新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

貧乏だった喜連川藩があみだした金儲けの秘策とは

文/鈴木拓也

喜連川藩は、今の栃木県さくら市喜連川にあった日本最小の藩で、たった五千石の「貧乏」藩でもあった。それでいながら、清和源氏の流れを汲む足利氏の直系ということで、徳川家から破格の扱いを受け、家格は十万石相当、参勤交代など諸役は免除され、御所の称号を許されていた。喜連川藩主だけが、なみいる譜代大名クラスをおさえ「御所様」と呼ばれていたのである。

しかし、家格は高くても、いかんせん五千石の規模なので、藩の台所事情は常に火の車であった。それを代々の御所様は、知力の限りを尽くして乗り切ってきたのである。

こうした、喜連川の代々藩主の金策をつづったノンフィクションが、今回紹介する『貧乏大名“やりくり”物語』(山下昌也著、講談社)である。

例えば、基幹産業であった宿場を徹底的に盛り立てるべく、参勤交代で通過する大名行列(大事なお得意様である)を藩の家中が全員で歓迎した。ある年などは、仙台候が御所様に挨拶に伺った際は、家老以下、家中の士がそろって追手門で出向かえたという(家臣は薄給で、仙台候の土産品を期待したというもあった)。

飢饉があって、奥州街道の宿場があらかた米不足に陥り、飯を宿泊客に出せない事態になったときも、唯一喜連川藩のみが、米飯を出せたというが、大事なお客様を困らせないという信念の現れである。

一方で、小藩ならではの、せせこましい手法でも財源を確保している。例えば、「入酒法度」。つまり他藩から酒は購入せず、宿場町や茶屋は全て、駿河屋という藩内の酒造家から調達すべしという法令があった。独占販売のおかげで駿河屋は大いに潤ったが、その代り冥加金という形で藩に支払いが義務付けられた。

また、世襲家業で代々続くのがふつうであった本陣は、喜連川ではなぜか名義がころころ変わった。これは、書類不備といった些細なことを理由に経営権を召し上げ、競争入札によって新たな経営者を決めたからである。そして落札者は冥加金を払うのである。

このように商人には厳しい処遇を行い、家臣らを薄給で我慢させることはあっても、絶対に領民を困窮させない、というのが御所様の絶対方針であった。不作が続くと、備蓄米を放出し、金蔵の金を分け与えた。富裕な者に米を出させ、貧窮した者に与えた。「領民の困窮は、自分の罪」という考えを明治維新まで貫き通し、一揆のような不穏の事態を一度も招かなかったというから、さすがである。

本書は、数少ない強みを徹底的に生かす、下位の者をいたわる、頭に汗をかいて様々な策を練って将来に備える、といった現代人も見習うべき教訓が散りばめられたノウハウ書としての側面もある。江戸の歴史ファンだけでなく、小企業の運営に携わる人にとっても得るところは大きいだろう。

【今日の一冊】
『貧乏大名“やりくり”物語』
(山下昌也著、講談社)
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062816878

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 元国税調査官が教える「やってはいけない老後対策」とは
  2. オレを認めて臭、根性臭…「加齢臭」がする話し方とは?
  3. 大人同士だからこそ叶う「晩婚/シニア婚」の素晴らしい点3つ
  4. W杯史に残る快挙!日本サッカーの転機「ベルリンの奇跡」とは
  5. 『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印…
PAGE TOP