新着記事

専門家と歩く江戸城特別ツアー、江戸時代の幻の菓子に参加者驚く!

家康が作った江戸城をCGで完全再現したサライ・ムック『サライの江戸 江戸城と大奥』の発売にあ…

ほとんどの日本人が知らない「老眼」最新治療トレーニング

文/鈴木拓也多くの人が40~50代にかけて老眼にかかる。そして、大半の人は「年だから…

シチリア料理の定番中の定番!本格「イワシのパスタ」の作り方

取材・文/わたなべあやイタリア南部、地中海に囲まれたシチリア島。オリーブオイルやワイ…

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

いますぐチェック!忍び寄る魔の「歯周病」自己チェック9項目

口内環境が健康寿命を左右する、ということをご存じだろうか。口は、食べ物の入口であるが、病気の入口にもなりうる。全身の健康をも左右する「歯周病」の原因と予防法を知り、健康維持のために日常生活を見直したい。

かつて歯槽膿漏と呼ばれていたせいか、歯周病は高齢者特有の病気と捉える人がいる。しかし、歯周病は10代にも見られ、加齢とともに増加の一途をたどる。50代後半ともなると罹患者は5割近くになり、日本人の約7割が罹っているとする統計もある。

80歳になっても自分の歯を20本保とうという運動をする8020推進財団の調査によると、日本人が歯を失う原因の第一が歯周病だ。軽度の症状は、歯ぐき(歯肉)が腫れたり、歯を磨くと血が出たりする程度だが、重度になると歯がぐらぐらして、やがて抜け落ちる。

歯科医師の野本秀材さんは、抜けるまで放置される要因として早期発見の難しさを挙げる。

「虫歯と違い、歯周病には痛みがありません。ゆるやかに進行する“静かなる病気”で、歯が揺れてきたと気づくころには、土台の骨は相当溶けてしまっているのです」

歯周病の原因となるのは、数種類の歯周病菌だ。

「口の中には約400種類の常在菌がいて、その中に歯周病菌がいます。歯を磨かないと、歯の表面に歯周病菌が付着、瞬く間に増殖。プラーク(菌の塊)となって歯ぐきとの境目や歯周ポケット(歯と歯ぐきの溝)の中に落ちていく。歯ブラシの毛先が届きにくくなり磨けず、炎症を起こして歯周病になるのです」

虫歯は、菌の毒素や酸によって歯が溶けるもの。一方、歯周病は、菌が歯や骨を溶かすのではない。歯周病菌を排除しようとする体の免疫反応が高まり、結果的に自分の組織を壊す。初期のうちに原因となるプラークやバイオフィルム(菌の膜)を取り除けば、歯周ポケットもなくなり、改善される。

*  *  *

さらに歯周病は、全身の健康にも深く関わっていることが明らかになっている(図参照)。

その他、胃腸障害や肩凝り、妊婦は早産や低体重児出産など、歯周病は全身の病気の引き金となる。図は野本秀材さん監修。

「歯周病は“糖尿病の合併症”のひとつともいわれます。糖尿病になると、免疫細胞の働きが低下して感染症に罹りやすくなるためです。また、歯周病の人は糖尿病を悪化させやすい」

さらに、心疾患や脳疾患など、循環器系の病気との関連もある。

「それは、口の中にいる歯周病菌が全身を巡るためです。たとえば、歯周病の人が歯磨きをすると歯ぐきから血が出ることがあります。歯周病菌が血流にのって心臓まで行くと、心臓の内膜にプラークとして付着する。それが心内膜炎です。また、誤嚥性肺炎のリスクも高まります。高齢になると、誤嚥をしやすくなるものですが、そこに歯周病菌がいなければ、たとえ肺炎になっても死亡するリスクは少ないといわれています」

野本さんはさらに、健康上の問題がない状態で日常生活を送れる「健康寿命」と口の健康との密接な関係を指摘する。

「健康であることの大前提は、栄養を口から摂れるということ。口の機能がきちんとしていないと、食べることができません。たとえ病気になって入院しても、口から食べられるかどうかで、回復力が違ってきます。近年、健康寿命が注目されています。歯周病のリスクを減らせば、他の生活習慣病の予防にもつながるでしょう」

さあ、さっそく下の【歯周病チェックシート】で、セルフチェックしてみよう。

 ●歯周病チェックシート

□ 歯ぐきに赤く腫れた部分がある

□ 口臭がなんとなく気になる。

□ 歯ぐきがやせてきたみたいだ。

□ 歯と歯の間にものがつまりやすい。

□ 歯を磨いた後、歯ブラシに血がついたり、すすいだ水に血が混じることがある。

□ 歯と歯の間の歯ぐきが鋭角的な三角形ではなく、うっ血していてブヨブヨしている。

□ ときどき歯が浮いたような感じがする。

□ 指でさわってみて、少しグラつく歯がある。

□ 歯ぐきから膿が出たことがある。

以上、いかがだろうか。判定基準は下記のとおり。

●[チェックが1~2個]の方は、歯周病の可能性があります。歯磨きの仕方を見直し、歯科医院で診てもらいましょう。

●[チェックが3~5個]の方は、初期あるいは中等度歯周炎以上に歯周病が進行しているおそれがあります。早めに歯科医師に相談しましょう。

次回は「歯周病を防ぐ5つの習慣」をご紹介する。ぜひあわせてお読みいただきたい。

【今回の案内人】野本秀材さん サクラパーク野本歯科院長。昭和31年、東京生まれ。日本口腔インプラント学会専門医。歯と口腔全体をひとつの器官として捉え、統括的な診療活動に努める。予防歯科学分野にも造詣が深い。

※この記事は『サライ』本誌2016年11月号の「大人の歯磨き基本のき」より転載しました。記事内の肩書き等は取材時のものです(取材・文/大津恭子)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 認知症と歯周病との意外な関連性が明らかに【名医に聞く健康の秘訣】…
  2. 虫歯がない自慢の人ほど危険!歯周病を防ぐ5つの習慣とは
PAGE TOP