新着記事

アルプスの古都「インスブルック」夏に長期滞在したくなる理由とは?

文/印南敦史もうすぐ、ジメジメとした日本の暑い夏がやってくる。最高気温が更新されるた…

認知症の早期発見に有効!脳ドックの画像検査でわかること【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや検診と言えば、胃がんや大腸がん検診、肺がん検診が代表的ですが、…

巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映

文/編集部黒澤明、溝口健二とならぶ、世界に誇る日本映画の巨匠・小津安二郎(おづ・やす…

愛宕街道・古道に佇む「平野屋」で京都の“旬”を味わう【京都、初夏の新緑散歩】

取材・文/末原美裕「お伊勢七たび、熊野へ三たび、愛宕さんへは月詣り」江戸時代…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」郷土色溢れるお雑煮は、伝えていきたい究極の和食(コウケンテツの料理コラム 最終回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

【閲覧注意】カレー好きもカレー嫌いになるイヤな妄想画像10コ【イシグロ妄想研究所 vol.4】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)「カレーはどうもニガテで食べられない……」とい…

知られざる履きやすい下駄!東京浅草・高久の八ツ割下駄【メイドインニッポン紀行】

取材・文/編集部東京・浅草は新仲見世通りに店を構える高久は、創業80年の江戸小物・雑…

ヘルニア患者の長引く腰痛、原因は「トリガーポイント」だった【川口陽海の腰痛事件簿 第1回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【名門校の青春食堂 第6回】早稲田中学校高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

文/中村康宏「お金」と「健康」といえば、サライ世代の多くの人が気にかけている問題では…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

竹職人の耳かきセット|当たりが柔らかで心地よい耳かきの逸品

特製の竹の筒に2本セット。

特製の竹の筒に2本セット。

囲炉裏やかまどの煙で長い時間をかけて燻いぶされた竹を「煤竹」と呼ぶ。普通の竹に比べてしなりがあり、丈夫で折れにくく、古来、茶道具にも用いられてきた。昔ながらの製法で作った煤竹の煤が多く付いた部分のみを吟味、職人が一本一本削り出した耳かきの逸品。

ことに、先端の受け皿の微妙な湾曲は、職人の腕の見せ所だ。耳をかくと、当たりが柔らかで実に心地よい。煤竹の耳かきは、使うほどに手に馴染み、持ち主だけの道具に育っていく。

煤竹の自然の形を残しながら丁寧に削り出してあるので、持ちやすさと、極上の心地よさを体感できる。

煤竹の自然の形を残しながら丁寧に削り出してあるので、持ちやすさと、極上の心地よさを体感できる。

商品名/竹職人の本煤竹耳かきセット
メーカー名/奈良高山 豊竹(日本)
価 格(消費税8%込み)/4,860円

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. あの陸王を地で行く“足袋型歩行靴“ラフィート【メイドインニッポン…
  2. 木目込みの鈴が目出度い「桐のパンケース」【メイドインニッポン紀行…
  3. 織りと洗いの奇跡が生んだ市松デニムのバッグ【メイドインニッポン紀…
  4. 左からグレー、ブラック ウール混のニットをハンチングに仕上げた。 ウールニット・ハンチング|暖かなニット仕立ての定番ハンチング
  5. 付属のちろりも能作による錫製。熱伝導率がよく素早く燗がつけられる。 卓上で気軽に日本酒を燗付けできる錫の酒器『ミニかんすけ・匠』
PAGE TOP