新着記事

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

孫と一緒に狂言観賞!おすすめ演目を狂言師・茂山茂さんに聞いてみた

取材・文/末原美裕

春の馥郁とした光を浴びて、大人の心も浮き立つような季節がやって来ました。4月になると子どもたちは新年度を迎え、新入学や進級に心を躍らせていることでしょう。

そんなお孫さんを連れて“狂言”を鑑賞しに出かけるのはいかがでしょうか。

狂言の笑いには、長い年月に磨かれた、誹謗中傷で笑いを取るのではない、心の和む笑いがあります。そんな上質な笑いを味わい、今までとは一味違う文化的な時間を過ごすことは、お孫さんの心の成長にもきっと資することでしょう。

「萩大名」より(撮影:川西善樹)

狂言や能といった古典芸能は、どうしても敷居が高く感じられますが、今回ご紹介する茂山千五郎家の狂言は「お豆腐狂言」とも言われ、京都では親しみ深い文化の一つとして愛されています。

その昔、狂言や能は一部の特別な階層の人々だけのものでした。能舞台以外での上演などは考えられない時代に、二世・茂山千作(十世千五郎正重)氏は地蔵盆や結婚式、町内の祭りなど様々出向いて、狂言を演じ続けたことで、仲間内からは「どこにでも出て行く、お豆腐のような奴だ」と陰口をたたかれたことに端を発しています。

そのため、京都では「おかずに困れば豆腐にせい、余興に困れば茂山の狂言にしとこう」と言われるほどに今も広く愛される存在となっています。

伝統を守りつつ、興味を惹く狂言の試みは今も受け継がれています。
写真は「田んぼで狂言」という「お豆腐狂言」に基づく、オリジナリティ溢れる舞台の様子です。

ところで、孫と狂言を見に行くなら、どんな演目がいいのでしょうか? 子どもにわかりやすく、大人も楽しめる、おすすめの狂言の演目を、五世・千作氏の次男である、茂山茂さんにお伺いしました。

「一つ目に挙げるのは、狂言を代表する名作でもあり、歌舞伎の舞踊にもなっている《棒縛(ぼうしばり)ですね。この話では、主人が外出に際し、主人の留守の機会を狙っては酒を盗み飲む太郎冠者と次郎冠者を縛りつけた上で、留守番をさせる話です。

残された二人は窮屈な姿でいかにして酒を飲むのか、試行錯誤します。たくましくも愉快な姿には、お子さんも笑みがこぼれると思います。

「棒縛」より(撮影:川西善樹)

二つ目は《柿山伏(かきやまぶし)です。こちらは小学校6年生の国語科でも取り上げられています。

山伏が修行から帰る途中、空腹のため畑の柿の木に登って無断で柿を食べたところ、畑主が見つけ木のかげに隠れた山伏を「鳥だ」「猿だ」と鳴き声を真似させてからかう話です。狂言とは便利なもので、何でもあるつもりで演技します。その“つもり”の演技が最大限発揮される狂言の一つです。

「柿山伏」より(撮影:上杉遥)

最後に《附子(ぶす)を挙げたいですね。山一つ向こうまで出かける主人は、太郎冠者と次郎冠者に留守番を言いつけます。主人は二人に桶を見せ、この中には附子という毒が入っているから、絶対に近づかないようにと伝え出かけます。しかし、だめだと言われると、やってみたくなるのが人情……。二人は桶を開け、言い訳のために四苦八苦します。こちらは一休さんのとんち話にも登場する有名なお話です。

「附子」より(撮影:川西善樹)

心の和む笑いを、茂山千五郎家では「和らい」と呼んでいるそうです。

「狂言は、室町時代の笑いのお芝居「新喜劇」です。舞台によっては初めに演目の解説を演者がしますので、初めての狂言鑑賞でも肩肘張らず、笑う準備をしてリラックスしてお越しください」

テレビでネットで、簡単に娯楽を楽しめる時代だからこそ、足を運び、時に磨かれた和らいを全身で感じる価値があるのでしょう。狂言の笑い「和らい」には、孫との絆を結び、次世代につなぐあたたかな思いがこめられています。

【公演情報】

《お豆腐の和らい》

京都公演 4/28開催
http://kyotokyogen.com/schedule/20180428warai/

東京公演 4/30開催
http://kyotokyogen.com/schedule/20180430warai/

名古屋公演 5/5開催
http://kyotokyogen.com/schedule/20180505warai/

「傅之会」7/28開催(京都・金剛能楽堂)
一部、二部と分かれており、一部は「子どもの、子どもによる、子どものための狂言会」と題し、お子様向けのプログラムで上演されます。

第一部
http://kyotokyogen.com/schedule/20180728kashizuki1/
 
第二部
http://kyotokyogen.com/schedule/20180728kashizuki2/
 

お豆腐狂言 茂山千五郎家
公式HP:http://kyotokyogen.com

お問い合わせ: 075-221-8371(茂山狂言会事務局)

取材・文/末原美裕

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 京都の老舗花屋「花政」主人が薦める夏の山野草6種
  2. 一輪の花が迎えてくれる大人の京都路地裏バー『文久』(京都・三条)…
  3. 叡山ケーブルと八瀬もみじの小径で夜の絶景散歩を楽しむ【京都、初夏…
  4. 愛宕街道・古道に佇む「平野屋」で京都の“旬”を味わう【京都、初夏…
  5. “神の気”満ちる青もみじの貴船神社で心身ともにリフレッシュ【京都…
PAGE TOP