新着記事

1枚でも重ね履きシルクとウールの折り返し靴下 同色2足組|シルクとウールで重ね履きの保温効果を発揮

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

カードが入る小さな小銭入れ|外出時に必要な機能をコンパクトにまとめた

元気な100歳の3大秘訣「たんぱく質をしっかり摂取」「誰かと食卓を囲む」「世間の出来事に関心あり」

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

【嫌な部屋干しの臭い】生乾きの臭いを解消する有効な対策とは?

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】『スカイライン2000GTターボ』を事故で失った後、本当に欲しかった『スカイライン2000RSターボ』を必死に探す(前編)

結婚のけじめとして、DR30を手放すことを決意

初めての大きな事故、そしてHR30を失ったことに落ち込む健一さん。むち打ちが癒える頃に気持ちを持ち直し、次のクルマを探します。

「購入のしやすさもあって、日産の初代『プリメーラ』か、スバルの初代『レガシィ』をと考えたのですが……。HR30とは納得して別れた訳ではないので、どうしても未練が残っていました。そこで「今度こそDR30に乗るぞ!」と心に決めました」

当時、6代目スカイラインのトップグレードであるDR30は中古車人気が高く、程度の良い個体の入手は、とても難しい状況にありました。それでもあきらめずに探し続け、ついに、とある中古車店から「和歌山県の中古車店に在庫がある」と教えてもらいます。

「和歌山県の中古車店に連絡を取ると、DR30の程度はとても良いとのことでした。本当は現車を確認したかったのですが、この機会を逃したらもう二度と手に入らない気がしたので、その場で購入の意思を伝えました」

納車当初、ボディカラーはDR30の定番、赤と黒(濃紺メタリック)のツートンでした。しかし「ありきたりは嫌だ」と、ガンメタリックと黒のツートンに塗り替えます。

納車当初、ボディカラーはDR30の定番、赤と黒(濃紺メタリック)のツートンでした。しかし「ありきたりは嫌だ」と、ガンメタリックと黒のツートンに塗り替えます。

はるばる和歌山県より陸送され、無事に納車されたDR30。以前に乗っていたHR30はパワーステアリングやパワーウィンドウをはじめ、様々な快適装備が奢られていました。しかしDR30はノーマルステアリングにレギュレターハンドル(手動式)のウィンドウと、シンプルな仕様で健一さんを驚かせます。

念願だったDR30のオーナーとなり、時に一人で、時にのちの奥様と一緒に、様々な場所へと出かけた健一さん。そして納車から2年を経た23歳の時。奥様と結婚するため、大切にしていたDR30を手放す決心をします。

「ずっと乗り続けるつもりでいたので、工具や補修、交換用のパーツも集めていたのですが、これらもDR30と一緒に売ってしまいました。今、思えばDR30を売らなくても、なんとかできたと思うのですが……。当時は気負っていたというか、まぁ、若かったんですね。何かと入り用になりますし、結婚後はクルマにかかる出費も抑えたい。私なりのけじめとして、DR30より結婚と、その後の生活を選びました」

DR30を売却した後、健一さん新たなクルマを購入することなく、ひたすら仕事に打ち込み、大黒柱として懸命に家庭を支えます。

「スカイライン」と「西部警察」は一生の憧れ。ついに購入した『ER34』を『マシンRS』風の赤黒ツートンカラーに再塗装!【後編】へ続きます!

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)
ゲーム雑誌の編集者からライターに転向し、自動車やゴルフ、自然科学等、多岐に渡るジャンルで活動する。またティーン向けノベルや児童書の執筆も手がける。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 1966年に初代が発表されてから12代目になる最新型。幅が広くなり、3ナンバー車に。ハイブリッド車とガソリン車を選べる。 トヨタ/カローラ|ドイツのセダンと互角に戦える世界一まじめな車【…
  2. 2018年秋から日本での予約販売を開始したアルピーヌ/A110。車体前部の丸みを帯びたボンネット形状が印象的だ。 アルピーヌ/A110|23年ぶりに復活したアルプス山脈の名を冠し…
  3. 【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは? 車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身
  4. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。 “イキモノ”としてクルマを捉えると見えてくる〜マツダのデザイン哲…
  5. マツダは今年、車名を全面的に変更。世界共通の車名にした。「マツダ3(スリー)」は小型車名。 マツダ/マツダ3 セダン|社名を冠した新生「アクセラ」。成熟した…
PAGE TOP