新着記事

甘えん坊の猫さんに試してみてくださいね 猫の運動不足&ストレス解消には「キャットアジリティー」が効果的【にゃんこサライ特別編】 造園家・小杉左岐さん(72歳)の朝めし自慢「60代に入ってから塩分と油分を控えた献立です」 倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|日本の伝統皮革・鹿革製のスニーカー Culture NIPPON シンポジウム2018 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東京大会が行なわれました 角野栄子さん 角野栄子さん講演会「現在進行形で生きる」のお知らせ[PR] 親の終の棲家をどう選ぶ?| 有料老人ホーム、倒産したのに前払い金が戻らない⁉ 親の終の棲家をどう選ぶ?| 有料老人ホーム、倒産したのに前払い金が戻らない⁉ 腰丸めストレッチ 1日10回で反り腰を改善!イスに座ってできる簡単腰丸めストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第12回】 アウディ/A7 スポーツバック アウディ A7 スポーツバック|色気を纏った車体に革新技術を詰め込んだ最先端の個性派クーペ【石川真禧照の名車を利く】 鯖江のバングルウォッチ|眼鏡職人と漆器職人が作った驚きの時計 松茸(てんぷら みかわ 山本益博|「秋のてん種」【食いしん坊の作法 第19回】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん
  2. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

ひとり狼|組に属さず裏街道を生きる一匹狼を描く「股旅もの」の傑作【サライ名画館】

東京都内を中心に、全国の映画館で上映される映画史に残る往年の名作から、川本三郎さんが推薦する作品をご紹介します。

角川シネマ新宿 特集上映「大映男優祭」より
ひとり狼(昭和43年)
選・文/川本三郎

人斬り伊三の異名を持つ渡世人の伊三蔵(市川雷蔵)は、身分違いで結ばれなかった女性とその子供に会おうとする。(c)KADOKAWA1968

時代劇のなかでとくに好きなのは股旅もの。剣豪でも武士でもない。裏街道を生きるやくざ、それも組に属さない一匹狼を描く。

昭和のはじめ、長谷川伸や子母澤寛ら時代小説作家が股旅ものを書き、一匹狼の反骨と孤独が多くの読者の心をとらえた。

本作は、市川雷蔵の股旅ものの最高傑作。原作は、長谷川伸に師事した村上元三。監督の池広一夫は雷蔵の『眠狂四郎』や『忍びの者』シリーズも手がけている。

雷蔵が演じるのは「人斬りの伊三蔵」と異名を取る凄腕のやくざ。三度笠をかぶり、一人、旅を続けてゆく。

「親分もなけりゃ、子分もねえ。ねぐらもなけりゃ、身寄りもねえ」。

雷蔵には孤高のヒーローがよく似合う。冒頭、雪山でやくざ三人に囲まれるが、たちまち斬って捨てる。雷蔵はいつもより目のまわりを黒くし、凄味がある。

一匹狼は、旅の途中、土地のやくざの家に草鞋を脱ぐ。その一宿一飯の恩義のためには、嫌な親分のためにも戦わなければならない。

一見、自由に見える無宿者だが実は義理にがんじがらめになっている。義理の窮屈さが、雷蔵の孤影をいっそう深めてゆく。

この映画は、斬り合いだけではなく、やくざの実態を丁寧に描いているのも面白い。

地元のやくざにはきちんと仁義を切って草鞋を脱ぐ。出された食事を正座して黙々と食べる。残った魚の骨を懐紙に包んで懐にしまうなど細部の描写も忘れない。

伊三蔵はこれまで何度も修羅場をくぐってきた。それだけに自分しか信じていない。人情など持ち合わせない。

「人情がなければこの世は闇だ」

という相手に「その闇の暗さ、怖ろしさは自分の足で歩いてみなきゃわからねえ」と切り返す。こういうセリフが気障(きざ)にならずに言えるのは市川雷蔵ならでは。

その非情な伊三蔵が、最後、かつて好き合った女(小川真由美)とその子供(実は自分の子)のために卑劣な侍たちと戦う。裏街道を生きるひかげ者の最後の意地に見ていて胸が熱くなる。

気のいいやくざを演じる長門勇が雷蔵を助けるのも見どころ。

文/川本三郎
評論家。昭和19年、東京生まれ。映画、都市、旅、漫画など、幅広いテーマで評論活動を繰り広げる。著書に『荷風と東京』『映画の昭和雑貨店』など多数。

【今日の名画】
『ひとり狼』
昭和43年(1968)日本
監督/池広一夫
出演/出演/市川雷蔵、長門勇、小川真由美、岩崎加根子ほか
上映時間/1時間24分

【上映スケジュール】
期間:4月14日(土)~5月11日(金)
*上映日時は要問い合わせ
会場:角川シネマ新宿
東京都新宿区新宿3-13-3新宿文化ビル4・5階 東京メトロ・都営地下鉄新宿三丁目駅より徒歩約2分 電話:03・5361・7878
http://www.kadokawa-cinema.jp/shinjuku/

※角川シネマ新宿では4月14日(土)から5月11日(金)まで、特集上映「大映男優祭」を開催。大映創立75周年を記念し、数多くのスターを輩出した大映が誇る男優たちの傑作全45本を上映。以後も全国で順次、上映される。

「大映男優祭」4月14日(土)〜角川シネマ新宿ほかで順次上映。(c)KADOKAWA

※この記事は『サライ』本誌2018年5月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 八つ墓村 謎めいた双子の老婆役を演じた市原悦子|『八つ墓村』【面白すぎる日…
  2. 面白かった80年代の洋画ランキング|3位スター・ウォーズ、2位はターミネーター、では1位は? 面白かった80年代の洋画ランキング|3位スター・ウォーズ、2位は…
  3. 秋刀魚の味 小津映画の中で魅力を発散した女優・岩下志麻|『秋刀魚の味』【面白…
  4. 忠臣蔵 年末の定番映画といえばこれ!『忠臣蔵』【面白すぎる日本映画 第2…
  5. 新幹線大爆破 世界に誇れるパニック映画 『新幹線大爆破』【面白すぎる日本映画 …
PAGE TOP