新着記事

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】シルキー6に衝撃を受け、BMW『320i』を購入!その後、『デルタ』『バルケッタ』と乗り継いでいくが……(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することでオーナーさんの歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

鮮やかなボディカラーが印象的な、友之さんの現在の愛車。その出会いと物語は【後編】で語ります。

鮮やかなボディカラーが印象的な、友之さんの現在の愛車。その出会いと物語は【後編】で語ります。

今回、お話をうかがったのは、東京都調布市でヘアーサロンを営む力石友之さん(53歳)です。高校に通いながら通信制専門学校を卒業し、理容師と美容師の資格を取得。都内のヘアーサロンやロンドンのスクールで修行を重ねた後、26歳の時にお父様のあとを継いでヘアーサロンを開業。現在に至っています。

スーパーカーに憧れ、将来はイオタを所有できると信じた子供時代

東京都歌舞伎町で産声をあげた友之さん。4歳の時、お父様が理髪店をかまえるため、家族全員で調布市に引越しました。

1976年頃に訪れ、日本中の子供たちを夢中にさせたスーパーカーブーム。当時、小学校だった力石さんもまた、スーパーカーに憧れを抱きます。

「クルマに興味を持ったきっかけは、やっぱりスーパーカーブームですね。特にランボルギーニー『イオタ』が好きで、将来は所有できるものだと信じていました」

スーパーカーブームが過ぎても友之さんのクルマへの興味は薄れることはなく、16歳で原動機付き自転車の免許を取得。18歳で普通自動車免許を取得します。

高校卒業後、実家を離れて都内にあるヘアーサロンに就職。この就職は下積み修行の意味合いが強く、時間や気持ち、そして経済的にもクルマを購入する余裕を持つことはできませんでした。

ヘアーサロンに6年間勤めた後、ロンドンのカットスクールへ留学。ビザの都合上、カットスクールへの入学手続きこそ済ませていたものの、それ以外は何も決まっていない状態で渡航。生活費の稼ぎ先はロンドンに到着してから探すといった、若さと思い切りの良さがあればこその海外留学でした。

1年間、ロンドンで技術を学んだ後に帰国。理容師から身を退くお父様より店舗を譲り受け、自身のヘアーサロンを開業。27歳にして、ついに憧れだった自分のクルマを手に入れる環境が整いました。

直列6気筒エンジンは構造上、振動が少なく動作もなめらか。BMW製の直列6気筒エンジンは、とりわけ完成度が高いと評される。

直列6気筒エンジンは構造上、振動が少なく動作もなめらか。BMW製の直列6気筒エンジンは、とりわけ完成度が高いと評される。

気むずかしくハイパワーなデルタに疲れ、バルケッタでオープンカーの楽しさを知る

「人生で最初のクルマ選びは、もちろん悩みましたよ。デザインを優先してフィアットの初代『ウーノ』とプジョー『205』、ルノーの『5(サンク)』、そしてBMWの2代目『320i』の4台にまで絞り込こみました。試乗するために中古車ショップを調べ、最初に見つけたのは320iでした。“シルキー6(シックス)”と呼ばれる、BMWの直列6気筒エンジンはどのようなものなのか? 期待して試乗したのですが、これが衝撃的でしたね。クルマの方から『もっとエンジンを回して良いよ』って、言ってくれるんです。その場で購入を決めました」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。 「MAZDA3(マツダ・スリー)発表会」から見えてきた「ヒトとク…
  2. 約5年ぶりに日本市場に復活したインサイト。車体は大型化し、全幅は1.8mを超える。低重心設計で、走行安定性は極めて高い。 ホンダ インサイト|走り、燃費、デザインを高次元で調和させたスポ…
  3. 車の会話、パッシング【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 車の会話、相手への思いやりの「パッシング」【彩りカーライフ~自分…
  4. 全てが純正を維持している300ZX50thアニバーサリーは、とても希少だそう。 【私のクルマ遍歴】『300ZX50thアニバーサリー』と『GT-…
  5. 左ハンドル仕様の和年さんの愛車。日本のスポーツカーとして、海外で高い評価を受けました。その出会いと物語は【後編】にて語ります。 【私のクルマ遍歴】本当は『300ZX』が欲しかったものの高すぎて…
PAGE TOP