新着記事

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】好奇心と巡り合わせで、買えないと思っていたスーパーカー・ロータス『ヨーロッパ』を手に入れることに(後編)

欲しいクルマやオートバイは、出会った時にしか手に入らない!

この頃になるとヨーロッパの整備や修理は、学生時代の先輩が経営する自動車修理店に託します。修理店はブリテッシュ・モーター・カンパニー、あるいはローバー時代の『ミニ』オーナーが集まる場であったため、秋葉さんも次第にミニに興味を持ち始めます。そしていつものように店に顔を出すと、程度の良いミニが売りに出ているのを目撃。先輩との交渉により、セリカ(加えて集めてあった補修用パーツ)とミニの交換が成立しました。

完全にレストアされたミニ。毎年、浜名湖で開催されるイベントに自走(片道300キロ以上)しても問題ないミニが完成。

完全にレストアされたミニ。毎年、浜名湖で開催されるイベントに自走(片道300キロ以上)しても問題ないミニが完成。

『熱風の虎』に登場し、子供の頃より憧れていたオートバイ、アグスタ。ミニの購入と時を同じくして、漫画に出てきたモデルではないものの、その後継であるMVアグスタの『750F4S』と出会います。Z1だけを愛車とし、長くオートバイを増車しなかった孝匡さんですが、「これだけはずっと欲しかった!」と、迷わず購入します。

「ミニは最初、調子よかったんです。けれど乗り始めてから半年ほどでミッションが壊れて不動車になり、結局、全体的に手を加えることとなりました。アグスタの支払いもありますから、小遣いは全額、消えていましたね。欲しいと思ったクルマやオートバイは、出会った時にしか手に入りません。二度目の機会なんて、ありません。たとえローンを使ってでも、出会った時に買うべきだと私は思っています」

アグスタは日本での馴染みは薄いが、本国イタリアでは高性能オートバイの代表格として扱われる。

アグスタは日本での馴染みは薄いが、本国イタリアでは高性能オートバイの代表格として扱われる。

ご家族の理解と、多くのクルマ仲間やオートバイ仲間に支えられ、乗り物趣味を楽しむ秋葉さん。これからもトラブルや乗れない期間すらも楽しみながら、笑顔でハンドルとレンチを握り続けるでしょう。

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)
ゲーム雑誌の編集者からライターに転向し、自動車やゴルフ、自然科学等、多岐に渡るジャンルで活動する。またティーン向けノベルや児童書の執筆も手がける。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の…
  2. 新しいスイフトスポーツでも、ボディカラーにチャンピオンイエローを選択します。 【私のクルマ遍歴】初めて買った『ジムニー SJ30』は12年落ち…
  3. 哲也さんの愛車は「元気の良いコンパクトハッチバック」として高い評価と人気を博す国産車。その出会いと物語は【後編】で語ります。 【私のクルマ遍歴】バイクにはまった青春時代。『GAG』『GF25…
  4. 廃校の小学校をリノベーション 道の駅でクルマ女子会【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろ…
  5. ボルボ V60|美しさ・機能性・安全性の三拍子揃った理想のファミ…
PAGE TOP