新着記事

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【前編】

アロハ オン ザ ガンジェズ ホテル

デジタルデトックスができる!世界のリトリートホテル6選

源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。【企画展 はじめての古美術鑑賞―絵画のテーマ】

足裏が心地よいモダンな牛革草履で颯爽と街を歩いてみたら?

茶摘み体験

大人が満足する社会見学4選【静岡県】|ヤマハ楽器ミュージアム、電車の転車台体験、うなぎパイファクトリー、茶摘み

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

街で見かけた、思わず心がときめいた車とオーナー【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

文/鈴木珠美
街で見かけた、思わず心がときめいた車とオーナー【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

先日、取材に向かうために車で出かけた。車で出かける日は道の状況がわからないのでだいぶ早めに家を出る。その日は道が空いていたこともあり、約束の時間よりも1時間前に到着してしまった。渋滞にはまってイライラするよりはずっとましだが、さすがに時間があり過ぎるので目的地の近くにあるコーヒーショップに立ち寄った。座った席は行き交う車を眺められる窓際。ぼんやり流れゆく車を見ながらコーヒーを飲んでいると、ポルシェ911が信号で停まっていた。乗っている方は女性。おそらく60代。赤系のセーターを着ていて頭に眼鏡を乗せていた。ルームミラーの位置が気になるのか、信号待ちの間にミラーを何度か修正していた。信号が変わると颯爽と走り去った。「かっこいいな~」と心の声が思わず口から出そうになる。歳を重ねてからポルシェに乗る。かっこいい選択だ。

車に乗っていると素敵な車と遭遇することがある。それは車に興味が無かったペーパードライバー時代からのことで、車の名前を知らなくても心が勝手にときめくのだ。同時に気になるのが車のオーナー。車に目が留まり、どんな素敵な人が乗っているのだろう……と想像する。これは私個人の話だけでなく、女性ドライバーを応援するサイトを運営しているのが、女性ドライバー同士が集まる座談会やインタビューなどで、ことあるごとに話題になるテーマだ。

とある女性ドライバーは緑系のボディカラーのロードスターを街中で見かけてしばらく自分の車で追いかけてしまったそう。信号待ちのたびにちらちらと車とオーナーを観察したのだとか。

「深い緑のボディカラーに室内はベージュ。車の美しさや色合いにも惹かれたけれど、乗っているオーナーの装いも素敵だった。オシャレな車に乗っている人はファッションもオシャレですよね」

20代の彼女は、ロマンスグレーな紳士にたいそう心がときめいたそうだ。それからしばらくして彼女はロードスターを購入した。

話題にあがる車には特徴がある。オープンカーやスポーツカーといった車や女性のかわいい!、という感性を刺激するデザインの個性的な輸入車、あまり見かけない旧い車や存在感のある大きな車。いずれも意外性が心をときめかせているようだ。

先に上げたロードスターしかり、BMW Z4、アバルト124スパイダー、S2000などスポーツカータイプのオープンカーは、年齢を重ねた大人の方が乗っていると車に乗せられていない、落ち着いた一体感が自然と伝わってくる。フィアット500、MINI、ビートル、シトロエンC3など感性を刺激するデザインのある車も年上の方々が乗っていると、オーナー自身が乗りたい車を選んで乗っている雰囲気があって目に留まる。また存在感のある大きな車を颯爽と運転しているさまも心が動かされる。とくに大きな車を女性が運転しているとかっこいい印象として残るようだ。

「ジープに乗っていた50代前後の女性ドライバーを見て、私も乗りたくなった」

と言ったのは、今現在かわいらしいサイズの車に乗っている30代の女性だった。

ずいぶん前になるが、以前行った女性ドライバー同士の座談会で話題になったのは、シムカという車だった。

「街中ですごく素敵な車を見つけたけれど、なんの車かわからないの」から始まり、みんなでスマートフォンを片手に旧い車をあれやこれやと出し合い、彼女が見た素敵な車を探した。そしてたどり着いた答えは、フィアット600をベースにつくられた1000ccの4ドアセダンのシムカ1000だった。探している間に見つけたシトロエン2CV6や、アルファロメオ2000、ルノーキャトルなどといった車も「かわいいー!!」と盛り上がった。“かわいい”にはいろいろなほめ言葉が濃縮されている。

こだわりのある車に乗っている50代以上のオーナーを見かけると、いつか自分もそうなりたいと憧れる。丁寧に手入れされた美しい車に乗っている様子を見ると、オーナー自身も充実した日々を過ごしているような雰囲気がして、とてもスタイリッシュに映るのだ。

車はオーナー自身のライフスタイルを現すひとつの道具。さまざまな経験を積んだ方々が、手入れの行き届いたこだわりある美しい車に乗っている姿は、若者たちには心地よい刺激になっている。

文・鈴木珠美
カーライフアドバイザー&ヨガ講師。出版社を経て車、健康な体と心を作るための企画編集執筆、ワークショップなどを行っている。女性のための車生活マガジン「beecar(ビーカー)https://www.beecar.jp/ 」運営。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。 「MAZDA3(マツダ・スリー)発表会」から見えてきた「ヒトとク…
  2. 約5年ぶりに日本市場に復活したインサイト。車体は大型化し、全幅は1.8mを超える。低重心設計で、走行安定性は極めて高い。 ホンダ インサイト|走り、燃費、デザインを高次元で調和させたスポ…
  3. 車の会話、パッシング【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 車の会話、相手への思いやりの「パッシング」【彩りカーライフ~自分…
  4. 全てが純正を維持している300ZX50thアニバーサリーは、とても希少だそう。 【私のクルマ遍歴】『300ZX50thアニバーサリー』と『GT-…
  5. 左ハンドル仕様の和年さんの愛車。日本のスポーツカーとして、海外で高い評価を受けました。その出会いと物語は【後編】にて語ります。 【私のクルマ遍歴】本当は『300ZX』が欲しかったものの高すぎて…
PAGE TOP