新着記事

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

古い家と蔵が居並ぶ栃木市「嘉右衛門町」を逍遙する【日本の古い街並み紀行 第3回】

写真・文/石津祐介栃木県の南部、埼玉県と群馬県の県境に位置する栃木市は、江戸時代には…

歌聖・柿本人麿像から和歌と古筆の世界へ誘う《人麿影供900年 歌仙と古筆》展

取材・文/池田充枝宮廷文化の雅を代表する和歌の世界。三十一文字に託された表現美とその情趣は、…

綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着

庭仕事などの屋外作業から、室内でのリラックス着まで、作務衣の人気は相変わらず高い。そこで、夏…

大阪の名門・北野高校の青春食堂は「下町甘味の両雄」【名門校のご近所食堂 第8回】

文/鈴木隆祐北野高校のある十三は、大阪中で愛される「下町甘味の両雄」が相並ぶ街…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【インタビュー】中村桂子さん(生命誌研究者)|生命誌を提唱、人間も自然の一部であることを考える

サライ世代の範とすべき人生の先達の生き様を毎号お伝えしている『サライ』本誌連載「サライ・インタビュー」。2018年新春企画として、昨年本誌に掲載されたインタビューの数々を紹介する。

中村桂子さん
(なかむら・けいこ、生命誌研究者・JT生命誌研究館館長)

――生命誌を提唱し、人間も自然の一部であることを考える

「人間はどこへ向かうのか。科学には、その問いかけに答える責任があります」

撮影/宮地 工

※この記事は『サライ』本誌2017年1月号より転載しました。肩書き等の情報は取材時のものです。(取材・文/鹿熊 勤 撮影/宮地 工)

──生命誌。いささか耳慣れない学問です。

「土台にあるのは命の仕組みを解明する生命科学です。私は化学を学んでいた大学3年生のとき、恩師から日本に紹介されて間もないDNAのらせん構造モデルを見せていただきました。この感動がきっかけで研究の道へ進みましたが、生命科学という言葉はまだなく、分子生物学と呼ばれていました。

DNAの研究はその後飛躍的に進み、生命の中に存在する驚くべき機構を次々と私たちに示してくれました。しかし、私たち人間がどこから来て、これからどこへ向かっていくのかという根源的な問いに、科学は答えを示せているのだろうかというもどかしさが、常に私の心の中にありました」

──その答えを自分なりに導き出したいと。

「30歳から35歳まで、私は育児に専念していました。〝そろそろ研究に戻ってもいいんじゃないか〟と恩師に誘われ、三菱化学生命科学研究所に入りました。1971年、35歳のときです。生命科学という言葉を掲げた日本で最初の機関ということで注目を集めましたが、まだ専門といえる研究者は少なく、問い合わせがあると私が引っ張り出されました。

お陰で、学界から経済界の方々まで幅広いお付き合いができました。当時は政府の科学技術の委員会に若い女性研究者が出ること自体が珍しかったのです。思ったことを歯に衣きぬ着せず口にするので面白がられたようです。

物理学者の湯川秀樹(ゆかわ・ひでき)先生や朝永振一郎(ともなが・しんいちろう)先生に、分子生物学の動向を解説したこともあります。おふたりとも生物がお好きでしたが、偉い先生には尋ねにくいらしく、私によく声をかけてくださいました」

──生命誌という考え方に至った経緯は。

「生命の謎を解き明かすという点では、分子生物学でも生命科学でもよいのです。ただ私は、科学にも大きな視座が必要と感じていました。地球規模の歴史を織り込み、命という存在を俯瞰したい。それによって私たちの進んでいる方向、あるいは歩む道がわかるはずと考えたのです。

そのような知を生命誌と名付けて提唱しました。幸い、23年前のことですが大阪府高槻市にあったJTのたばこ工場跡地に作られた研究施設の隣に生命誌研究館を作っていただき、2002年からは館長を務めています」

──生命〝史〟ではなく〝誌〟とした理由は。

「学校で習う歴史は、例えば戦国時代に織田信長が出てきて明智光秀に殺され、それを豊臣秀吉が攻めて天下を統一。しかし、すぐ徳川家康の時代になったという歴史上の人物が中心になります。でも、その時代には農民も漁民も、女性も子供もいましたし、人間の生産活動の場である田畑や海にもさまざまな命が息づいていた。私は、時間的出来事の中のほんの一部分を抜き出すのではなく、織田信長もバクテリアも同じ仲間として捉えたいのです。地球に生きる一個の生命体という意味では同じですから。

