新着記事

履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演 一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR] 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!? 枕職人がつくった快眠枕 ジムナストHIDA|快適な眠りもたらす日本製の理想的な枕 『男のチャーハン道』 「パラパラ」のチャーハンを目指した男の求道記|『男のチャーハン道』 お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯 司馬遼太郎も信じなかった犬の伊勢参り|お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

立花宗茂~関ヶ原の敗北から返り咲いた唯一無二の武人【にっぽん歴史夜話12】

文/砂原浩太朗(小説家)

関ケ原

立花宗茂(1567?~1642)をご存じだろうか。幕末までつづく筑後柳川藩(福岡県柳川市)の祖であり、豊臣秀吉から「西国無双」と賞せられたほどの名将である。かつては全国的な知名度を持っているとは言いがたかったが、今世紀に入る頃から人気を伸ばし、彼を主人公とする小説も相ついで書かれている。この男の何が、人々の心をとらえているのか。

豪胆無比な少年

宗茂は豊後(大分県)の大友家に仕える将・高橋紹運(じょううん)の子として生まれた。生年には1567年説と69年説があるが、本稿では近年優勢となっている前者にしたがって話を進めたい。また、彼は変転の多い人生を象徴するように、たびたび改名を繰りかえしているが、ここでは宗茂で統一することをお断りしておく。

宗茂には、幼いころから豪胆だったというエピソードが数多残っている。たとえば8歳の時、祭かなにかを見物に出かけた際、群衆のなかで喧嘩が起こり、ついに刃傷沙汰が生じた。供の者は、若さまに大事があってはならぬと、急いで連れ帰ろうとする。それを引きとめて言うには、「われわれは喧嘩の相手ではないのだから、何の危ないことがあろうか」いくらか理屈っぽいともいえそうだが、筆者がこのエピソードに目をひかれるのは、単に胆が太いというだけでなく、どこか合理的な精神と呼べるものを感じるからである。この性質については、後半でもう一度ふれる。

ふたりの父を失う

長男であるから、当然父の跡を継ぐはずだったが、そうはならなかった。おなじ家中の将・立花道雪から懇望され、養子となったからである。道雪も武勇のほまれ高い人物であり、雷に打たれて歩行が不自由になりながらも輿に乗って戦場を往来したという剛の者だった。が、男子にはめぐまれず、天正3(1575)年、63歳のとき、7歳の娘に家督をゆずる。名をぎん千代(「ぎん」は「門」のなかに「言」)といい、その婿として宗茂を迎えたいというのである。よほど名将としての資質を見込んでいたのだと思われる。

むろん、期待をかけた嫡男であるから、実父・紹運もたやすく承知するわけはない。が、道雪の粘り勝ちというところだろう、15歳のときに養子となった。これ以前からも道雪のもとには親しく出入りしていたらしく、宗茂のまえで罪人を討たせ、いささかも動悸がはやまらないのをたしかめて感心したなどという話も残っている。

若武者の雄々しい門出というところだが、実はこの頃、大友家は薩摩の島津氏に圧迫され、家運のかたむいた状態だった。主家をささえつづけた老将・道雪が天正13(1585)年に死去。翌年、主君・宗麟(そうりん)はみずから大坂へ出向き、関白秀吉に救援を乞う。停戦命令が出されたものの、島津軍はこれを無視していくさを強行、ついに実父・紹運が戦死してしまう。宗茂も投降をすすめられたが、断固拒否して逆襲に転じ、多くの敵兵を討ち取った。さらにその翌年、島津家は九州入りした秀吉に降伏する。宗茂は戦功によって、主家の許しを得て独立した大名となり、柳川を居城にすることとなった。

負けても心くじけず

豊臣政権下で大名となった宗茂は、朝鮮出兵でもその勇猛ぶりを発揮する。とくに文禄の役では碧蹄館(へきていかん)の戦い(1593)で明と朝鮮の連合軍をしりぞけ、名をあげた。

が、秀吉の死により、世は徳川家康と石田三成の対立へと推移する。関ヶ原の戦いに際しては三成ひきいる西軍に加わり、東軍方の大津城を囲んで開城させた。が、周知のように西軍本隊は関ヶ原で敗北、宗茂は柳川へ帰還する。この途次、おなじく西軍に属して敗走する島津氏の軍勢に出会った。宗茂にとっては実父の仇である。この機を利用して討ち取っては、とすすめる家臣もいたが、宗茂は「勇士のする所にあらず」としりぞけた。のみならず、警戒を解くよう島津軍に使いをだすことまでしたという。

