新着記事

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

警視庁物語 深夜便130列車|刑事ものドラマの先駆け【サライ名画館】

東京都内を中心に、全国の映画館で上映される映画史に残る往年の名作から、川本三郎さんが推薦する作品をご紹介します。

ラピュタ阿佐ヶ谷 モーニングショー「警視庁物語 DEKA SPIRITS」より
警視庁物語 深夜便130列車(昭和35年)
選・文/川本三郎

『警視庁物語 深夜便130列車』より。東京駅から急行「筑紫」に乗って乗客に紛まぎれ、犯人を追い詰める刑事たち(左から花沢徳衛、中山昭二)(C)東映。

昭和三十年代の人気シリーズに東映の『警視庁物語』がある。全二十四作が作られた。名探偵の推理によってではなく、刑事たちの足を使った地味な捜査によって事件が解決されてゆく。のちのテレビの刑事ものの先駆けとなる。

生みの親はクレジットに「企画」と出る斉藤安代(やすのり)と、大半の脚本を手がけた長谷川公之。長谷川は警
視庁で科学捜査の仕事をしていた体験を生かした。

第十二作『深夜便130列車』(昭和35年、新人の飯塚増一監督)はとくに秀作。

当時、新橋駅に併設されていた汐留貨物駅から始まる。「東京駅が乗客の玄関口とすれば、汐留駅は貨物の玄関口である」と説明がされる。ここは一代目の新橋駅が場所を現在の位置に移した時に貨物駅になった。八〇年代に民間に売却され、その広大な土地には現在、高層ビルが建つ。

汐留駅に大阪から運ばれてきたジェラルミンのトランクが届く。引取人が現われない。異臭がするので職員が開けると女性の死体が。

刑事たち( 神田隆、堀雄二、花沢徳衛、須藤健、山本麟一らおなじみのメンバー)の捜査が始まる。

死体の身許確認に手間取るが、当時まだ珍しかったコンタクトレンズからようやく化粧品のセールスをしていた女性と分かる。

このシリーズの特色は、刑事たちがよく町を歩くので、昭和三十年代の東京の懐しい風景が随所にとらえられていること。

汐留貨物駅をはじめ、新宿西口にあった文化服装学院の円型の校舎、南千住の隅田川貨物駅、三河島の築堤を走る常磐線の蒸気機関車、最後、犯人を逮捕する明け方の東京駅。

犯人の恋人(小宮光江)が船橋ヘルスセンターの踊子という設定も懐しい。昭和三十年に開場した庶民向けの娯楽センター。昭和五十二年に閉じるまで人気があった。

犯人が社会の底辺にいる人間なのが悲しい。犯人の実家は名古屋の干拓地の農家だったが、伊勢湾台風で被害を受けた。恋人は九州出身、父親は炭鉱夫で失職した。
社会派ドラマになっている。

毎回のように出演する傍役、菅井きんと谷本小夜子にも注目。

文/川本三郎
評論家。昭和19年、東京生まれ。映画、都市、旅、漫画など、幅広いテーマで評論活動を繰り広げる。著書に『荷風と東京』『映画の昭和雑貨店』など多数。

【今日の名画】
『夜の河』
昭和35年(1960)日本
監督/飯塚増一
脚本/長谷川公之
出演//堀雄二、中山昭二、神田隆、花沢徳衛、ほか
上映時間/1時間20分

【上映スケジュール】
期間:上映中~3月3日(土)
 *上映時間は要問い合わせ
会場:ラピュタ阿佐ヶ谷
東京都杉並区阿佐谷北2-12-21 交通:JR中央線阿佐ヶ谷駅より徒歩約2分 電話:03・3336・5440
http://www.laputa-jp.com

※ラピュタ阿佐ヶ谷では1月5日(金)から3月3日(土)まで、モーニングショー「警視庁物語 DEKA SPIRITS」と題してシリーズ全24作のうち、第12作『深夜便130列車』など中期以降の8作品を1週間ずつ上映する。

※この記事は『サライ』本誌2018年2月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『時をかける少女』【面白すぎる日本映画 第42回】 人生という旅を逆戻りしたら…『時をかける少女』【面白すぎる日本映…
  2. 『鉄道員』【面白すぎる日本映画 第41回】 志村けん唯一の映画出演作『鉄道員(ぽっぽや)』【面白すぎる日本映…
  3. 銀山温泉 行ってみたい・見てみたい ロケ地ランキングTOP10(東日本編)…
  4. 『スパルタカス』 カーク・ダグラスの名演で古代ローマに思いを馳せる|『スパルタカス…
  5. 『拳銃(コルト)は俺のパスポート』 ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)…
PAGE TOP