤靖彦

※この記事は『サライ』本誌2019年6月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは? 車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。 “イキモノ”としてクルマを捉えると見えてくる〜マツダのデザイン哲…
  3. マツダは今年、車名を全面的に変更。世界共通の車名にした。「マツダ3(スリー)」は小型車名。 マツダ/マツダ3 セダン|社名を冠した新生「アクセラ」。成熟した…
  4. 他のプジョー車とは異なり、上級感を演出した車体デザイン。前照灯はLEDライトを使用。左右両端から常時灯が垂直に伸びる。 プジョー/508|“猫足”と称される伝統の乗り心地は健在。実用性…
  5. アクセサリーソケットを活用 車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用…
PAGE TOP