新着記事

なんと!サブスクの弱点を補完する電子書籍を私、池上信次が作ってしまいました。プレイリストと連動した「ライナー・ノーツ」的電子書籍が、こちら。『MILES DAVIS絶対名曲20 ~プレイリスト・ウイズ・ライナーノーツ001』

今こそ知りたい「サブスク」音楽の楽しみ方

わかさぎと小じゃがのアヒージョ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】カルシウム豊富!丸ごと食べられる「わかさぎ」を使った「カレーマヨ揚げ」「アヒージョ」

1枚でも重ね履きシルクとウールの折り返し靴下 同色2足組|シルクとウールで重ね履きの保温効果を発揮

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

カードが入る小さな小銭入れ|外出時に必要な機能をコンパクトにまとめた

元気な100歳の3大秘訣「たんぱく質をしっかり摂取」「誰かと食卓を囲む」「世間の出来事に関心あり」

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

【嫌な部屋干しの臭い】生乾きの臭いを解消する有効な対策とは?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

警視庁物語 深夜便130列車|刑事ものドラマの先駆け【サライ名画館】

東京都内を中心に、全国の映画館で上映される映画史に残る往年の名作から、川本三郎さんが推薦する作品をご紹介します。

ラピュタ阿佐ヶ谷 モーニングショー「警視庁物語 DEKA SPIRITS」より
警視庁物語 深夜便130列車(昭和35年)
選・文/川本三郎

『警視庁物語 深夜便130列車』より。東京駅から急行「筑紫」に乗って乗客に紛まぎれ、犯人を追い詰める刑事たち(左から花沢徳衛、中山昭二)(C)東映。

昭和三十年代の人気シリーズに東映の『警視庁物語』がある。全二十四作が作られた。名探偵の推理によってではなく、刑事たちの足を使った地味な捜査によって事件が解決されてゆく。のちのテレビの刑事ものの先駆けとなる。

生みの親はクレジットに「企画」と出る斉藤安代(やすのり)と、大半の脚本を手がけた長谷川公之。長谷川は警
視庁で科学捜査の仕事をしていた体験を生かした。

第十二作『深夜便130列車』(昭和35年、新人の飯塚増一監督)はとくに秀作。

当時、新橋駅に併設されていた汐留貨物駅から始まる。「東京駅が乗客の玄関口とすれば、汐留駅は貨物の玄関口である」と説明がされる。ここは一代目の新橋駅が場所を現在の位置に移した時に貨物駅になった。八〇年代に民間に売却され、その広大な土地には現在、高層ビルが建つ。

汐留駅に大阪から運ばれてきたジェラルミンのトランクが届く。引取人が現われない。異臭がするので職員が開けると女性の死体が。

刑事たち( 神田隆、堀雄二、花沢徳衛、須藤健、山本麟一らおなじみのメンバー)の捜査が始まる。

死体の身許確認に手間取るが、当時まだ珍しかったコンタクトレンズからようやく化粧品のセールスをしていた女性と分かる。

このシリーズの特色は、刑事たちがよく町を歩くので、昭和三十年代の東京の懐しい風景が随所にとらえられていること。

汐留貨物駅をはじめ、新宿西口にあった文化服装学院の円型の校舎、南千住の隅田川貨物駅、三河島の築堤を走る常磐線の蒸気機関車、最後、犯人を逮捕する明け方の東京駅。

犯人の恋人(小宮光江)が船橋ヘルスセンターの踊子という設定も懐しい。昭和三十年に開場した庶民向けの娯楽センター。昭和五十二年に閉じるまで人気があった。

犯人が社会の底辺にいる人間なのが悲しい。犯人の実家は名古屋の干拓地の農家だったが、伊勢湾台風で被害を受けた。恋人は九州出身、父親は炭鉱夫で失職した。
社会派ドラマになっている。

毎回のように出演する傍役、菅井きんと谷本小夜子にも注目。

文/川本三郎
評論家。昭和19年、東京生まれ。映画、都市、旅、漫画など、幅広いテーマで評論活動を繰り広げる。著書に『荷風と東京』『映画の昭和雑貨店』など多数。

【今日の名画】
『夜の河』
昭和35年(1960)日本
監督/飯塚増一
脚本/長谷川公之
出演//堀雄二、中山昭二、神田隆、花沢徳衛、ほか
上映時間/1時間20分

【上映スケジュール】
期間:上映中~3月3日(土)
 *上映時間は要問い合わせ
会場:ラピュタ阿佐ヶ谷
東京都杉並区阿佐谷北2-12-21 交通:JR中央線阿佐ヶ谷駅より徒歩約2分 電話:03・3336・5440
http://www.laputa-jp.com

※ラピュタ阿佐ヶ谷では1月5日(金)から3月3日(土)まで、モーニングショー「警視庁物語 DEKA SPIRITS」と題してシリーズ全24作のうち、第12作『深夜便130列車』など中期以降の8作品を1週間ずつ上映する。

※この記事は『サライ』本誌2018年2月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『拳銃(コルト)は俺のパスポート』 ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)…
  2. 人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】 人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁…
  3. 和田誠の才能と愛情が注ぎ込まれた作品|『麻雀放浪記』【面白すぎる日本映画 第37回】 和田誠の才能と愛情が注ぎ込まれた作品『麻雀放浪記』【面白すぎる日…
  4. 映画のロケーションガイドブック 映画「第3の男」の舞台ウィーンでミステリーを追う(オーストリア)…
  5. 憧れの女性象として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎夢枕』【面白すぎる日本映画 第36回】 憧れの女性像として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎…
PAGE TOP