新着記事

銀製 夫婦箸|江戸の粋な心と技が宿る東京銀器

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩

【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かした旬のトマトの料理法

退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

立花宗茂~関ヶ原の敗北から返り咲いた唯一無二の武人【にっぽん歴史夜話12】

文/砂原浩太朗(小説家)

関ケ原

立花宗茂(1567?~1642)をご存じだろうか。幕末までつづく筑後柳川藩(福岡県柳川市)の祖であり、豊臣秀吉から「西国無双」と賞せられたほどの名将である。かつては全国的な知名度を持っているとは言いがたかったが、今世紀に入る頃から人気を伸ばし、彼を主人公とする小説も相ついで書かれている。この男の何が、人々の心をとらえているのか。

豪胆無比な少年

宗茂は豊後(大分県)の大友家に仕える将・高橋紹運(じょううん)の子として生まれた。生年には1567年説と69年説があるが、本稿では近年優勢となっている前者にしたがって話を進めたい。また、彼は変転の多い人生を象徴するように、たびたび改名を繰りかえしているが、ここでは宗茂で統一することをお断りしておく。

宗茂には、幼いころから豪胆だったというエピソードが数多残っている。たとえば8歳の時、祭かなにかを見物に出かけた際、群衆のなかで喧嘩が起こり、ついに刃傷沙汰が生じた。供の者は、若さまに大事があってはならぬと、急いで連れ帰ろうとする。それを引きとめて言うには、「われわれは喧嘩の相手ではないのだから、何の危ないことがあろうか」いくらか理屈っぽいともいえそうだが、筆者がこのエピソードに目をひかれるのは、単に胆が太いというだけでなく、どこか合理的な精神と呼べるものを感じるからである。この性質については、後半でもう一度ふれる。

ふたりの父を失う

長男であるから、当然父の跡を継ぐはずだったが、そうはならなかった。おなじ家中の将・立花道雪から懇望され、養子となったからである。道雪も武勇のほまれ高い人物であり、雷に打たれて歩行が不自由になりながらも輿に乗って戦場を往来したという剛の者だった。が、男子にはめぐまれず、天正3(1575)年、63歳のとき、7歳の娘に家督をゆずる。名をぎん千代(「ぎん」は「門」のなかに「言」)といい、その婿として宗茂を迎えたいというのである。よほど名将としての資質を見込んでいたのだと思われる。

むろん、期待をかけた嫡男であるから、実父・紹運もたやすく承知するわけはない。が、道雪の粘り勝ちというところだろう、15歳のときに養子となった。これ以前からも道雪のもとには親しく出入りしていたらしく、宗茂のまえで罪人を討たせ、いささかも動悸がはやまらないのをたしかめて感心したなどという話も残っている。

若武者の雄々しい門出というところだが、実はこの頃、大友家は薩摩の島津氏に圧迫され、家運のかたむいた状態だった。主家をささえつづけた老将・道雪が天正13(1585)年に死去。翌年、主君・宗麟(そうりん)はみずから大坂へ出向き、関白秀吉に救援を乞う。停戦命令が出されたものの、島津軍はこれを無視していくさを強行、ついに実父・紹運が戦死してしまう。宗茂も投降をすすめられたが、断固拒否して逆襲に転じ、多くの敵兵を討ち取った。さらにその翌年、島津家は九州入りした秀吉に降伏する。宗茂は戦功によって、主家の許しを得て独立した大名となり、柳川を居城にすることとなった。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】 松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】
  2. 豊臣秀吉によって破却された富山城。江戸時代に前田家の分家が独立し、居城として改修した。現在の天守は昭和29年に建造 織田家への忠誠心を抱き続けた末の不運な最期|三英傑に仕え「全国転…
  3. 「聖徳太子」は虚像だったのか【にっぽん歴史夜話18】 「聖徳太子」は虚像だったのか【にっぽん歴史夜話18】
  4. 八幡堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、往時の賑わいが偲ばれる 水運で潤う城下町を全国に残す|三英傑に仕え「全国転勤」した武将と…
  5. 高山親子が居住していたとされる地に立つ「高山右近生誕地の碑」(大阪府豊能町) キリシタン大名の数奇な人生|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆ…
PAGE TOP