新着記事

2016年10月29日、「樹木希林の遺言」の演題で静岡市にて開催された講演の模様をDVDで初公開。希林さんが講演を引き受けることは滅多になく、講演自体が貴重な記録だ。講演では、希林さん独特の人生観、死生観が、時折笑いを交えながら、淡々と語られた。

女優・樹木希林が明かした“幸せの極意”|全身がん公表後の講演会がDVDブックで初公開

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

東京歯科大学口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室 武田友孝教授(左)。右は筆者。

【キーパーソンに聞く|東京歯科大学 武田友孝教授】「正しく噛むことが怪我予防につながる」

傷だらけの天使

さえない場面でも、ブザマな状況でも全部カッコよかったショーケン『傷だらけの天使』【面白すぎる日本映画 第29回・特別編】

サライ読者に聞いた「最近始めた趣味/やめた趣味」ランキング

サライのマカオ紀行記事がマカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」を受賞!

「イズント・シー・ラヴリー」のオリジナルが収録されたスティーヴィー・ワンダー『キー・オブ・ライフ』(モータウン)。

スティーヴィー・ワンダーの「イズント・シー・ラヴリー」がどうして「ジャズ・スタンダード」となったのか?|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道2】

史上初のゴールデンウィーク10連休! どこに行く? 今から行ける旅先は?

ゴールデンウィーク10連休、旅行の予定ありますか?| 海外旅行先、人気ナンバー1はやっぱり「ハワイ」!

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

巨匠フェルメールの全作品を原寸大で見られる画期的な画集が誕生

文/編集部

バロック絵画の巨匠として名高いヨハネス・フェルメール(1632-1635)。現存する作品は35点しかなく、その希少性から1作品でも来日すれば展覧会が成立するほどだが、今年10月5日から東京・上野の上野の森美術館で開催される『フェルメール展』には9点も来日(同時期に見られるのは8点)されるということで、過去最大規模のフェルメールの展覧会になると話題を集めている。

その展覧会に先立ち、フェルメールの画集『フェルメール原寸美術館 100% VERMEER!』(小学館)が刊行された。その名の通り、現存するフェルメール作品35点すべてを「原寸大」で見ることができるという、画期的な画集である。

「光の魔術師」とも称される画家フェルメールの真骨頂は、リアリティを追求した卓越した描写テクニックにあるが、その実態は原寸大にまで拡大することによって初めて確認できるものが多い。同書では、作品によっては150%、200%など原寸以上に拡大した図版で、じっくりとその繊細な秘技を鑑賞・観察できる。

光をあらわす細かな点描や、表面の絵具の盛りや割れ目まではっきり見え、フェルメールの超絶技巧をあらためて“発見”できるというわけだ。

さらに同書では、フェルメールを知る上でキーワードとなる6つのテーマに沿って、全作品の見どころを詳細に解説。原寸図版とあわせて、漫然と観賞するだけではなかなか気がつかないような、絵の細部に秘められた謎を読み解く楽しみも得られる。

美術印刷の分野でとくに定評の高いNISSHAによる、迫真の超美麗印刷もこの画集の大きな魅力のひとつだ。

フェルメール全作品のサイズの違いが一覧表示で実感できるのも面白い。

ページをめくるごとに、驚くべき発見が得られるフェルメールの画集『フェルメール原寸美術館 100% VERMEER!』。もし仮に真作を目の前にしても、これだけ接近して観賞することはなかなか困難だろう。『フェルメール展』に出かける前の予習にも格好の一冊と言える。

『フェルメール原寸美術館 100% VERMEER!』
監修:千足伸行(成城大学名誉教授・広島県立美術館館長)
A4判 並製 200ページ 定価 本体3000円+税
>>詳細はこちら

↑表紙をクリックすると試し読みできます

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 世界が熱狂するフェルメール【フェルメール展】
  2. Image Art Gallery ヨハネス・フェルメール 真珠…
  3. サライ11月号|特集はフェルメールと秋の奈良旅、付録は特製スケジ…
PAGE TOP