新着記事

JAZZ遺言状 寺島靖国氏が語るジャズ7箇条|『JAZZ遺言状』 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルールとは? 隣り合っていながら絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 静岡vs山梨、千葉vs埼玉|絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【食いしん坊の作法 第13回】 快適に過ごせる靴との出会い 実践!正しい靴の履き方講座【快適に過ごせる靴との出会い vol.1】 家の中の危険をチェック! ほとんどの事故は家庭内で起きている 家の中の危険をチェック!高齢者事故の8割は家庭内で起きている サライ世代に聞いた「読み直したい古典」ランキング パワハラ上司、クラッシャー上司のトリセツ 【ビジネスの極意】パワハラ上司、クラッシャー上司のトリセツ 知っておきたい賢い支出の見直し方 生命保険料、NHKの受信料|賢い支出の見直し方 新幹線大爆破 世界に誇れるパニック映画 『新幹線大爆破』【面白すぎる日本映画 第24回】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

愛するマッカランを個人輸入していた白洲次郎【ウイスキーよもやま話11】

文/矢島裕紀彦

吉田茂の懐刀ともいわれた白洲次郎は、ことウイスキーに関しては、吉田をしのぐものがあった。

ケンブリッジ大に学んで現地の上流階級の子弟と親しく交流した白洲は、帰国後、友人のアンクル・ロビン(ストラットフォード伯爵)から、樽でウイスキーを送ってもらっていた。イギリスの貴族の中には、造り酒屋から貯蔵前のウイスキーを樽で買いつけ、自身の屋敷内の蔵で何十年も寝かして熟成させ、頃合いを見計らって飲む者も少なくなかったらしい。

市販のウイスキーでは、白洲は英国のマッカランを好んだ。これは、リリー・フランキーさんに聞いた話だが、あるバーに、古い時代のマッカランのボトルがあって、その裏側には「輸入者 白洲次郎」とあり個人宅の住所が記されていたという。まだ、正規の輸入代理店がなかったころ、個人で輸入して飲んでいたことの証左だろう。

お気に入りのうまいウイスキーを飲むために、そこまでしてしまう白洲次郎。やはり、並みの人物ではないのである。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

※本記事は「まいにちサライ」2014年11月15日配信分を転載したものです。

【お知らせ】
『サライ』2017年12月号は「ウイスキー」の大特集です。「そもウイスキーとは」のおさらいはもちろん、全国の蒸溜所を巡る旅企画、日本屈指のバーテンダーによる「家飲みの極意」伝授も見逃せません。

※くわしくは上の表紙画像をクリック!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ちばてつや氏の名作漫画「のたり松太郎」ラベルの特別なウイスキー
  2. 吉田茂から田中角栄に引き継がれたオールドパー【ウイスキーよもやま…
  3. 夏目漱石が模造ウイスキーの話を聞いて呟いたこと【ウイスキーよもや…
  4. 国産ウイスキーづくりに挑んだ竹鶴と鳥井の功績【ウイスキーよもやま…
  5. サルトルが「ダルマ」のボトルを愛しすぎて失敗したこと【ウイスキー…
PAGE TOP