新着記事

絞り出し・至高急須|茶葉本来の魅力を引き出す、デザインの妙

難しく考えてしまいがちな独学を身近なものに|『独学のススメ-頑張らない! 「定年後」の学び方10か条』

頑張らない独学のススメ|「定年後」の学び方

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜とは…?|免疫力向上のために取り組んでいること第1位は「食事・栄養に気を配っている」!

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜1位はブロッコリー

【ビジネスの極意】 「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

【ビジネスの極意】「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

姫革細工の長財布|華やかさと気品を添える、和モダン柄の美しい財布

コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ

1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】好奇心と巡り合わせで、買えないと思っていたスーパーカー・ロータス『ヨーロッパ』を手に入れることに(後編)

欲しいクルマやオートバイは、出会った時にしか手に入らない!

この頃になるとヨーロッパの整備や修理は、学生時代の先輩が経営する自動車修理店に託します。修理店はブリテッシュ・モーター・カンパニー、あるいはローバー時代の『ミニ』オーナーが集まる場であったため、秋葉さんも次第にミニに興味を持ち始めます。そしていつものように店に顔を出すと、程度の良いミニが売りに出ているのを目撃。先輩との交渉により、セリカ(加えて集めてあった補修用パーツ)とミニの交換が成立しました。

完全にレストアされたミニ。毎年、浜名湖で開催されるイベントに自走(片道300キロ以上)しても問題ないミニが完成。

完全にレストアされたミニ。毎年、浜名湖で開催されるイベントに自走(片道300キロ以上)しても問題ないミニが完成。

『熱風の虎』に登場し、子供の頃より憧れていたオートバイ、アグスタ。ミニの購入と時を同じくして、漫画に出てきたモデルではないものの、その後継であるMVアグスタの『750F4S』と出会います。Z1だけを愛車とし、長くオートバイを増車しなかった孝匡さんですが、「これだけはずっと欲しかった!」と、迷わず購入します。

「ミニは最初、調子よかったんです。けれど乗り始めてから半年ほどでミッションが壊れて不動車になり、結局、全体的に手を加えることとなりました。アグスタの支払いもありますから、小遣いは全額、消えていましたね。欲しいと思ったクルマやオートバイは、出会った時にしか手に入りません。二度目の機会なんて、ありません。たとえローンを使ってでも、出会った時に買うべきだと私は思っています」

アグスタは日本での馴染みは薄いが、本国イタリアでは高性能オートバイの代表格として扱われる。

アグスタは日本での馴染みは薄いが、本国イタリアでは高性能オートバイの代表格として扱われる。

ご家族の理解と、多くのクルマ仲間やオートバイ仲間に支えられ、乗り物趣味を楽しむ秋葉さん。これからもトラブルや乗れない期間すらも楽しみながら、笑顔でハンドルとレンチを握り続けるでしょう。

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)
ゲーム雑誌の編集者からライターに転向し、自動車やゴルフ、自然科学等、多岐に渡るジャンルで活動する。またティーン向けノベルや児童書の執筆も手がける。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ 1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシッ…
  2. モーニングクルーズ 「モーニングクルーズ」知ってますか?|車好きの聖地、「代官山蔦屋…
  3. 家族での長距離ドライブに関する調査 2019|長距離ドライブでも行く価値があると思う温泉地 1位は「草津」 長距離ドライブ中、家族から聞きたくないセリフ1位は「まだ着かない…
  4. 写真は代々木パーキングエリアの無料休憩所 首都高グルメグランプリを味わう【彩りカーライフ~自分の人生をかろ…
  5. BMW/Z4|トヨタとの技術提携で開発。人工知能技術も活用したロ…
PAGE TOP