命の構造や機能を知るだけでなく〝生きものすべての歴史と関係性を統合的に理解する〟〝私たち人間を含む生命全体の広く長い歩みを記録する〟歴史物語という意味で、生命〝誌〟と命名しました」

──幼少期から生物に興味があったのですか。

「特に好きだったわけではありません。生まれは東京の四谷です。兄と弟とはそれぞれ6つ離れていたので、ひとりっ子のようなものでした。当時の東京にはまだ広い原っぱもありましたが、外ではあまり遊ばず、家事をする母親の横で本を読んだり、レコードを聴いたりしていました。

小学3年生のとき、山梨県の下部温泉に集団疎開をしました。自然の豊かなところでしたが、思い出すのはお腹をすかしていたことばかり。疎開先の旅館に着いた翌朝の朝ご飯に出たのが、茄子のお味噌汁。昼も茄子のお味噌汁が出て、夜も同じ。あくる日からも茄子だけ。戦争というのは嫌なものだと、私たちの世代はひもじさで実感しました」

──勉強は得意でしたか。

「知りたがり屋といいますか、好奇心だけは旺盛な子供でした。知らないことを学ぶのが大好きで、学校へ行くのが楽しみで仕方なかった。でも、試験の前日になると決まってお腹が痛くなってしまう(笑)。自分が面白いと思うからやりたいのであって、試験のための勉強は苦手。人との競争にはまったく関心がありませんでした」

──一番になりたいと思ったことは。

「ありませんね。勉強でも、運動でも。とはいえ、何でも楽しみ、熱心にはやりました。私の時代は、あまり〝競争、競争〟とは言われませんでしたし。今も好きで続けているテニスも同じです。ボールが相手のコートをうまく抜けたり、教わったとおりにボールを打ち返せるととても楽しいのですが、点数には何の興味もないのです。1点の勝ち負けを喜んだり悔しがっているテニス仲間には、申し訳ないのですが」(笑)

──科学の変遷を直じかに見てこられました。

「今は小学生でもDNAという言葉を知る時代ですが、私が大学院で研究を始めた頃は謎めいた存在でした。細胞の中に二重らせん型で存在することはわかっていましたが、DNAそのものを手に取って解析できるようになったのはかなり後のことです。当時、DNAの働きを調べられるのは大腸菌で、それを培養しては壊し、中にあるDNAやRNA(※3)、タンパク質を、そこに取り込まれる放射性物質で追いかける作業を続けていました。

今ではDNAを直接解析でき、その中でタンパク質を作っているのは1・5%ほどに過ぎないこともわかってきました。実はDNAをもとに、タンパク質を合成する役割を担っているのがRNAです。例えば人間のタンパク質は
20種類ほどのアミノ酸からできています。細胞には、タンパク質合成の場にそれぞれのアミノ酸を連れてくるRNAが存在するということを明らかにしたのが、私の最初の研究でした」

──ゲノムという言葉をよく聞きます。

「人間の細胞には、DNAが染色体という形で入っています。ゲノムとは、染色体中に存在するすべてのDNAのことを指します。ヒトにはヒトの、ネズミにはネズミの、チョウにはチョウのゲノムがあります。今は遺伝子の全体であるゲノムを解析して、進化や発生を追う段階になっています。

科学の進展という点から見ると、画期的なことです。遺伝子組み換えという言葉をご存じかと思います。遺伝子を人為的に操作することで、研究を進展させました。けれど、これは偶然性に頼る部分が多く、なかなか狙った通りにはならないという課題がありました。

近年、ゲノム編集という技術が開発されました。解読した全ゲノムの中から変えたい遺伝子を選び出し、その役割の部分だけを狙って書き換える技術です。正確で効率がよいことが特徴です」

──こうした技術に不安はありませんか。

「ゲノム編集はDNAを中心にした生物研究を進展させます。しかも興味深いのは、それが、バクテリアが異物の侵入に即座に反応し、標的を的確に排除する免疫機構と同じだということです。必要な遺伝子だけを書き換えるゲノム編集は生命も自ら行なっているものです。ただ技術への応用となると、正直に言いますと、かなり不安を感じます。

生命を狙い通りに操作できるということは、都合の悪い存在は排除できるという考えと表裏一体です。技術がもつ怖さを科学者はひとりの人間として肝に銘じておくべきです。水俣病や原発事故のような過ちは、科学技術の一面として、今後も起こりうることです」

