新着記事

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦×土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

老後を自宅で過ごしたいなら「地域包括支援センター」知っておきたい基本のき

取材・文/坂口鈴香前回は有料老人ホームやサ高住など、自宅以外の老後の住まいについて解説し…

【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

◎No.16:泉鏡花の兎の置物文/矢島裕紀彦神経症と言っていいくらいの、独自…

【インタビュー】横山はる江(青森「はるえ食堂」店主)名物焼きおにぎりの旨さの秘訣は?

【サライ・インタビュー】横山はる江さん(よこやま・はるえ、はるえ食堂店主)――青森の市場…

【夕刊サライ/テリー伊藤】「『ちょいフル中古車』でオトコを奮い立たせろ!」(テリー伊藤のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の作法 第3回】 

文/山本益博江戸の古川柳に「握られて出来て食いつく鮨の飯」というのがあります。握り鮨…

アニリンバッファローレザー3wayドクターバッグ|堅牢なバッファローレザー製の鞄

日用から1泊程度の旅まで幅広く対応する、バッファローレザー(水牛の革)の上品な3ウェイバッグ…

万病の元「慢性炎症」が加齢によって起きやすくなる3つの理由【予防医療の最前線】

文/中村康宏前回お話したように、生活習慣病やがんを含む加齢関連疾患に共通するメカニズ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

ひとり狼|組に属さず裏街道を生きる一匹狼を描く「股旅もの」の傑作【サライ名画館】

東京都内を中心に、全国の映画館で上映される映画史に残る往年の名作から、川本三郎さんが推薦する作品をご紹介します。

角川シネマ新宿 特集上映「大映男優祭」より
ひとり狼(昭和43年)
選・文/川本三郎

人斬り伊三の異名を持つ渡世人の伊三蔵(市川雷蔵)は、身分違いで結ばれなかった女性とその子供に会おうとする。(c)KADOKAWA1968

時代劇のなかでとくに好きなのは股旅もの。剣豪でも武士でもない。裏街道を生きるやくざ、それも組に属さない一匹狼を描く。

昭和のはじめ、長谷川伸や子母澤寛ら時代小説作家が股旅ものを書き、一匹狼の反骨と孤独が多くの読者の心をとらえた。

本作は、市川雷蔵の股旅ものの最高傑作。原作は、長谷川伸に師事した村上元三。監督の池広一夫は雷蔵の『眠狂四郎』や『忍びの者』シリーズも手がけている。

雷蔵が演じるのは「人斬りの伊三蔵」と異名を取る凄腕のやくざ。三度笠をかぶり、一人、旅を続けてゆく。

「親分もなけりゃ、子分もねえ。ねぐらもなけりゃ、身寄りもねえ」。

雷蔵には孤高のヒーローがよく似合う。冒頭、雪山でやくざ三人に囲まれるが、たちまち斬って捨てる。雷蔵はいつもより目のまわりを黒くし、凄味がある。

一匹狼は、旅の途中、土地のやくざの家に草鞋を脱ぐ。その一宿一飯の恩義のためには、嫌な親分のためにも戦わなければならない。

一見、自由に見える無宿者だが実は義理にがんじがらめになっている。義理の窮屈さが、雷蔵の孤影をいっそう深めてゆく。

この映画は、斬り合いだけではなく、やくざの実態を丁寧に描いているのも面白い。

地元のやくざにはきちんと仁義を切って草鞋を脱ぐ。出された食事を正座して黙々と食べる。残った魚の骨を懐紙に包んで懐にしまうなど細部の描写も忘れない。

伊三蔵はこれまで何度も修羅場をくぐってきた。それだけに自分しか信じていない。人情など持ち合わせない。

「人情がなければこの世は闇だ」

という相手に「その闇の暗さ、怖ろしさは自分の足で歩いてみなきゃわからねえ」と切り返す。こういうセリフが気障(きざ)にならずに言えるのは市川雷蔵ならでは。

その非情な伊三蔵が、最後、かつて好き合った女(小川真由美)とその子供(実は自分の子)のために卑劣な侍たちと戦う。裏街道を生きるひかげ者の最後の意地に見ていて胸が熱くなる。

気のいいやくざを演じる長門勇が雷蔵を助けるのも見どころ。

文/川本三郎
評論家。昭和19年、東京生まれ。映画、都市、旅、漫画など、幅広いテーマで評論活動を繰り広げる。著書に『荷風と東京』『映画の昭和雑貨店』など多数。

【今日の名画】
『ひとり狼』
昭和43年(1968)日本
監督/池広一夫
出演/出演/市川雷蔵、長門勇、小川真由美、岩崎加根子ほか
上映時間/1時間24分

【上映スケジュール】
期間:4月14日(土)~5月11日(金)
*上映日時は要問い合わせ
会場:角川シネマ新宿
東京都新宿区新宿3-13-3新宿文化ビル4・5階 東京メトロ・都営地下鉄新宿三丁目駅より徒歩約2分 電話:03・5361・7878
http://www.kadokawa-cinema.jp/shinjuku/

※角川シネマ新宿では4月14日(土)から5月11日(金)まで、特集上映「大映男優祭」を開催。大映創立75周年を記念し、数多くのスターを輩出した大映が誇る男優たちの傑作全45本を上映。以後も全国で順次、上映される。

「大映男優祭」4月14日(土)〜角川シネマ新宿ほかで順次上映。(c)KADOKAWA

※この記事は『サライ』本誌2018年5月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 市川崑監督『犬神家の一族』|黒々しさが味わい深い傑作ミステリー映…
  2. 【インタビュー】小林稔侍さん(俳優)「高倉健さんとの出会いが、僕…
  3. 【朝めし自慢】眞賀里文子さん(人形アニメーション作家)「20数年…
  4. 市川崑監督『鍵』|入り口はエロス、出口はブラック【面白すぎる日本…
  5. みなさんのメールお待ちしております!【サライ読者サロン・駱駝倶楽…
PAGE TOP