サライ.jp

文・写真/MARIKO(モデル、神社検定1級)

気温もグンと上がって、行楽日和が続いていますね。旅先などで神社を訪れて、おみくじを引く……というケースも増えているのではないでしょうか。

そこで今回は、神社を訪れる前に知っておきたい“正しいおみくじの作法”をご紹介します!

そもそもおみくじの由来って?

おみくじは「御神籤」と書きますが、その起源は古くから人々が「くじ」で神慮を伺ってきたことにあります。古代には亀の甲羅を焼いてそのひび割れから占う「亀卜(きぼく)」が行われるなど、重要な場面で人々は神意を頼りにしてきました。現在のような、紙のくじを引く形になったのは鎌倉時代からといわれています。

古来から、いわばおみくじは神様とのコミュニケーションツール。“神様からのメッセージ”をいただける機会なのです。

おみくじはいつ引くべき?

せっかく神様からメッセージをいただくのですから、正しいマナーを身につけたいもの。

最も大切なのは、最初にきちんと神殿参拝をすること! 決しておみくじだけをもらいに行ってはいけません。まずは神様にしっかりご挨拶をしましょうね。

引いたおみくじ、どこに注目すればいい?

さて、いざおみくじを引くと、「やった吉だ!」「あー、凶が出た……」なんて、つい吉凶に一喜一憂してしまいがちですよね。

でも実は、おみくじで真っ先に注目すべきは和歌の部分なのです。和歌にこそ、神様のメッセージが込められているのです。

だから、もし「凶を引いてしまった!」というときも、まずは焦らず、和歌をじっくり読み込んでみてください。そこに、思わぬヒントが隠されていることも多いのです。

花園神社きつねみくじ「和歌→注釈→運勢→各項目の順で読み進めましょう」

古来、神様は和歌でお告げを人々に伝え、これが「歌占(うたうら)」として広まりました。以前ご紹介した「ときわ台天祖神社」の天祖神社歌占では、室町時代の歌占を体験できますよ。

吉凶の順位って?

ところで、意外と迷ってしまいがちなのが、吉凶の正しい順位。吉と小吉って、どっちが上なんでしょう?

実は、神社によって違いはありますが、一般的には以下の二つのパターンとなっています。

「大吉→吉→中吉→小吉→末吉→凶→大凶」

「大吉→中吉→小吉→吉→末吉→凶→大凶」

神社によっては「大大大吉」があるところも!

また上神明天祖神社の巳くじでは、凶を引くと身代わりのお守り白蛇がいただけるなど、凶をフォローしてくれるおみくじもありますよ。

ときわ台天祖神社 「吉凶がないおみくじも」

おみくじは何回引いても良い?

「凶だからもう一回引き直す!」なんて光景、よく目にしますよね。

基本的に決まりはないけれど、結果が気に入らないから引き直すというのは控えましょう。素直に受け入れる心も大切です。

また神社によってご利益やおみくじの種類も違うので、旅行などでおみくじの引き巡りをするのはOK。それぞれの神社の個性溢れる語り口を楽しんでください。

田中神社 くじゃくみくじ「様々な趣向を凝らしたおみくじも多く、たまご形のものも!」

おみくじの期限は?

おみくじに“有効期限”はありません。私は初詣では一年の運勢を、など引く前に自分の感覚で決めています。

おみくじを引く際には、質問を具体的に思い浮かべておくと、より深く意味が読み取れます。

引いたおみくじは結ぶべき? 持ち帰るべき?

引いたおみくじは、結んでも持ち帰ってもOK。私は持ち帰って、たまに見返しています。

持って帰った後に不要になった場合は、捨てずに神社へ結びに行くか、お焚き上げをしてもらいましょう。おみくじを結ぶことは「願いを結ぶ」ともいわれています。結ぶ際は神社指定の場所へ。

*  *  *

いかがでしたか? おみくじは悩んだときに道を指し示してくれる心強い味方。正しいおみくじ作法を身に着けることで、神様からのメッセージもよりしっかりと受け取ることができますよ!

文・写真/MARIKO
ファッション誌やビューティ誌、CMなどで幅広く活躍中のモデル。神社や日本文化に興味を持ったことをきっかけに「神社検定1級」を取得。フォリオマネジメント所属。インスタグラムやってます→ marikozaemon

※さああなたも無料の『サライおみくじ』で今日の運勢をチェックしてみましょう!
↓↓↓

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア