新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

竹職人の耳かきセット|当たりが柔らかで心地よい耳かきの逸品

特製の竹の筒に2本セット。

特製の竹の筒に2本セット。

囲炉裏やかまどの煙で長い時間をかけて燻いぶされた竹を「煤竹」と呼ぶ。普通の竹に比べてしなりがあり、丈夫で折れにくく、古来、茶道具にも用いられてきた。昔ながらの製法で作った煤竹の煤が多く付いた部分のみを吟味、職人が一本一本削り出した耳かきの逸品。

ことに、先端の受け皿の微妙な湾曲は、職人の腕の見せ所だ。耳をかくと、当たりが柔らかで実に心地よい。煤竹の耳かきは、使うほどに手に馴染み、持ち主だけの道具に育っていく。

煤竹の自然の形を残しながら丁寧に削り出してあるので、持ちやすさと、極上の心地よさを体感できる。

煤竹の自然の形を残しながら丁寧に削り出してあるので、持ちやすさと、極上の心地よさを体感できる。

商品名/竹職人の本煤竹耳かきセット
メーカー名/奈良高山 豊竹(日本)
価 格(消費税8%込み)/4,860円

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき
  2. プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け
  3. リネン使いの中折れハット|亜麻の感触が心地よいざっくり編みの涼し…
  4. 手のひらサイズのミニウォレット|小さなサイズに機能を凝縮した街歩…
  5. 総桐のスリム米びつ|最適な湿度で米を保管、省スペースで置きやすい…
PAGE TOP