新着記事

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦×土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

老後を自宅で過ごしたいなら「地域包括支援センター」知っておきたい基本のき

取材・文/坂口鈴香前回は有料老人ホームやサ高住など、自宅以外の老後の住まいについて解説し…

【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

◎No.16:泉鏡花の兎の置物文/矢島裕紀彦神経症と言っていいくらいの、独自…

【インタビュー】横山はる江(青森「はるえ食堂」店主)名物焼きおにぎりの旨さの秘訣は?

【サライ・インタビュー】横山はる江さん(よこやま・はるえ、はるえ食堂店主)――青森の市場…

【夕刊サライ/テリー伊藤】「『ちょいフル中古車』でオトコを奮い立たせろ!」(テリー伊藤のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の作法 第3回】 

文/山本益博江戸の古川柳に「握られて出来て食いつく鮨の飯」というのがあります。握り鮨…

アニリンバッファローレザー3wayドクターバッグ|堅牢なバッファローレザー製の鞄

日用から1泊程度の旅まで幅広く対応する、バッファローレザー(水牛の革)の上品な3ウェイバッグ…

万病の元「慢性炎症」が加齢によって起きやすくなる3つの理由【予防医療の最前線】

文/中村康宏前回お話したように、生活習慣病やがんを含む加齢関連疾患に共通するメカニズ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

これぞおみくじの元祖!?ときわ台天祖神社の「天祖神社歌占」【MARIKOのおみくじ探訪 第11回】

文・写真/MARIKO(モデル、神社検定1級)

今回ご紹介するのは、東京都板橋区にある「ときわ台天祖神社」の「天祖神社歌占(うたうら)」です。こちらは室町時代に行われていた、弓を使った和歌による占い「歌占」を体験できる、珍しいおみくじです。

ときわ台天祖神社は、天照皇大神(あまてらすおおみかみ)を主祭神とし、豊受姫命(とようけひめのみこと)、大山咋神(おおやまくいのみこと)をお祀りしています。江戸時代には旧上板橋村の産土神となり、伊勢神宮とも深い縁があるお社です。

ご紹介する「天祖神社歌占」は、室町時代の弓の弦に結んだ短冊から一枚選ぶ「歌占」を現代に蘇らせたもの。「歌占」は現在の神社で一般的な和歌のおみくじの起源でもあります。古くから人々は神様のお告げを和歌として受け取ってきましたが、それが「歌占」の始まりとなり、室町時代には簡略化されて弓から引く形に。

そもそも日本の神様、実は和歌を詠う場面がよく登場するのです。例えば須佐之男命(すさのおのみこと)は妻を得た喜びを「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を」と詠ったことでも有名ですし、大国主神(おおくにぬしのかみ)は「神語り」という歌を妻と交わしています。

神様の言霊のこもった和歌は、やはりおみくじでも一番大切にしたいところですね。

さて、この「天祖神社歌占」には、自分にふさわしい歌占がいただけるよう、引く前に呪歌を唱えるというルールがあります。

「ちはやぶる神の子ども集まりて作りし占ぞ正しかりける(神の子どもが集まって作った占いは正しいのだなあ)

心を落ち着けて唱えたら、いざ目を閉じて一枚を選びます! 短冊には16柱の神様のいずれかの名前が記されていて、その神様と縁のある和歌やメッセージがいただけます。

今回引いたのは…「太玉命(ふとたまのみこと)」でした。

引き札には、ご祭神や天岩屋神話に登場する神様が可愛らしいイラストで描かれています。私が引いた太玉命はこちら!

「天祖神社歌占」にはいわゆる吉凶がありません。伝統的な歌占とはどんなものなのでしょう? いざオープン!

「白妙(しろたへ)の大幣(おおみてぐら)を捧げもち 讃へて祈る君が世のため」

太玉命は天照大御神が天岩屋にお隠れになったときに活躍した占いと祭祀の神様。和歌には天岩屋からのお出ましを願う場面が詠われています。

また、「あなたは、入念に準備をして物事に取り組み、チームを率いる力を持った人です。直感を大切にすれば障害を避けることができるでしょう。」というメッセージも。なるほど。占いを司る太玉命のお力で、直感力が養われますように……!

いつものおみくじとはちょっと違った手順を踏む歌占は、神様のお告げをいただく特別な気分が味わえます。引いた歌占は自分だけのお守りにしても素敵ですね。

【訪ねたお社】
ときわ台天祖神社

所在地:東京都板橋区南常盤台2−4−3
電話:03-3956-6168​(受付時間 午前9時〜午後5時)
アクセス:東武東上線ときわ台駅南口より徒歩1分
http://www.tokiwadai-tenso.or.jp/

文・写真/MARIKO
ファッション誌やビューティ誌、CMなどで幅広く活躍中のモデル。神社や日本文化に興味を持ったことをきっかけに「神社検定1級」を取得。フォリオマネジメント所属。インスタグラムやってます>> marikozaemon

※さああなたも『サライおみくじ』で今日の運勢をチェックしてみましょう!
↓↓↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 京都のユニークでかわいい「面白おみくじ」5選【MARIKOのおみ…
  2. 戌年だけに犬のおみくじで福招き!赤坂氷川神社の「干支おみくじ」【…
  3. 東大寺大仏殿よりも高かったと伝えられる神社とは?神社の名前当てク…
  4. 神社の境内にある小さなお社の名前は?神社の基本知識に関するクイズ…
  5. 東京のユニークな「面白おみくじ」8選まとめ【MARIKOのおみく…
PAGE TOP