新着記事

【ビジネスの極意】上司が部下の「やる気」に関わってはいけない理由 【ビジネスの極意】上司が部下の「やる気」に関わってはいけない理由 知っておきたい介護の基本 公的介護保険のしくみと利用できるサービス|知っておきたい介護の基本 ヒノキのぐい呑み|京都産ヒノキを厳選し職人が仕上げた香り高い酒器 うにの旨みと甘味を堪能「ヤマチュウ食品」の北海道産 粒うに【サライのお取り寄せ】 思わず涙ぐんでしまう懐かしのTVドラマ|面白かった80年代のTVドラマランキング 面白かった80年代のTVドラマランキング|第1位は、あの人気シリーズ! ベルエアーがたたずんでいる場は、まるでアメリカにいるよう錯覚させる。 【私のクルマ遍歴】自分のしたい仕事とクラシックカー『ベルエア』を追いかけて、走り回った50代(後編) 幾度ものレース中のクラッシュを乗り越え、スカイラインは走り続けました。 【私のクルマ遍歴】『ハコスカ』と共に目指したが、叶わなかったレースドライバーの夢(前編) 日本一は「岐阜都ホテル」の朝ごはんに決定! 「朝ごはん」がおいしい宿泊施設ランキング|日本一は「岐阜都ホテル」の「あゆ雑炊」に決定! 柔らかく濃厚な旨み!仙台の専門店「陣中」の牛タン塩麹熟成【サライのお取り寄せ】 【娘のきもち】今も家族との関係をつなぐカットの時間。あの時美容師をやめなくて本当によかった~その2~ 【娘のきもち】今も家族との関係をつなぐカットの時間。あの時美容師をやめなくて本当によかった~その2~

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

『フランダースの犬』は死んでいない?| 原作者ウィーダ女史の数奇な人生

文/柿川鮎子

フランダースの犬

小学館ジュニア文庫 世界名作シリーズ フランダースの犬

フランダースの犬といえばパトラッシュと少年ネロ。テレビアニメの最後のシーンは、クリスマスの深夜、大聖堂の中でした。力尽きたネロはパトラッシュの背中に手を乗せて言います。「パトラッシュ……疲れたろう。僕も疲れたんだ。なんだかとっても眠いんだ……」。パトラッシュとネロはずっと見たかった絵の前で、眠るように亡くなります。

天使が舞い降り、ふたりを天へと誘う、最後の昇天シーンは、多くの人の心を捉え、「フランダースの犬」は今でも人気の高い作品です。CMを提供したカルピスの会長は敬虔なクリスチャンで、この昇天シーンに流れる曲をアベ・マリアにするようにと、黒田昌太郎監督へ指示を出しました。

司馬遼太郎をして「桃太郎か浦島太郎ほどの知名度がある」(街道をゆく・オランダ紀行)と言わしめたほど、フランダースの犬は日本で特に有名な作品です。しかし、原作の舞台となったベルギーやイギリスなどヨーロッパでは忘れられた存在であることを知って驚いた司馬遼太郎は、「フランダースの犬の謎」という文章を残しました。

■ネロの心情に寄り添えない欧米人の感覚

日本人の心を捉えたこの名作ですが、パトラッシュもネロも死なない、ハッピーエンドの「フランダースの犬」が発刊されていました。1931(昭和6)年、大日本雄弁会講談社発刊「花の首輪」(宇野浩二著)と、1936(昭和11)年、同社刊「フランダースの犬」(池田宣政著)では、大聖堂で横たわっていたネロとパトラッシュは眠りから覚め、立派な馬車に乗って故郷へ帰ります。少年少女向けの物語にする際、なるべく受け入れやすいように変えたのでしょう。ハッピーエンド版を書いた宇野浩二は、「結末は雑誌社の方から頼まれて、直しましたが、これは直した方がよいと思って直しました」と書き残しています。

昭和6年、玉川学園出版部発刊の「フランダースの犬」書影と挿絵(国立国会図書館アーカイブズ)

昭和6年、玉川学園出版部発刊の「フランダースの犬」書影と挿絵(国立国会図書館アーカイブズ)

原作とは異なり、死なないパトラッシュとネロは、日本以外にもたくさん存在しました。アメリカ、イギリスでは映画にもなっています。子供であっても自主独立を目指すべきという考え方が行き渡っているヨーロッパでは、ネロが15歳になってもきちんと自立していない点が理解されず、「ダメな子がダメなまま死ぬ」という物語は、心情的に受け入れ難く、ハッピーエンドに変えたのでしょう。

画家を目指す主人公・ネロはミルク運びの仕事をしていましたが、新しく参入した会社により、職を失います。欧米人の感覚では、これもただ仕事を追われるだけの無能者という印象が強く、前向きに戦ったり、再雇用を請求するような強い意志をもたないネロに共感できません。結局、ハッピーエンドにしなければ、理解しがたい内容でもあり、「フランダースの犬」は時代とともに忘れられた作品となりました。

