新着記事

【ビジネスの極意】上司が部下の「やる気」に関わってはいけない理由 【ビジネスの極意】上司が部下の「やる気」に関わってはいけない理由 知っておきたい介護の基本 公的介護保険のしくみと利用できるサービス|知っておきたい介護の基本 ヒノキのぐい呑み|京都産ヒノキを厳選し職人が仕上げた香り高い酒器 うにの旨みと甘味を堪能「ヤマチュウ食品」の北海道産 粒うに【サライのお取り寄せ】 思わず涙ぐんでしまう懐かしのTVドラマ|面白かった80年代のTVドラマランキング 面白かった80年代のTVドラマランキング|第1位は、あの人気シリーズ! ベルエアーがたたずんでいる場は、まるでアメリカにいるよう錯覚させる。 【私のクルマ遍歴】自分のしたい仕事とクラシックカー『ベルエア』を追いかけて、走り回った50代(後編) 幾度ものレース中のクラッシュを乗り越え、スカイラインは走り続けました。 【私のクルマ遍歴】『ハコスカ』と共に目指したが、叶わなかったレースドライバーの夢(前編) 日本一は「岐阜都ホテル」の朝ごはんに決定! 「朝ごはん」がおいしい宿泊施設ランキング|日本一は「岐阜都ホテル」の「あゆ雑炊」に決定! 柔らかく濃厚な旨み!仙台の専門店「陣中」の牛タン塩麹熟成【サライのお取り寄せ】 【娘のきもち】今も家族との関係をつなぐカットの時間。あの時美容師をやめなくて本当によかった~その2~ 【娘のきもち】今も家族との関係をつなぐカットの時間。あの時美容師をやめなくて本当によかった~その2~

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

夢の株主優待生活!?|『定年後も安心! 桐谷さんの株主優待生活 50歳から始めてこれだけおトク』

文/印南敦史

定年後も安心! 桐谷さんの株主優待生活

桐谷広人という名前に聞き覚えがないという人でも、“株主優待生活の人”と聞けば、「ああ、あの人か」とピンとくるかもしれない。

株主優待で送られてきた食料や服、日用品などを最大限に活用して楽しそうに生きるその姿は、テレビ番組でも幾度となく取り上げられているからだ。本業は将棋棋士だというが、そちらのイメージのほうが浸透しているのである。

『定年後も安心! 桐谷さんの株主優待生活 50歳から始めてこれだけおトク』(桐谷広人著、祥伝社)は、そんな氏の新刊。リタイア世代に向けて、「原資を目減りさせずに豊かな生活を送る方法」を紹介したものである。

 総務省の「家計調査年報」によれば、夫婦が老後に必要とするお金は、平均で月に約28万円。25年で計算すれば8400万円に上ります。ましてや、100歳までとなったら、軽く億を超えてしまうではありませんか。あてにならない年金だけでその資金をまかなうのは、非常に難しいことは言うまでもありません。私たちはもっと積極的に老後資金の確保に動く必要があります。
そこで本書では、私自身が行っている「原資を目減りさせずに豊かな生活を送る法」をお伝えしていきます。その方法とは、ずばり「いい優待がついた株に分散投資する」というものです。リタイア世代にとって、これ以上の方法はないと私は確信しています。(本書「はじめに」より引用)

しかし、そうは言っても株には多少なりともリスキーなイメージがある。これまでの人生を振り返ってみても、「○○さんが株で破産したらしい」というような話は何度か耳にしたことがあるのではないだろうか。そのため、どうしてもギャンブル的なものとして考えてしまいがちだということである。

著者も、その点を否定しているわけではなく、「やりようによっては、株はリスキーです」と認めている。だが、それはあくまで値上がり益(キャピタルゲイン)を狙った株式投資の話。値上がりを期待して買った株が、思惑とは逆に値下がりするからこそ悲劇は起こるということだ。

一方、「株主優待」に着目した著者の手法は「危険度ほぼゼロ」なのだそうだ。なぜなら、そもそも優待に力を入れている企業の株は、価格が安定しているから。つまりは値動きの少ない堅実な株を、安い価格ですむ最小単位で購入し、株主優待だけはしっかり手に入れるという手法だというのである。

