新着記事

もみじ盆栽|漆器の鉢植えのもみじで四季の移ろいを楽しむ

国宝 海磯鏡 唐または奈良時代・8世紀 東京国立博物館(法隆寺献納宝物)(通期展示)

正倉院宝物と法隆寺献納宝物が一堂に【御即位記念特別展 正倉院の世界―皇室がまもり伝えた美―】

イマドキ60代独身は「気楽」「自由」を背景に約半数が老後も「1人で過ごしたい」

結婚しない60代は「気楽」「自由」に、老後も1人で過ごしたい

【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その2~

【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その1~

楊洲周延著 千代田の大奥神田祭礼上覧 狆のくるひ(国立国会図書館アーカイブズ)

狆と呼んだ娘と結婚した日露戦争の英雄・秋山好古

腰痛・坐骨神経痛の改善はストレッチから!痛む部位別にわかる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第28回】

腰痛・坐骨神経痛の改善はストレッチから! 痛む部位別にわかる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第28回】

IMABARI コットンスヌード|無造作に巻いても形が決まる、暖かなコットン襟巻き

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

夕刊サライ

日本酒をもっと自由に!「柑橘系ロック」のすすめ(福澤朗の美味・料理コラム 第1回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金曜日は「美味・料理」をテーマに、福澤朗さんが執筆します。

文・写真/福澤朗(フリーアナウンサー)

私は和菓子と日本酒の二刀流。日本酒は毎晩のように飲んでいますし、お酒が飲めなくなったら人生終わりだ!、と思っているくらいです。

私の日本酒好きはじつは妻の影響。うちの妻は初めての給料で福井の名酒「黒龍」の一升瓶を買ってきたというほどの日本酒好き。25年ほど前でしょうか、結婚前、妻とのデートは当時まだ少なかった日本酒専門の居酒屋を巡ることでした。そのうちに僕も日本酒の奥深さ、造り方の難しさや繊細さも含めて、はまっていきました。

結婚後、妻は妊娠・出産を機にあまり飲めなくなってしまい、今ではお猪口2~3杯と付き合う程度。それでも日本酒のチョイスは妻の役割で、酒蔵の方ともお付き合いさせていただいています。妻が飲みたい日本酒が冷蔵庫に入りきらずキッチンを占拠しています。

飲む量は2日で4合瓶1本。日本酒は飲む30分ほど前に冷蔵庫から出し、少し常温に戻して、飲み進めるうちに温度による味の変化も楽しんでいます。飲む際の最初のあてはチーズ、ナッツ類、レーズンなど。そのあとはその日の夕飯のおかずとともに飲んでいます。

考えてみると昔、うちの親父も同じように飲んでいたなと、最近思い出しています。歳を重ねると同じようになるんですかね。

日本酒はちょっと敷居が高いと言われますが、僕はもっと自由に日本酒を楽しむべきだと思っています。そこで夏におすすめなのが、柑橘系ロック。グラスに氷を入れ、ライム3個分を握力が尽きる限りぎゅうぎゅう絞って、そこに日本酒を注ぎます。僕はライムを使いますが、レモンでもカボスでもグレープフルーツでもいいと思います。

爽やかな柑橘系の香りに加えアルコール度数も低くなることから、日本酒が苦手という方には特におすすめの飲み方です。日本酒本来の味がわからないから邪道だと言われる方もいるかもしれませんが、日本酒を楽しむのに王道も邪道もない、自分が美味しいと思う飲み方をしましょうよ。

柑橘ロック。これからの季節、オススメできます。

この柑橘系ロックに相応しい日本酒は、いわゆるスーパーなどでよく出回っているような酒(笑)。昔のCMの台詞「美しい方はより美しく、そうでない方はそれなりに写ります」のもじりじゃないですが、「そうでない日本酒もそれなりに美味しくなる」わけです。

僕は相手が苦手だというものを好きにさせることが大好き。日本酒嫌いの皆さん、この夏、ぜひ柑橘系ロック(シトラスロック=Cロック)を試してみてください。グビグビ飲めますよ。

文・写真/福澤朗(フリーアナウンサー)
昭和38年、東京都生まれ。昭和63年、早稲田大学第一文学部を卒業し、同年、日本テレビ入社。在局中はアナウンサーとして、数々のヒット番組に出演。また「ジャストミート」「ファイヤー」等の流行語も生み出した。2005年7月、フリーアナウンサーに。趣味は、日本酒、鉄道、和菓子屋巡り。特技は卓球

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日産 スカイライン2000GT-R|そのクルマはいつまでもココロ…
  2. ブリヤート共和国:日本の教科書にも旅行ガイドブックにも載っていな…
  3. トヨタ1600GT|そのミステリアスな存在は、気になって仕方ない…
  4. 地域密着型の企業スポーツで地域経済を活性化したい!(川合俊一の暮…
  5. プロレス体験でストレスを受け流す!「闘う本能」を呼び起こす!!(…
PAGE TOP