新着記事

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

夕刊サライ

日本酒をもっと自由に!「柑橘系ロック」のすすめ(福澤朗の美味・料理コラム 第1回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金曜日は「美味・料理」をテーマに、福澤朗さんが執筆します。

文・写真/福澤朗(フリーアナウンサー)

私は和菓子と日本酒の二刀流。日本酒は毎晩のように飲んでいますし、お酒が飲めなくなったら人生終わりだ!、と思っているくらいです。

私の日本酒好きはじつは妻の影響。うちの妻は初めての給料で福井の名酒「黒龍」の一升瓶を買ってきたというほどの日本酒好き。25年ほど前でしょうか、結婚前、妻とのデートは当時まだ少なかった日本酒専門の居酒屋を巡ることでした。そのうちに僕も日本酒の奥深さ、造り方の難しさや繊細さも含めて、はまっていきました。

結婚後、妻は妊娠・出産を機にあまり飲めなくなってしまい、今ではお猪口2~3杯と付き合う程度。それでも日本酒のチョイスは妻の役割で、酒蔵の方ともお付き合いさせていただいています。妻が飲みたい日本酒が冷蔵庫に入りきらずキッチンを占拠しています。

飲む量は2日で4合瓶1本。日本酒は飲む30分ほど前に冷蔵庫から出し、少し常温に戻して、飲み進めるうちに温度による味の変化も楽しんでいます。飲む際の最初のあてはチーズ、ナッツ類、レーズンなど。そのあとはその日の夕飯のおかずとともに飲んでいます。

考えてみると昔、うちの親父も同じように飲んでいたなと、最近思い出しています。歳を重ねると同じようになるんですかね。

日本酒はちょっと敷居が高いと言われますが、僕はもっと自由に日本酒を楽しむべきだと思っています。そこで夏におすすめなのが、柑橘系ロック。グラスに氷を入れ、ライム3個分を握力が尽きる限りぎゅうぎゅう絞って、そこに日本酒を注ぎます。僕はライムを使いますが、レモンでもカボスでもグレープフルーツでもいいと思います。

爽やかな柑橘系の香りに加えアルコール度数も低くなることから、日本酒が苦手という方には特におすすめの飲み方です。日本酒本来の味がわからないから邪道だと言われる方もいるかもしれませんが、日本酒を楽しむのに王道も邪道もない、自分が美味しいと思う飲み方をしましょうよ。

柑橘ロック。これからの季節、オススメできます。

この柑橘系ロックに相応しい日本酒は、いわゆるスーパーなどでよく出回っているような酒(笑)。昔のCMの台詞「美しい方はより美しく、そうでない方はそれなりに写ります」のもじりじゃないですが、「そうでない日本酒もそれなりに美味しくなる」わけです。

僕は相手が苦手だというものを好きにさせることが大好き。日本酒嫌いの皆さん、この夏、ぜひ柑橘系ロック(シトラスロック=Cロック)を試してみてください。グビグビ飲めますよ。

文・写真/福澤朗(フリーアナウンサー)
昭和38年、東京都生まれ。昭和63年、早稲田大学第一文学部を卒業し、同年、日本テレビ入社。在局中はアナウンサーとして、数々のヒット番組に出演。また「ジャストミート」「ファイヤー」等の流行語も生み出した。2005年7月、フリーアナウンサーに。趣味は、日本酒、鉄道、和菓子屋巡り。特技は卓球

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日産 スカイライン2000GT-R|そのクルマはいつまでもココロ…
  2. ブリヤート共和国:日本の教科書にも旅行ガイドブックにも載っていな…
  3. トヨタ1600GT|そのミステリアスな存在は、気になって仕方ない…
  4. 地域密着型の企業スポーツで地域経済を活性化したい!(川合俊一の暮…
  5. プロレス体験でストレスを受け流す!「闘う本能」を呼び起こす!!(…
PAGE TOP