新着記事

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

BMW 5シリーズ セダン|格段に進化!低燃費と高い安全性を誇る新型4ドアセダン【石川真禧照の名車を利く】

左右ふたつに分かれたグリルはBMW伝統の顔。それを踏襲しつつ、7世代目となる新型車はグリルとヘッドライトがつながった。

文・石川真禧照(自動車生活探険家)

ドイツの自動車メーカーBMWの主力車種が約7年ぶりに全面改良された。7年というサイクルは日本車では長めだが、BMWではごく普通のこと。安全装備などは常に改良を施すが、ほとんど手を加えない内外装のデザインは、7年経っても古さを感じさせない。

先代と比べて全長は同じだが、30mmほど幅広くなった。低重心を追求した構造なので、高さは先代より約20mm低い。大きさを感じさせない造形だが、国産車の大型セダンと同等サイズ。

それでも新型車に乗ってみると、先代より格段に進化していることに驚かされる。今回紹介する中型車の5シリーズは、BMWの乗用車の中では世界の市場で最も売れている車。それだけに先進装備、安全装備の充実ぶりは極めて高い。

日本市場においてもBMWは販売台数の好調な輸入車のひとつで、昨年は前年比で10%近い販売増を記録している。

随所に機能美が感じられる上質感溢れる運転席まわり。無駄な装飾がなく、前方視界も良好で、運転に集中できる空間に仕上がっている。

計器類は昼間でも視認性に優れるデジタル式を採用。大径の計器はエンジン回転計の他にナビ画面や車両状況を表示する役目も果たす。

後席の着座位置はやや低め。足元中央に張り出しがあるので、左右1名ずつが快適。天井が高く、身長180cmの人でも圧迫感はない。

奥行きが深く、上下の高さも50cm以上確保された荷室。後席の背もたれは4:2:4の3分割で前倒しできるので、長尺物の運搬も可能だ。

■多彩な車種を用意する

BMWにはどのような車があるのか調べてみた。小型5ドア車の1シリーズから大型セダンの7シリーズを基本に、SUV、走行性重視のスポーツモデル、カブリオレなどじつに多彩だ。

動力源の種類も多い。ガソリンエンジンをはじめ、ディーゼルエンジン、電気自動車、ガソリンエンジンとモーターを併用するプラグインハイブリッドなどもある。車種にもよるが、エンジンは3気筒、4気筒、6気筒、8気筒、12気筒まで用意する。

5シリーズの車型は4ドアセダンの他にツーリングと名付けられたステーションワゴンや、グランツーリスモというクーペに近い5ドア車などがあり、エンジンや仕様別に14もの車種が揃う。

標準車種は後輪駆動だが、電子制御で4輪を駆動する4WDもある。これほどの品揃えの多さは、国産車では見られない。

今回は新型5シリーズから、523dという2lディーゼルターボの4ドアセダンを紹介したい。BMWのセダン群の中で5シリーズは7シリーズに次ぐ上級車種で、欧州、北米、中国などで人気が高い。日本では3シリーズの小型セダンが売れ筋だが、近年は5シリーズ・セダンの評判も高まっている。

5シリーズの新型エンジンはガソリン、ディーゼルともにターボ付き(写真は523dの直列4気筒クリーン・ディーゼルエンジン)。

5シリーズは中型車に位置づけられるが、そのセダンの全長は約5m、全幅は1.9m近くある。国産の4ドアセダンと比較すると、トヨタの大型セダン、クラウン マジェスタとほぼ同じ大きさだ。

先代より約80kg軽量化され、空気抵抗の改善などにより、実燃費は一般道では13~15km/lを記録。高速道路での巡航時はカタログ値を上回る24~25km/lだった。また、走行時の静粛性と安定性はライバル車を圧倒している。

安全面でも先進の技術が投入され、ステレオカメラと5つのミリ波レーダーが周囲の車や歩行者などを常に監視。これによって交通状況に合わせて事故を防ぐ様々な安全機能が働くと同時に、車線逸脱防止などの操舵支援も行なう。

この夏には、5シリーズ・セダンにプラグインハイブリッド車が加わる予定だ。

車体後部のデザインは先代から大きな変化はない。車体側面まで回り込んだ横長の尾灯は、BMWの乗用車群に共通するデザイン。

【今日のクルマ】
『523d ラグジュアリー』/BMW
■全長×全幅×全高:4945×1870×1480mm
■ホイールベース:2975mm
■車両重量:1700kg
■エンジン/排気量:直列4気筒DOHCディーゼルターボ/1995cc
■最高出力:190PS/4000rpm
■最大トルク:40.8kg-m/1750~2500rpm
■駆動方式:後輪駆動
■燃料消費率:21.5km/l(JC08モード)
■使用燃料:軽油/66l
■ミッション形式:8速自動変速機
■サスペンション:前:ダブルウィッシュボーン式 後:5リンク式
■ブレーキ形式:前・後:ベンチレーテッドディスク
■乗車定員:5名
■車両価格:768万円
■問い合わせ:BMWカスタマーセンター 電:70120・269・437

文/石川真禧照(自動車生活探険家)
写真/佐藤靖彦

※この記事は『サライ』本誌2017年7月号の「名車を利く」欄からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夕刊サライ/テリー伊藤】いつまでもクルマとたのしく付き合いたい…
  2. 【夕刊サライ/テリー伊藤】「テリーが惚れた偉大なるクルマ賢人たち…
  3. 【夕刊サライ/テリー伊藤】心が満たされないときには(テリー伊藤の…
  4. ホンダ シビック|登場から46年、10代目はスポーティな味付けの…
  5. 【夕刊サライ/テリー伊藤】「100万円で『ちょっと違う世界』を買…
PAGE TOP