ちなみに、はるか後年、この折のことを徳川御三家(尾張・紀伊・水戸)のまえで話す機会があった。そのとき宗茂は、「大津城攻めのことを謀反という人がおりますが、謀反とは主君に背くことです。当時天下人だった豊臣家に届け出ておこなった戦ですから、謀反であるわけがございません」という趣旨のことを述べている。やはりどこか理屈っぽいところが面白いが、見事なまでに筋が通っている。そういう性質を持った人物と見ていいだろう。

西軍に加担した咎で所領を没収され、一介の浪人となった宗茂だが、その名声は高く、加賀の前田利長(利家の長男)などから召し抱えたいという申し出があった。が、それをことわり、上方で十数人の家臣と浪人ぐらしを送る。

この頃のこと、家臣たちが所用で不在にし、宗茂がひとり留守宅に残っていた。家臣らは、ほしいい(乾燥米)にするつもりで米を乾かしていたのだが、折あしく雨が降りだしてしまう。帰宅してみると、宗茂は書見中で雨に気づかず、ずぶ濡れになった米は使いものにならなくなっていた。が、家臣たちはかえって喜んだ。「ほしいいだの雨だのといった些事に気を取られるようでは、わが殿もこれまで。ご武運、いまだ尽きず」というわけである。

これは、作家の海音寺潮五郎が名著『武将列伝』(「立花一族」の項)で紹介している話で、柳川に伝承されているものだという。そのため、学術的な伝記ではまず採られていないが、滋味のあるエピソードだから、多くの小説などで繰りかえし描かれることとなった。筆者も宗茂といえば、まずこの挿話を思いだす。

旧領へ復帰した唯一の人

そして、たしかに武運は尽きていなかった。関ヶ原から6年後の慶長11(1606)年、宗茂は二代将軍秀忠から召しだされ、奥州で1万石を与えられたのである。のみならず、その4年後、加増をうけて3万石となり、ついに元和6(1620)年には、20年を経て旧領・柳川へ復帰、石高もかつてとほぼ同じ11万石の大名となった。秀忠からの寵愛ぶりがうかがえるが、これは三代家光の世になってもつづき、立花邸へお出ましの折には脇差を与えられ、また貴人のまえでも防寒用の頭巾を着用する許しを得たという。島原の乱(1637~38)にまで出陣した戦国の猛将は、栄誉に包まれたまま76歳で世を去った。

関ヶ原の敗将から返り咲いた大名は何人かいる。が、旧領へもどることができたのは、宗茂ただ一人である。その数奇さと満ち足りた晩年が、近年人気をあつめる理由なのかもしれない。

今ふうな表現になるが、筆者には、宗茂がきわめて健全な「自己肯定感」を持った人物だと思える。浪人中も読書や武芸に励み、弓術の免許まで得ている。先の見えない生活のなかで、たやすくできることではないだろう。前田や徳川が手を差しのべたくなるのも道理と感じられる。その精神を育んだのは、ふたりの父からうけた深い情愛――といえば、いささか小説的すぎるが、そう思いたい気もちが残るのもたしかである。

文/砂原浩太朗(すなはら・こうたろう)
小説家。1969年生まれ、兵庫県神戸市出身。早稲田大学第一文学部卒業。出版社勤務を経て、フリーのライター・編集・校正者に。2016年、「いのちがけ」で第2回「決戦!小説大賞」を受賞。著書に受賞作を第一章とする長編『いのちがけ 加賀百万石の礎』、共著『決戦!桶狭間』、『決戦!設楽原(したらがはら)』(いずれも講談社)がある。

『いのちがけ 加賀百万石の礎』(砂原浩太朗著、講談社)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【…
  2. 西郷隆盛とその一族~弟たち、子どもたち~ 西郷隆盛とその一族~弟たち、子どもたち~【にっぽん歴史夜話11】…
  3. 西郷隆盛と3人の妻たち 西郷隆盛と3人の妻たち【にっぽん歴史夜話10】
  4. 「龍馬のサブ」ではなかった中岡慎太郎【にっぽん歴史夜話 9】
  5. 牧野伸顕――大久保利通と吉田茂をつなぐ、忘れられた大政治家【にっ…
PAGE TOP