新着記事

退職金・企業年金・私的年金も忘れずに。セカンドライフの収支もチェック【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後にもらえるお金はいくら!?|年金だけでなく、退職金・企業年金・私的年金の受け取れる総額を知る【今からはじめるリタイアメントプランニング】

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

常滑焼の炭化焼成の急須と湯呑み2客組|コクがあり柔らかな味が楽しめる炭化焼成のセット

佐世保鎮守府関連の日本遺産を巡る特別な徒歩ツアー|長崎県佐世保・日本近代化の躍動を体感できる街【1】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【前編】

同窓会で気になること第1位は「友人のおばさん化」!?

高校時代、あんなにキレイだったのに……|同窓会で気になったこと第1位は「友人のおばさん化」

八幡堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、往時の賑わいが偲ばれる

水運で潤う城下町を全国に残す|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【田中吉政編】

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

岡山県産綿布の雪駄|素足に心地よい伝統の綿布を使用。普段着でさくさく歩きたい

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトークショーが開催されます。

第1弾『江戸城と大奥』、第2弾『CGで甦る江戸庶民の暮らし』に続き、第3弾『江戸三百藩大名列伝』が発売された「サライの江戸」シリーズ。

出演は、テレビなどでもおなじみ、歴史をわかりやすく解説することにかけては定評ある東京大学史料編纂所の山本博文教授、そして元「歴史人」の編集長で歴史探偵家の高橋伸幸氏。共に第1弾の『江戸城と大奥』から「サライの江戸」シリーズに関わっていただいているお二人にご登場いただき、「サライの江戸」シリーズ誕生の裏話や江戸に関する熱い想いを語っていただきます。

東京大学史料編纂所・山本博文教授。

特に注目は、山本先生、高橋さんが独断で選ぶ「名君、暗君」BEST 3。『江戸三百藩大名列伝』では、「時代を読む目」「人材登用の巧みさ」「統率力」「倹約による合理化」(名君)、「過保護」「反社会的」「色欲」「野心」(暴君・暗君)といったそれぞれ4つの評価軸でランキングを決めましたが、それに縛られず独自の視点で「名君、暗君」を語っていただきます。さて、どんな藩主が飛び出すか……。

『江戸三百藩大名列伝』第1章「名藩主列伝ベスト30」より。

『江戸三百藩大名列伝』第3章「暴君・暗君ワースト10」より。

トークショーの日時は2018年11月1日(木)19時~(開場:18時45分)。場所は本の街、東京・神保町の「書泉グランデ」7階となります。

お申し込み、詳細情報は以下のURL(書泉グランデ ホームページ)をご覧ください。
https://www.shosen.co.jp/event/84463/

定員60名のため、申し込みはお早めに!

●山本博文教授
1957年、岡山県生まれ。東京大学文学部国史学科卒、東京大学大学院修士課程修了、現在、東京大学史料編纂所教授。日本近世史専攻、文学博士。主な著書に『将軍と大奥―江戸城の「事件と暮らし」』(小学館)、『参勤交代』(講談社現代新書)、『切腹』(光文社新書)、『お殿様たちの出世』(新潮社)などがある。

●高橋伸幸さん
歴史探偵家。出版社ベストセラーズで雑誌『ザ・ベストマガジンspecial』、『street Jack』、『歴史人』、『男子食堂』などを創刊編集長として立ち上げ、『一個人』の編集長も兼任。副社長を経て独立。著書に『人生を決断する!武将<サムライ>の言葉1000』(西東社)、『戦国の合戦と武将の絵事典』(成美堂出版)、『人生を切り開く!西郷隆盛の言葉100』(扶桑社)などがある。

歴代藩主ランキングからCGで再現する大名の暮らしまで
『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』

サライ編集部/1,700円+税/中A4判/144ページ
2018年10月9日発売
ISBN 978-4-09-103555-4

試し読みできます!
↓↓↓
https://shogakukan.tameshiyo.me/97840910355540

詳細はこちらをご覧ください。
https://www.shogakukan.co.jp/books/09103555

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 江戸城大手門前 【江戸三百藩】年始、五節句、定例日……|江戸城への登城は大名たち…
  2. 『江戸始図』 なぜ江戸が日本で一番大きい例外になったのか?|直木賞作家・門井慶…
  3. 江戸時代、犬と鷹はどちらが偉かったのか?
  4. 江戸最悪の暴君 3位は真田信利、2位は松平忠輝。では1位は?
  5. 「江戸」から「東京へ」…150年の変遷を辿る企画展
PAGE TOP