■ストーカー気質で恋愛下手な人気女流作家

一方、日本では桃太郎や浦島太郎と同列で語られるほど有名なフランダースの犬ですが、原作者の名前を正確に思い出せる人は少ないでしょう。それもそのはず、男性か女性かもわからない、ウィーダ(Ouida)という、ちょっと不思議なペンネームをもつ女性です。本名はマリー・ルイーズ・ド・ラ・ラメー (Marie Louise de la Ramée) 。フランス人の父とイギリス人の母のもと、イングランド東部に生まれました。20歳そこそこでロンドンへ上京し、イギリス上流階級の生活や暮らしを小説仕立てでリアルに描き、当時、台頭してきた中産階級の女性たちの間で大人気作家となりました。貴族達のスキャンダルを赤裸々に書きまくって、良識ある人々の顰蹙を買います。今なら炎上上等の人気ユーチューバーといった役割でした。

ウィーダ女史

ウィーダ(Ouida, 1839年 – 1908年)本名:マリー・ルイーズ・ド・ラ・ラメー (Marie Louise de la Ramée)

一流ホテルで暮らしながら、派手なパーティーを主催し、そこで見聞きした噂話を面白おかしく書いていたウィーダは、自分自身もイタリア人オペラ歌手を相手に一方通行の恋をします。巨大な花束や贈り物攻撃で相手の気をひこうとしますが、まったく相手にされません。ウィーダにスキャンダルを暴露された人々にとって、こんなに面白い話はありません。相手の気持ちを無視してやり過ぎたウィーダは、ロンドンに居られなくなってしまいます。しかし、この恋愛事件がなければ、フランダースの犬は生まれなかったでしょう。

失恋によるダメージから回復するために、ウィーダはロンドンを脱出。ヨーロッパ各地を転々としました。特に心惹かれたのはベルギー北部のフランドル地方でした。そこでアロアのモデルとなる少女と出会い、犬と少年の物語の構想を練りました。失恋旅行後、ウィーダはイタリア、フィレンツェに新しく居を構え、かのフランダースの犬を完成させます。

■犬屋敷の老女と呼ばれた最後

フィレンツェに落ち着いた後も、精力的に作品を発表したウィーダですが、しばらくしてロンドンでの失敗を繰り返します。イタリア人貴族スタファ侯爵に対し、一方通行の恋愛事件を引き起こします。多くの人を巻き込んだ、ストーカーもどきの恋愛により、ウィーダはロンドンの時と同じように人々の顰蹙をかい、非難と嘲笑から逃れるようにローマへと転居します。

なぜ同じ恋愛の失敗を繰り返すのか、理解に苦しみますが、彼女の素晴らしいところは、こうした体験を糧として、次の作品へと小説をステップアップさせていった点にあります。スタファ侯爵との恋愛事件もしっかり作品に残し、読者を満足させてくれました。

赤裸々な作品により、多くの友人を失ったウィーダは、ロンドンに戻りますが、その頃から少しずつ経済的にひっ迫するようになります。彼女の作品は中産階級の女性たちに読まれていましたが、貴族へのあこがれや恋愛小説に対する関心が薄れ、貸本事業自体が縮小します。読者は雑誌を買い、リアルでスキャンダラスな記事に夢中になってゆくのです。

自尊心が高く、頑固で、猪突猛進な恋愛体質のウィーダを支えていた母親が亡くなります。54歳のウィーダは墓を買うこともできず、母を共同墓地に埋葬します。使用人の裏切りや、社交界での人間関係に疲れたウィーダは、次第に犬に心の癒しを求めます。捨てられた犬を引き取り、彼女が住むヴィラ・ファリノーラは数十頭の犬で溢れ、「犬屋敷」と呼ばれるようになりました。

ウィーダはロケットペンダントに大好きな犬の写真を入れて身に着けていました

ウィーダはロケットペンダントに大好きな犬の写真を入れて身に着けていました

フランダースの犬で、パトラッシュは決してネロを裏切らず、最後までネロに寄り添います。それは、孤独で頑固なウィーダがそうあって欲しいと願った愛の形であったかもしれません。失恋旅行の最中で構想を練ったフランダースの犬は、ネロにもパトラッシュにも疎外感と孤独の影が付きまといます。パトラッシュは、彼女が愛した男性を投影した、理想の存在のようにも見えます。

ウィーダの墓にはひっそりと、犬の彫刻が寄り添っています。そして、彼女の記念碑は動物愛護運動のシンボルとして給水塔が設置され「動物たちが水を飲むたびに、動物を愛した彼女の優しい魂が和らぎますように」と刻まれました。

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 好きな犬種ランキング2018 好きな犬ランキング2018、3年連続1位はあの犬種
  2. 前島ブン太君は飼い主さんが異常に気づいてくれました 「うちの子臭う」は危険のサイン? 愛犬の正しいデンタルケア
  3. 「モモ」が6年振りに1位を獲得!|犬の名前ランキング2018 
  4. 江戸時代、犬と鷹はどちらが偉かったのか?
  5. 犬も猫も1位は雑種?|最新ペット人気ランキング
PAGE TOP