新着記事

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

「知らなかった」では遅すぎる!親が要介護になる前に読んでおきたい1冊

文/鈴木拓也40代も半ばを過ぎると、それまでは漠然としか思っていなかった「親の介護」…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【夕刊サライ/進藤晶子】LINEと宅配便でつくる「仮想三世帯住宅」(進藤晶子の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火曜日は「暮らし・家計」をテーマに、進藤晶子さんが執筆します。

文/進藤晶子

私は大学卒業まで大阪で過ごしました。ありがたいことに両親ともに元気ですが、それでも年々、心配なことが増えてきました。夏休みや春休みなどの長期の休暇には少し長く帰省できますが、日頃からちょくちょく顔を見に行く、というわけにはいきません。

そんな私と実家のコミュニケーションに欠かせないのがLINEです。LINEには何人かで同時に情報を共有できる「グループ」機能がありますよね。我が家では、母、妹、私の3人でグループを作って、3家族の近況を共有しています。

妹家族は両親の近くに住んでいて、子供の送迎を急遽母に頼む、なんて時にはLINE、「熱を出した!」と母にヘルプを頼むのもLINE、逆に母からは「今から病院〜」とか「家に帰ってきた」などの報告が送られてきます。

母は今年72歳。5年ほど前にガラケーからスマホにスイッチし、今ではすっかりLINEやその他の機能も使いこなしています。使い方がわからない時には、周囲にいるデジタルに詳しい若者に教えてもらったり、携帯ショップに行って疑問を解決しているようです。帰省するたびに新しい使い方をマスターしていて、なんだかとても楽しそう!!

ガラケー時代は、用事があるときにだけ連絡を取り合っていました。母もメールより電話を使うことのほうが多かった。でも電話は繋がらないことも多く、よく留守電にメッセージが入っていました。さらに重要な用件はFAXで送られてきたものです。私が帰宅すると、ファックス用紙がベロベロ〜と流れ出ていたりして(笑)。

離れて暮らしているとお互いの生活のリズムが良くわからないから、遠慮しあって、結局、伝えたいことのごくわずかしか伝えられない。そうし続けていると、コミュニケーションがどこかギコチなくなっていきますよね。

それがLINEの登場で、解決!

なにげないひと言でコミュニケーションが成立するので、まるで3人がその場にいるかのよう。「おはよ〜、今起きたよ〜」とか、「お庭の桜が咲いた!」とか、「今夜のメニューはお魚の煮付け」から始まって、どんどん会話が繋がっていきます。短い文章で、しかも、3人でコメントのやりとりができるので、電話やFAXではわざわざ連絡するのは気がひけるような日常のひとコマを伝え合っています。

ほかにも、花粉が絶好調に飛んでいる時期には『今日の花粉飛散情報』サイトが添付で送られてきたり、目からウロコの生活お役立ち情報記事を送ってきてくれることも。そうそう、この『夕刊サライ』の私の連載も、「Yahoo!ニュースに出ていたよ〜」とLINEにURLが添付されていました。

近年、ITを使った「見守りサービス」が話題になっていますが、母とLINEでやりとりをしていると、短いコメントからも「あら、 これは睡眠不足だな」「忙しい日が続いていてちょっと要注意」と体調の変化を感じることもできています。時には、血圧の計測値を「画像で送って!」と確認したりして。

母からは動画も送られてきます。長期休暇で子供を連れて帰省すると、時々私は東京に“出稼ぎ”に出て行くことになるのですが、その間、子供が宿題をしている証拠映像が(笑)

私がバタバタしていてLINEに参加できなくても、後から、妹と母のやりとりを追いかけることができるし、行間から言葉にならないメッセージが伝わってくるのが、とてもありがたいと感じています。未読メッセージが28件、と表示されていると、さすがにギョッとしますが……。

宅配便で冷蔵庫の中も共有!?

LINEと並んで欠かせないのが宅配便です。

実家からは「珍しい食材見つけたから買っておいたわよ」という生鮮食品や、「これ便利だったから」と日用雑貨、先日は母が下茹でしてくれた京都のタケノコが送られてきました。私にとっては玉手箱のようで、いつも開封するのが楽しみです。隙間が空くと、緩衝材代わりにトイレットペーパーが差し込まれているのも、アイディアだなあと感心させられます。私も両親の好物を見つけては送るのですが、母の梱包テクから学んだおかげで、壊れものもいつもトラブル知らず。無事届いているようです(笑)

母から送られてきた『玉手箱』。今回は、実家に保管していた必要書類に加えて、地域の珍しい野菜や、自家製のおじゃこなどが。早速その日のうちに、いただいちゃいました。

昨冬、我が家が全員同時にインフルエンザで寝込んだときは、この宅配便がどんなにありがたかったか! 一歩も外に出られない悪夢のあの一週間を乗り切ることかできたのは、妹からのうどんセットと、母の食材の玉手箱のおかげでした。感謝!

このように両親を中心とした3家族間では、LINEで情報を共有し、宅配便で物を共有する。食材の行き来は冷蔵庫の共有化ともいえるかもしれませんね。

おかげさまで地理的距離は変わらないのに、家族の気持ちを共有することで、精神的な距離は縮まっているように感じています。まるでひとつ屋根の下で暮らしているかのような「仮想三世帯住宅」が実現しているのかもしれませんね。

文/進藤晶子(しんどう・まさこ)
昭和46年、大阪府生まれ。フリーキャスター。元TBSアナウンサー。現在、経済情報番組『がっちりマンデー!!』(TBS系)などに出演中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」無理なく続けられ…
  2. 【夕刊サライ/角田光代】ミャンマー:時代が変わる、という活気(角…
  3. 【夕刊サライ/テリー伊藤】心が満たされないときには(テリー伊藤の…
  4. 【夕刊サライ/山本昌】サッカー界のレジェンド・三浦知良選手との共…
  5. 【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」ラオスのお母さん…
PAGE TOP