新着記事

病気もなく、美しい形状の収穫直前の洗馬のぶどう。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その2~

「自分なりの栽培法をみつけるまではチャレンジの連続でした」と語る。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その1~

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

Google カレンダーがちょっと便利になる使い方【スマホ基本のき 第12回】

御城印発祥の松本城

お城めぐりの記念に「御城印」を集める! はじめての「御城印」ガイド

40代~50代女性1,015人の第二の人生でしたいこととは…?

40代~50代女性1,015人が考える「第二の人生でしたいこと」

食事を楽しみ健康寿命を延ばす、舌のエクササイズ

食事を楽しみ健康寿命を延ばす「舌のエクササイズ」

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

これぞおみくじの元祖!?ときわ台天祖神社の「天祖神社歌占」【MARIKOのおみくじ探訪 第11回】

文・写真/MARIKO(モデル、神社検定1級)

今回ご紹介するのは、東京都板橋区にある「ときわ台天祖神社」の「天祖神社歌占(うたうら)」です。こちらは室町時代に行われていた、弓を使った和歌による占い「歌占」を体験できる、珍しいおみくじです。

ときわ台天祖神社は、天照皇大神(あまてらすおおみかみ)を主祭神とし、豊受姫命(とようけひめのみこと)、大山咋神(おおやまくいのみこと)をお祀りしています。江戸時代には旧上板橋村の産土神となり、伊勢神宮とも深い縁があるお社です。

ご紹介する「天祖神社歌占」は、室町時代の弓の弦に結んだ短冊から一枚選ぶ「歌占」を現代に蘇らせたもの。「歌占」は現在の神社で一般的な和歌のおみくじの起源でもあります。古くから人々は神様のお告げを和歌として受け取ってきましたが、それが「歌占」の始まりとなり、室町時代には簡略化されて弓から引く形に。

そもそも日本の神様、実は和歌を詠う場面がよく登場するのです。例えば須佐之男命(すさのおのみこと)は妻を得た喜びを「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を」と詠ったことでも有名ですし、大国主神(おおくにぬしのかみ)は「神語り」という歌を妻と交わしています。

神様の言霊のこもった和歌は、やはりおみくじでも一番大切にしたいところですね。

さて、この「天祖神社歌占」には、自分にふさわしい歌占がいただけるよう、引く前に呪歌を唱えるというルールがあります。

「ちはやぶる神の子ども集まりて作りし占ぞ正しかりける(神の子どもが集まって作った占いは正しいのだなあ)

心を落ち着けて唱えたら、いざ目を閉じて一枚を選びます! 短冊には16柱の神様のいずれかの名前が記されていて、その神様と縁のある和歌やメッセージがいただけます。

今回引いたのは…「太玉命(ふとたまのみこと)」でした。

引き札には、ご祭神や天岩屋神話に登場する神様が可愛らしいイラストで描かれています。私が引いた太玉命はこちら!

「天祖神社歌占」にはいわゆる吉凶がありません。伝統的な歌占とはどんなものなのでしょう? いざオープン!

「白妙(しろたへ)の大幣(おおみてぐら)を捧げもち 讃へて祈る君が世のため」

太玉命は天照大御神が天岩屋にお隠れになったときに活躍した占いと祭祀の神様。和歌には天岩屋からのお出ましを願う場面が詠われています。

また、「あなたは、入念に準備をして物事に取り組み、チームを率いる力を持った人です。直感を大切にすれば障害を避けることができるでしょう。」というメッセージも。なるほど。占いを司る太玉命のお力で、直感力が養われますように……!

いつものおみくじとはちょっと違った手順を踏む歌占は、神様のお告げをいただく特別な気分が味わえます。引いた歌占は自分だけのお守りにしても素敵ですね。

【訪ねたお社】
ときわ台天祖神社

所在地:東京都板橋区南常盤台2−4−3
電話:03-3956-6168​(受付時間 午前9時〜午後5時)
アクセス:東武東上線ときわ台駅南口より徒歩1分
http://www.tokiwadai-tenso.or.jp/

文・写真/MARIKO
ファッション誌やビューティ誌、CMなどで幅広く活躍中のモデル。神社や日本文化に興味を持ったことをきっかけに「神社検定1級」を取得。フォリオマネジメント所属。インスタグラムやってます>> marikozaemon

※さああなたも『サライおみくじ』で今日の運勢をチェックしてみましょう!
↓↓↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 自分だけのスペシャルなおみくじ! 小野照崎神社の「幸せみくじ」【…
  2. 龍神さまのパワーで夏をスッキリ!荏原神社の「破魔矢おみくじ」【M…
  3. 神社に行く前にチェック!正しい「おみくじ」作法と基礎知識【MAR…
  4. 京都のユニークでかわいい「面白おみくじ」5選【MARIKOのおみ…
  5. 戌年だけに犬のおみくじで福招き!赤坂氷川神社の「干支おみくじ」【…
PAGE TOP