銘柄によっては配当(企業が得た利益の一部を株主へ還元するもの)も手にすることができ、思いのほか値上がりした銘柄を売って値上がり益で儲けることも可能。

しかし、なんといっても最大の魅力は優待。そして「超初心者ほど株主優待を始めるべき」だと強調する著者は、その理由として次の7つを挙げている。

1 株主優待は少額で始めれば始めるほどおトク
2 株主優待では、リスク分散するほどおトク
3 優待品には税金がかからない
4 株主優待のある銘柄は、暴落の心配が少ない
5 投資信託は意外に手数料がかかる
6 仮想通貨は税金が大変! ダメ、絶対
7 優待生活では、現金をほとんど使わない
(本書第1章「少額でも大きな存在感! 株主優待の魅力」より抜粋)

どれもとりたてて奇抜な発想ではなく、「考えてみればそのとおりだな」と思えることばかりだ。だからこそリスクを回避して手堅く利用すれば、意外なほどリスクは少ないということのようである。

そして、上記のなかでいちばん説得力を感じさせるのは、やはり7だろう。ここには、明かされる機会の少ない株主優待のメリットが凝縮されているからである。

 私の財布は優待券でぱんぱんになっているけれど、現金はあまり入っていません。というのも、日々の生活において現金はほとんど必要としないからです。
かといって家に閉じこもって隠居生活を決め込んでいるわけではありません。同年代の男性たちよりも、ずっと活動的な日々を送っているつもりです。
私は年齢に似合わず、服も鞄も靴もたくさん持っているし、たびたび外食もします。映画もしょっちゅう観るし、スポーツクラブにも行きます。ただ、それらをほぼ優待でまかなっているために、現金支出の機会が極端に少ないのです。(本書32ページより抜粋)

現金を使うのはもっぱら小銭ばかりで、たとえば500円分の食事券を使って540円のランチを食べたとき、差額の40円を支払うといったレベル。衣類は下着からコートまで全部、優待で手に入れたもので、シャンプーやタオルなどの生活用品もすべて優待品。また優待にはカタログから好きなものを選べるタイプのものも多いので、上等なすきやき肉や海鮮も手に入るのだそうだ。

そのため、お金を出して買うのは野菜や豆腐などの生鮮食品くらいのもの。しかも支払いには、優待でもらったおこめ券(お米以外の商品購入にも使える)を使うため、支払いは端数の小銭のみ。

その小銭をいかに少なく抑えるかを考えながら買い物をするのが楽しみであり、2〜3円に抑えられたら満足度、達成感を味わえるのだという。

さすがに小銭の使用までをここまで細かくすることには、抵抗がある人もいるはずだ。外食もよくするとはいえ、それは優待券を発行している大手飲食店などに限られた話。そのため、節制ややりくりを楽しめないタイプの人には、必ずしも役に立つとは限らないかもしれない。

とはいえ著者も指摘しているとおり、これからは老後資金の確保について具体的に考える必要がある。そこで、本書のなかから「できそうなこと」「抵抗感のないこと」だけを抽出し、自身の生活に応用してみてはいかがだろう。

そうするだけで支出を減らすことができ、それをきっかけとして株主優待生活への関心が高まっていくことになるかもしれないのだから。

定年後も安心! 桐谷さんの株主優待生活 50歳から始めてこれだけおトク 

桐谷広人著、祥伝社
四六判ソフト /212頁
2018年10月発売
定年後も安心! 桐谷さんの株主優待生活 50歳から始めてこれだけおトク

文/印南敦史
作家、書評家、編集者。株式会社アンビエンス代表取締役。1962年東京生まれ。音楽雑誌の編集長を経て独立。複数のウェブ媒体で書評欄を担当。著書に『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)、『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』(KADOKAWA)、『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)、『人と会っても疲れない コミュ障のための聴き方・話し方』などがある。新刊は『読んでも読んでも忘れてしまう人のための読書術』(星海社新書)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 昭和歌謡は終わらない 個性豊かな楽曲であふれていたあの時代|『昭和歌謡は終わらない』
  2. 『野見山暁治 人はどこまでいけるか』 先達のことばに学ぶ|『 野見山暁治 人はどこまでいけるか』
  3. 定年後は好き勝手に生きる|『俺たちの定年後 - 成毛流60歳からの生き方指南 -』 定年後は好き勝手に生きる|『俺たちの定年後 – 成毛…
  4. JAZZ遺言状 寺島靖国氏が語るジャズ7箇条|『JAZZ遺言状』
  5. 隣り合っていながら絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 静岡vs山梨、千葉vs埼玉|絶対に負けられない「犬猿県」の終わり…
PAGE TOP