──生命誌はそのブレーキ役を果たしますか。

「ここでは、研究者がひとりの人間として〝行動する文化〟を作ることを求めています。館内には5つの研究室がありますが、そのうちのひとつは表現を研究しています。研究者にとっての成果は論文です。けれど、論文は普通の人が読んでも何のことかわかりません。音楽に喩えれば、ベートーベンもモーツァルトも、彼らの音楽は頭の中にあった。それを表したものが、楽譜です。ただ、どんなにすばらしい曲が書かれた楽譜でも、それは私たち素人には伝わりません。一流の演奏家たちが表現することで、初めて一般の人たちにも曲のすばらしさがわかります。科学も同じです。論文は楽譜であり、研究者にしかわかりません。演奏的に表現することで、初めて社会にその意味や面白さが理解されます」

──どのような工夫を凝らしてきましたか。

「研究館に入るとすぐ左に、絵巻と曼荼羅(まんだら)があります。絵巻は、38億年という生命の時間軸の中での生物多様性と関係性を示したものです。一方、曼荼羅は階層性です。中心にあるのは受精卵。すなわちゲノムです。ゲノムを包む細胞はやがて組織化され、組織から器官が発生し、生命個体を作り上げました。個体は種へ広がり、今の生態系に発展したことを、同心円で表現しています。これを作るヒントになったのが、京都
の東寺にある立体曼荼羅です」

── 弘法大師空海が残した曼荼羅ですか。

「私は仏教を勉強したわけではありませんが、曼茶羅という表現には、わかりにくい概念をどう伝えるかという問いに対する答えがあるように思います。数ある曼荼羅の中でも、東寺の立体曼荼羅は仏教の世界観がひと目でわかるようになっていて、しかも胸に迫る力があります。中心におわす大日如来をゲノムに見立てると、そのまわりの仏様は、生命構造や生物相互の関係性に当てはまります。弘法大師が曼荼羅で伝えたかったのは、全体を考えることの大切さだったのではないでしょうか。そのためには視覚化することが一番です。それも美しく、わかりやすく。おこがましいのですが、私も同じ考え方です」

──最近、関心のあることは何ですか。

「やはり、ゲノムの理解ですね。例えば、ヒトメタゲノム。人間の生命力は個体だけで成立しているのではなく、多くのバクテリアのお陰で維持されています。私たちの腸内や皮膚にはおびただしい数の微生物が、まさに曼荼
羅的な関係性をもって共生し、免疫機構にも深く関わっていることがわかりつつあります。

存在する遺伝子の量でいえば、共生バクテリアのもののほうがはるかに多い。人間を、これら微生物を含めたひとつの生命体として捉え直し、体内でのゲノム相互の役割を解明していくのがメタゲノムの概念です」

──今も好奇心旺盛。引退はまだ先ですね。

「いえいえ。組織というのは新陳代謝も大切ですから、私なりに少しずつ準備はしています。体のほうは、ありがたいことに何を食べてもおいしく感じられ、どこででもすぐに寝られます。若いときと変わりがありません。ただ、毎春受ける健康診断の結果に注意書きが増えるようになってきました。

心配になって、あるとき主治医に相談したのです。診断書の所見を読むと先生はこうおっしゃいました。

“中村さん、外の道路をご覧なさい。新車ばかりが走っているわけじゃないでしょう。今の自動車はポンコツでもそこそこ走れるんです。それと同じで、老いを過度に恐れることはありません。ただ、部品が古くなっていることは自覚しましょう”と。それを聞いてうれしくなり、最近はポンコツ自動車を自称しています」(笑)

●中村桂子(なかむら・けいこ)
昭和11年、東京生まれ。東京大学理学部化学科卒業。同大学院生物化学修了。理学博士。三菱化学生命科学研究所、早稲田大学教授、東京大学客員教授などを経て、平成14年よりJT生命誌研究館館長。細胞内の仕組みを研究する生命科学を、地球の歴史や生態系などに結び付けて考える「生命誌」を提唱。その確立に努めてきた。著書に『生命誌とは何か』(講談社学術文庫)など。

※この記事は『サライ』本誌2017年1月号より転載しました。肩書き等の情報は取材時のものです。(取材・文/鹿熊 勤 撮影/宮地 工)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【インタビュー】伊東四朗さん(喜劇役者)「舞台が自分のホームグラ…
  2. 【インタビュー】横山はる江さん(青森「はるえ食堂」店主)名物焼き…
  3. 【インタビュー】林家木久扇さん(落語家)「よく笑う人は、人生の達…
  4. 【インタビュー】小林稔侍さん(俳優)「高倉健さんとの出会いが、僕…
  5. 【インタビュー】藤戸竹喜さん(木彫家)|木彫りの熊でアイヌ文化を…
PAGE TOP