新着記事

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

ひとり狼|組に属さず裏街道を生きる一匹狼を描く「股旅もの」の傑作【サライ名画館】

東京都内を中心に、全国の映画館で上映される映画史に残る往年の名作から、川本三郎さんが推薦する作品をご紹介します。

角川シネマ新宿 特集上映「大映男優祭」より
ひとり狼(昭和43年)
選・文/川本三郎

人斬り伊三の異名を持つ渡世人の伊三蔵(市川雷蔵)は、身分違いで結ばれなかった女性とその子供に会おうとする。(c)KADOKAWA1968

時代劇のなかでとくに好きなのは股旅もの。剣豪でも武士でもない。裏街道を生きるやくざ、それも組に属さない一匹狼を描く。

昭和のはじめ、長谷川伸や子母澤寛ら時代小説作家が股旅ものを書き、一匹狼の反骨と孤独が多くの読者の心をとらえた。

本作は、市川雷蔵の股旅ものの最高傑作。原作は、長谷川伸に師事した村上元三。監督の池広一夫は雷蔵の『眠狂四郎』や『忍びの者』シリーズも手がけている。

雷蔵が演じるのは「人斬りの伊三蔵」と異名を取る凄腕のやくざ。三度笠をかぶり、一人、旅を続けてゆく。

「親分もなけりゃ、子分もねえ。ねぐらもなけりゃ、身寄りもねえ」。

雷蔵には孤高のヒーローがよく似合う。冒頭、雪山でやくざ三人に囲まれるが、たちまち斬って捨てる。雷蔵はいつもより目のまわりを黒くし、凄味がある。

一匹狼は、旅の途中、土地のやくざの家に草鞋を脱ぐ。その一宿一飯の恩義のためには、嫌な親分のためにも戦わなければならない。

一見、自由に見える無宿者だが実は義理にがんじがらめになっている。義理の窮屈さが、雷蔵の孤影をいっそう深めてゆく。

この映画は、斬り合いだけではなく、やくざの実態を丁寧に描いているのも面白い。

地元のやくざにはきちんと仁義を切って草鞋を脱ぐ。出された食事を正座して黙々と食べる。残った魚の骨を懐紙に包んで懐にしまうなど細部の描写も忘れない。

伊三蔵はこれまで何度も修羅場をくぐってきた。それだけに自分しか信じていない。人情など持ち合わせない。

「人情がなければこの世は闇だ」

という相手に「その闇の暗さ、怖ろしさは自分の足で歩いてみなきゃわからねえ」と切り返す。こういうセリフが気障(きざ)にならずに言えるのは市川雷蔵ならでは。

その非情な伊三蔵が、最後、かつて好き合った女(小川真由美)とその子供(実は自分の子)のために卑劣な侍たちと戦う。裏街道を生きるひかげ者の最後の意地に見ていて胸が熱くなる。

気のいいやくざを演じる長門勇が雷蔵を助けるのも見どころ。

文/川本三郎
評論家。昭和19年、東京生まれ。映画、都市、旅、漫画など、幅広いテーマで評論活動を繰り広げる。著書に『荷風と東京』『映画の昭和雑貨店』など多数。

【今日の名画】
『ひとり狼』
昭和43年(1968)日本
監督/池広一夫
出演/出演/市川雷蔵、長門勇、小川真由美、岩崎加根子ほか
上映時間/1時間24分

【上映スケジュール】
期間:4月14日(土)~5月11日(金)
*上映日時は要問い合わせ
会場:角川シネマ新宿
東京都新宿区新宿3-13-3新宿文化ビル4・5階 東京メトロ・都営地下鉄新宿三丁目駅より徒歩約2分 電話:03・5361・7878
http://www.kadokawa-cinema.jp/shinjuku/

※角川シネマ新宿では4月14日(土)から5月11日(金)まで、特集上映「大映男優祭」を開催。大映創立75周年を記念し、数多くのスターを輩出した大映が誇る男優たちの傑作全45本を上映。以後も全国で順次、上映される。

「大映男優祭」4月14日(土)〜角川シネマ新宿ほかで順次上映。(c)KADOKAWA

※この記事は『サライ』本誌2018年5月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 若くしてベテラン女優のような存在感の菅井きん。黒澤明監督『生きる…
  2. 顔がめちゃくちゃ怖い。トラウマ映画『大魔神』【面白すぎる日本映画…
  3. 切腹したくない武士がなぜ切腹するに至ったか?映画『切腹』衝撃の物…
  4. 江分利満氏の優雅な生活|鬼才・岡本喜八が描く戦中派サラリーマンの…
  5. 『モスラ対ゴジラ』|マドンナ星由里子の可愛さにメロメロ!【面白す…
PAGE TOP