新着記事

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

パーヴォ×パリ管「シベリウス交響曲全集」の明晰で力強くみずみずしい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

さんまの梅しそ巻き

【管理栄養士が教える減塩レシピ】梅干しパワーで梅雨を乗り切る! 「うめびしお」の作り方

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その2~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その2~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その1~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その1~

なるほど! 腰痛・坐骨神経痛 なかなか治らない原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

なかなか治らない腰痛・坐骨神経痛|痛みの原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

【管理栄養士が教える減塩レシピ】野菜だしの和風ポトフ|捨てるのはもったいない! 野菜くずでだしを取ろう

写真・文/矢崎海里

【管理栄養士が教える減塩レシピ】捨てるのはもったいない! 野菜くずでだしを取ろう

前回は煮干しだしの取り方をご紹介しました。

最近パックの野菜だしが流行っていますが、実はいつも捨ててしまう野菜のへた、皮などのくずから、だしが取れるのをご存じですか?

その作り方は野菜くずを弱火で煮込むだけで簡単!

今回は野菜くずを捨てずに集めて、野菜だしを取ってみましょう。

野菜だしの取り方

【材料】(1L分)

野菜くず 両手でひとつかみ分
水 1L

【作り方】

1.野菜はよく洗い、皮やへたなどを取っておく

冷凍庫にチャック付き容器で保存しておくと、傷まずに溜めておくことができるのでおすすめです

冷凍庫にチャック付き容器で保存しておくと、傷まずに溜めておくことができるのでおすすめです

 

2.鍋に分量の水を入れ、野菜くずを入れ、弱火で20分ゆっくり加熱する

2.鍋に分量の水を入れ、野菜くずを入れ、弱火で20分ゆっくり加熱する

 

3.火を止め、ざるで濾して完成

火を止め、ざるで濾して完成

玉葱の皮、長葱の頭、白菜の芯など、何でもオッケー。

ただし、色の濃い野菜やにおいのきつい野菜、あくが強い野菜を使うとだしに濁りが出たり、臭みが出る原因となるので注意が必要です。

野菜だしはカレーやスープ、お鍋などへの活用がおすすめです。

今回は野菜だしを使った和風のポトフをご紹介します。

調味料は塩麹のみ、煮込むだけ簡単レシピなので、ぜひおためし下さい。

野菜だしの和風ポトフ

野菜だしの和風ポトフ

【材料】(1人分)

鶏肉 50g
玉葱 小1個
じゃがいも 小1/2個
オクラ 2本
ブロッコリー 2房
ごぼう 10cm
大根 1cm
野菜だし 150cc
塩麹 大さじ1
胡椒 少々

【作り方】

1.鶏肉は一口大に切る
2.オクラはへたの周りの固い部分を取り、塩もみ(分量外)し、下ゆでしておく
3.玉葱とじゃがいもは皮をむいておく。大根は輪切りにし、皮をむく
4.ごぼうは大きめの乱切りにする。ブロッコリーは食べやすい房に切り分けておく
5.鍋に野菜だし、鶏肉、玉葱、じゃがいも、大根、ごぼうを入れ、弱火で煮込む
6.野菜に火が通ったら、オクラ、ブロッコリーを入れ、塩麹・胡椒で味を整え、完成

コンソメを使って作るポトフを、今回は塩麹のみで和風に仕上げました。

野菜の旨味と、塩麹の優しい甘さと塩気がポイント。

食塩相当量は少し上がりますが、鶏肉をウインナーやベーコンに変えてもおいしく食べることができます。

野菜もたっぷり、一日に必要とされる野菜のうち、半分以上を摂ることができるメニューです。

玉葱、ごぼう、大根と、土の中で育つ食材も多く取り入れているのもポイント。

土の中で育つ野菜は体を温める効果があります。

寒さも少し落ち着いてきていますが、季節の変わり目、まだまだ油断せず温かいメニューで体調を整えましょう。

食塩相当量:1.6g(一般的なポトフに比べ、約40%の減塩)

* * *

水に溶けやすい栄養分も逃さず摂れる!今日から野菜くずは捨てずに保存し、野菜だしに活用しましょう。

文/矢崎海里(やざき・かいり)
管理栄養士やフードスペシャリストなどの資格を生かし、企業で働く傍ら、Webメディアでも活動。おいしく食べて健康になれるごはんを研究中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. さんまの梅しそ巻き 【管理栄養士が教える減塩レシピ】梅干しパワーで梅雨を乗り切る! …
  2. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで作る! おうちで燻製レシピ 【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで スモークチーズが作…
  3. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】母の日メニューに!|料理初心者でもできる「和風カルボナーラ」「キャベツたっぷり豚玉」 【管理栄養士が教える減塩レシピ】母の日メニューに!|料理初心者で…
  4. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】端午の節句にぶりを食べよう 【管理栄養士が教える減塩レシピ】端午の節句に出世魚「ぶり」でお祝…
  5. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】今が旬!そらまめとかぶを食べよう 【管理栄養士が教える減塩レシピ】「そらまめと新じゃがのチーズ焼き…
PAGE TOP