新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライプレミアム倶楽部

六本木「ジムビームヒルズバー」で”特別なハイボール”を味わう

取材・文/編集部

北風が吹くなか、六本木ヒルズを歩いていたら、ホットな看板を発見。「好き、この香り」。何だろうと思ったら、看板の隣に賑やかなお店が。

こちらは、六本木ヒルズ内のヒルズカフェ/スペースで開催されている、世界ナンバーワン・バーボン『ジムビーム』の『ジムビームヒルズバー』でした。“この香り”を確かめに、即、入店。

さっそく、「ここでしか飲めない!」という文字に惹かれて「チルドビームハイボール」(400円)を注文。運ばれてきたロングのグラスからは、泡と共に甘い香りが。専用チルド抽出機つくられ、ジムビームの切れ味がより感じられるようキンキンに冷えています。

併せて注文した「フレンチフライドポテト ケイジャンスパイス風味」(400円)との相性も抜群で、あっという間に飲み干してしまいました。お代わり!

定番の「ビームハイボール」(400円)はオリジナルグラスで提供されます。写真のように、グラスはジムビームの切れ味と香りを存分に楽しめる独自の形状となっています。鼻を近づけるとふわりと甘い香りが漂い、口にするとすっきりと飲めるのに香りの余韻が残って印象深い味わいです。これまた進んでしまいます。お代わり!

店内は、アメリカ・ケンタッキー州の雰囲気を感じられる空間となっています。蒸溜所の白木をイメージするデザインで、壁に映し出される風景写真では緑が風で揺れるなど、現地の疑似体験をしながら、バーボンに合う料理と共にジムビームを楽しめるのです。

ジムビームはほかに、「ジムビーム ダブルオーク」(500円)、「ジムビーム デビルズカット」(500円)、「ジムビームアップル」(400円)がハイボールやロックで楽しめます。

料理も、おつまみの「トルティーヤチップス」(300円)から本格的な「サーロインステーキ グレービーソース」(1700円)まで種類は豊富で、チョイ飲みからしっかり夕食まで、一人でもグループでも幅広く利用できますね。

お品書きをよく見ると、面白そうなメニューを発見しました。「ジムビーム クラシックアメリカンスタイル with ソフトクリーム」(400円)。ソフトクリームにジムビームをかけて食べるのだとか。興味津々で注文してみました。運ばれてきたのはカップに入ったソフトクリームと、ジムビームが入った小さな瓶。

おそるおそるソフトクリームの上からジムビームをかけて、口にしてみました。

ん? これはいけるかも! ジムビームをさらに注いで軽く混ぜ、食べていくと、甘い香りが増幅し、味わいも濃厚に。これはまさに”大人のスイーツ”。香りのマリアージュで、寒くてもぺろりと平らげてしまいました。

このジムビーム クラシックアメリカンスタイルには、ほかに甘くない透明な「オリジナルコーラハイボール」(500円)、心も体も温まる「In ホットチョコレート」(500円)があります。

店を出る頃には体が温まり、外に出ても寒さをあまり感じないほどでした。会期中に何度も足を運んで、いろいろと試してみたくなりますね。

『ジムビームヒルズバー』は2017年12月3日(日)までの開催となっている。ぜひ急がれたし。

【JIM BEAM HILLS BAR(ジムビームヒルズバー)】
■期間/開催中~2017年12月3日(日)まで
■営業時間/11時~23時 ※ラストオーダーは、フード22時、ドリンク22時30分
■場所/六本木ヒルズ ヒルズカフェ/スペース
http://whiskyhills.jp/campaign.html

6年以上の樽熟成を経たプレミアムバーボン『ジムビーム ブラック』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP