新着記事

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】シルキー6に衝撃を受け、BMW『320i』を購入!その後、『デルタ』『バルケッタ』と乗り継いでいくが……(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することでオーナーさんの歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

鮮やかなボディカラーが印象的な、友之さんの現在の愛車。その出会いと物語は【後編】で語ります。

鮮やかなボディカラーが印象的な、友之さんの現在の愛車。その出会いと物語は【後編】で語ります。

今回、お話をうかがったのは、東京都調布市でヘアーサロンを営む力石友之さん(53歳)です。高校に通いながら通信制専門学校を卒業し、理容師と美容師の資格を取得。都内のヘアーサロンやロンドンのスクールで修行を重ねた後、26歳の時にお父様のあとを継いでヘアーサロンを開業。現在に至っています。

スーパーカーに憧れ、将来はイオタを所有できると信じた子供時代

東京都歌舞伎町で産声をあげた友之さん。4歳の時、お父様が理髪店をかまえるため、家族全員で調布市に引越しました。

1976年頃に訪れ、日本中の子供たちを夢中にさせたスーパーカーブーム。当時、小学校だった力石さんもまた、スーパーカーに憧れを抱きます。

「クルマに興味を持ったきっかけは、やっぱりスーパーカーブームですね。特にランボルギーニー『イオタ』が好きで、将来は所有できるものだと信じていました」

スーパーカーブームが過ぎても友之さんのクルマへの興味は薄れることはなく、16歳で原動機付き自転車の免許を取得。18歳で普通自動車免許を取得します。

高校卒業後、実家を離れて都内にあるヘアーサロンに就職。この就職は下積み修行の意味合いが強く、時間や気持ち、そして経済的にもクルマを購入する余裕を持つことはできませんでした。

ヘアーサロンに6年間勤めた後、ロンドンのカットスクールへ留学。ビザの都合上、カットスクールへの入学手続きこそ済ませていたものの、それ以外は何も決まっていない状態で渡航。生活費の稼ぎ先はロンドンに到着してから探すといった、若さと思い切りの良さがあればこその海外留学でした。

1年間、ロンドンで技術を学んだ後に帰国。理容師から身を退くお父様より店舗を譲り受け、自身のヘアーサロンを開業。27歳にして、ついに憧れだった自分のクルマを手に入れる環境が整いました。

直列6気筒エンジンは構造上、振動が少なく動作もなめらか。BMW製の直列6気筒エンジンは、とりわけ完成度が高いと評される。

直列6気筒エンジンは構造上、振動が少なく動作もなめらか。BMW製の直列6気筒エンジンは、とりわけ完成度が高いと評される。

気むずかしくハイパワーなデルタに疲れ、バルケッタでオープンカーの楽しさを知る

「人生で最初のクルマ選びは、もちろん悩みましたよ。デザインを優先してフィアットの初代『ウーノ』とプジョー『205』、ルノーの『5(サンク)』、そしてBMWの2代目『320i』の4台にまで絞り込こみました。試乗するために中古車ショップを調べ、最初に見つけたのは320iでした。“シルキー6(シックス)”と呼ばれる、BMWの直列6気筒エンジンはどのようなものなのか? 期待して試乗したのですが、これが衝撃的でしたね。クルマの方から『もっとエンジンを回して良いよ』って、言ってくれるんです。その場で購入を決めました」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の…
  2. 新しいスイフトスポーツでも、ボディカラーにチャンピオンイエローを選択します。 【私のクルマ遍歴】初めて買った『ジムニー SJ30』は12年落ち…
  3. 哲也さんの愛車は「元気の良いコンパクトハッチバック」として高い評価と人気を博す国産車。その出会いと物語は【後編】で語ります。 【私のクルマ遍歴】バイクにはまった青春時代。『GAG』『GF25…
  4. 廃校の小学校をリノベーション 道の駅でクルマ女子会【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろ…
  5. ボルボ V60|美しさ・機能性・安全性の三拍子揃った理想のファミ…
PAGE TOP