新着記事

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その1~

塾に通う小学生・中学生の子どもをもつ保護者に聞いた「塾への満足度調査」

塾に通う小学生・中学生の保護者に聞いた「退塾の原因」

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

巨匠フェルメールの全作品を原寸大で見られる画期的な画集が誕生

文/編集部

バロック絵画の巨匠として名高いヨハネス・フェルメール(1632-1635)。現存する作品は35点しかなく、その希少性から1作品でも来日すれば展覧会が成立するほどだが、今年10月5日から東京・上野の上野の森美術館で開催される『フェルメール展』には9点も来日(同時期に見られるのは8点)されるということで、過去最大規模のフェルメールの展覧会になると話題を集めている。

その展覧会に先立ち、フェルメールの画集『フェルメール原寸美術館 100% VERMEER!』(小学館)が刊行された。その名の通り、現存するフェルメール作品35点すべてを「原寸大」で見ることができるという、画期的な画集である。

「光の魔術師」とも称される画家フェルメールの真骨頂は、リアリティを追求した卓越した描写テクニックにあるが、その実態は原寸大にまで拡大することによって初めて確認できるものが多い。同書では、作品によっては150%、200%など原寸以上に拡大した図版で、じっくりとその繊細な秘技を鑑賞・観察できる。

光をあらわす細かな点描や、表面の絵具の盛りや割れ目まではっきり見え、フェルメールの超絶技巧をあらためて“発見”できるというわけだ。

さらに同書では、フェルメールを知る上でキーワードとなる6つのテーマに沿って、全作品の見どころを詳細に解説。原寸図版とあわせて、漫然と観賞するだけではなかなか気がつかないような、絵の細部に秘められた謎を読み解く楽しみも得られる。

美術印刷の分野でとくに定評の高いNISSHAによる、迫真の超美麗印刷もこの画集の大きな魅力のひとつだ。

フェルメール全作品のサイズの違いが一覧表示で実感できるのも面白い。

ページをめくるごとに、驚くべき発見が得られるフェルメールの画集『フェルメール原寸美術館 100% VERMEER!』。もし仮に真作を目の前にしても、これだけ接近して観賞することはなかなか困難だろう。『フェルメール展』に出かける前の予習にも格好の一冊と言える。

『フェルメール原寸美術館 100% VERMEER!』
監修:千足伸行(成城大学名誉教授・広島県立美術館館長)
A4判 並製 200ページ 定価 本体3000円+税
>>詳細はこちら

↑表紙をクリックすると試し読みできます

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 世界が熱狂するフェルメール【フェルメール展】
  2. Image Art Gallery ヨハネス・フェルメール 真珠…
  3. サライ11月号|特集はフェルメールと秋の奈良旅、付録は特製スケジ…
PAGE TOP